FC2ブログ

 

プロフィール

荒磯 又右衛門

管理人:荒磯 又右衛門
堅釣クラブ会員です。
ブログを通じて、のび太さんを応援します。

最近の記事+コメント

カテゴリー

来場者数

好調維持で~す! 

2009/01/19 14:38 [月]
category: 連絡事項

 17日に本年初の支所へ釣行してきました。
 メンバーは、善平先輩、遊び人、癒着マンでした。2日前の予約では、貸切との事だったので支所船で曝釣祈願をする予定であった。
 しかし、駐車場は満杯で、また、見覚えのある車が止まっており嫌な予感がした。支所船では船底から津波のようなイビキが聞こえていたが無視し、4人で宴会を始め誰と何処に渡礁するか!!・・の攻防があったが、どうも泊まりが居るみたいで相方だけ決まった。
 ビールから酒、焼酎へとボルテージが上がった頃、船底から顔を出したのは、予想通り清水に単身赴任の替え玉マンでした。べべを垂れて水を流すスイッチが解らず、善平さんに「こじゃんと」おごられながら、仲良く船底で眠りに入ったようで、その後の記憶はとんでおり、目が覚めたのは弘瀬に着くころでした。
 お客は、泊まりを入れて20人位で、東のハナから降ろしはじめたので、船頭へ新年の挨拶をかねて「スクモバエ」を希望するとOKの返事。黒ハエに替え玉マンの3人組みを降ろし、スクモへ癒着マンと渡礁した。
 降りてみると、全体にノリが着いておりツルツルの状態で足場が確保できず、潮も激流のように流れており、即弁当船で磯替わりを決めた。
 弁当船までに、本流で癒着マンが1枚、私が本流までの引かれ潮で1枚ゲットし期待が持てたが、とにかく足場が滑り、安全第一で磯替りとした。弁当を配りながら釣果を聞くとどの磯も1~2枚とのこと。
 渡礁したのは、白岩の米ツブで癒着マンは白岩のハナレに渡礁したようだ。ここも潮は動いており、急いで弁当を食べ、仕掛けを直してスルスルで流していると道糸が走り、45cの口ブーをゲット。その後、同じポイントで連続で糸が走り釣れたのは、1mはあろうかのダスさまでした。

 この磯は、360度が釣れますので、ダスを避けるためあっちこっちに竿をだすとエガミ、テス、ヘタイが竿を曲げ、退屈しない程度に楽しめましたが、全てリリースしてクーラーには3枚のグレが残りました。
 新年から、ボーズなしの会長です。好調を維持しながら第2回大会に臨みたいと願っています。
 ちなみに、もう一組の方は、良形グレのみならずイセギの良形も揃え、鼻高々で、塩ケンピのお土産まで頂きました。クヤシイ~~ですが美味かった!!。

trackback -- |  comment (0) |  編集

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する