FC2ブログ

 

プロフィール

荒磯 又右衛門

管理人:荒磯 又右衛門
堅釣クラブ会員です。
ブログを通じて、のび太さんを応援します。

最近の記事+コメント

カテゴリー

来場者数

スポンサーサイト 

--/--/-- --:-- [--]
category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |  comment -- |  編集

撤収でした 

2011/11/20 18:23 [日]
category: 独り言

 ちょっとだけ、復活してみますか??・・ 
 週末の島は、釣具店の大会で支所船も貸切みたいで、天気予報も厳しいと思われたので、前日に単独釣行を予定。支所船はお客が居なく、リベンジで足摺へ・・・渡船は、個人的に安心できる岡野へ予約した。息子が三代目を継いでいるが、当日は二代目が操船し渡礁したのがクロハエの西でした。乗船名簿に見たくない名前があったが見なかったことにした。確か、高知市三○徹・・と書いていたような??
↓クロハエから見た朝日ですが、予想通りどんよりと曇って、今にも降りそうな予感が・・
H23,11,18(3)
↓仕掛人のポイント。沖側が良さそうだが波が心配で、西向きに竿をだした。釣れても足摺サイズだからハリス1.6号、ハリ6号、タナは2ヒロの完全フカセでスタートした。潮はゆっくりと西沖に流れ、磯際に撒き餌を集中させ、沖を流すとジワ~・・と沈み、竿を立てるとグーーンとのった。磯際でグイグイと気持ち抵抗したのが、25クラスの小長クンでした。お父さん・お母さんを呼んでくるよう海にお帰り願ったが、次に来たのも同レベルでした。
H23,11,18(4)
・・で・・時々強い引きで楽しませてくれたのが、こいつ・・と写真を取っていないが70クラスのダス君でした。
H23,11,18(1)
ゆっくりながら潮は動いており、波気もあるので期待がもてた。ウキの抵抗を受けないように飛ばしをフリーにした親子ウキに変えて流す。すると、当たりウキがゆっくり沈み・・しゃくるとグーーンと乗って、磯際での抵抗も竿で溜めると浮いてきたのが、35クラスの口ブー君でした。同クラスを3枚ゲットした頃に弁当船がきて、三代目が、昼から雨・波が心配なので早めに納竿になるかも・・・とのことで、ビールなしの昼食となりました。
H23,11,18(5)
↓岡野の弁当です。ペットボトル小のお茶付きで600円です。磯で食べる弁当は美味い!!
 弁当もそこそこに再開すると、やっぱりパラパラ・・ビュービュー・・・が始まりました。それでも風の影響は少なく道糸でのやり取りができたので、ポイントがずれることが無く、同サイズの口ブーを8枚数えることができた。
H23,11,18(2)
時計を見ると12時で、雨が激しくなって気持ちが切れかかってきたとき一緒に上がった底物師が見にきたので聞くと、諦めて船を待っているとのこと。・・・即、急いで道具を仕舞い・・終了・・・
 船から見た足摺灯台ですが、この光景は数年前に見た光景です。まさか??・・・こんなになっていたとは・・
 サイズは不満ですが、前回のリベンジを果たしたので納得の仕掛人です。
H23,11,18(7)
trackback -- |  comment (1) |  編集

この記事に対するコメント

かーさん


お久しぶりです。諸般の事情により、釣りというものから遠ざかっておりましたが、12月の大会で電撃復帰をもくろんでおりまして・・・その準備に取り掛かっております。
(準備その1)11月12日に実に4ケ月に宇佐の船釣りを敢行しました。この日は予想外のうねりがあり、沖は厳しかったので、漁協前でアジ、イワシを釣ろうとしたのですが、全く音信なし。やむを得ず、高地沖へ。ここでも音信なく、もうやめようとした時、突然のヒット。手のひら大のカイワリが・・・結局14枚釣ったところで撤収しました。撤収の理由は同行の親子うき名人がゲロゲロと・・・この日は久しぶりということもあり、いつもは乗船前に飲む酔い止め薬を忘れていってしまったことが原因なのですが、寄る年波にも負けず、三半規管は正常ということがわかったことでした。
(準備その2)余りに無様な準備でしたので、このままでは沖の島には行けないということになり、急遽、第2弾の準備釣行を実施しました。前回の反省から、場所と天候を念入りにチェックし・・・トラ!トラ!トラ!11月17日、場所は布のユスバエ。いつも通り、四万十市のすき家で必勝朝食をとり、6時半過ぎに渡磯。船頭から東の波に弱いから十分気をつけるようにと注意を受け、7時釣り開始。そうしているうちに、親子うき名人が30センチ級のグレ、25センチ級のシマアジを連発。助言を受け、棚を浅くして流していくと、ヒット!30センチ級のグレ2枚と27センチのシマアジを釣り、いい感じ・・・となった時です。突然、足元を波が洗い、目の前を親子うき名人のバッカンが・・・昨年も同じような光景を見たなあ、なんて感傷に浸っている間に、みるみる沖に流されていき回収不能に。どうも、布では、この種のトラブルが多いような…。その後、弁当船でマメグロ3番に磯変わり。ここでは、カワハギ、ボラ、アイゴ、サンノジと次々と竿が曲がり、取り込みの訓練終了。
以上、12月の復帰戦に向けての準備状況をご報告します。

【2011/11/21】
URL | かーさん #- [ 編集 ]

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。