FC2ブログ

 

プロフィール

荒磯 又右衛門

管理人:荒磯 又右衛門
堅釣クラブ会員です。
ブログを通じて、のび太さんを応援します。

最近の記事+コメント

カテゴリー

来場者数

タマメのタタリ 

2011/09/24 19:43 [土]
category: 独り言

 久しぶりの島釣行でした。メンバーは、善平さん、遊び人さん、二代目さんのOB先輩達でした。先輩達はいつもの焼肉店、仕掛人は別行動(前日の人間ドックの胃カメラのため)
 総勢8人で出港。支所船は、姫廻りで善平・遊び人ペアーは姫2番を希望。二代目・仕掛人ペアーは、白岩岬のハナを希望。
 ・・・ところがだ・・島は北の風13mとのこと。善平ペアーは、風裏の千畳に渡礁したが、しつこい仕掛人は、岬のハナが諦めず、支所船は白岩へ・・・岬のハナはまともに風を受けており、船頭さんの「風が凪ぐのを期待して上がる?」・・の言葉に即パス・・で渡礁したのが二代目さん推薦のタツバエの横にある高場でした。
H23,9,23(1)
 二代目さんが渡礁したのがタツバエで、渡礁するやいなや、準備をする二代目さんです。入れ込みが違う二代目さんですが、仕掛人が準備もせず爆釣祈願をしていると、大風の中フカセをしていました。
H23,9,23(2)
 タツバエから見た宮ノ下ですが、今回は宮ノ下の部長室には、愛媛の御仁が渡礁しました。
H23,9,23(5)
 毎度の夕日ですが、この頃になると風も凪いできており、潮さえ動けば!!の期待をしつつ夜釣りのスタートです。
 ここは、前回二代目さんがタマメを爆釣した磯です。右投げができず左投げで遠投。・・潮はゆっくりとヒナダン向きに流れており、数投目のウキ入れで第1号は、サバでした。30クラスでお帰り願い、しばしお祓いタイム。しばらくして、綺麗なウキ入れで手元までくる当り。タマメを確信し強引に寄せ浮かす寸前に痛恨のバラシ。針がのびていました。その後連続でタマメらしき当たりがあったが、針ハズレ等で正体は確認できず。
 その後、潮が止ってしまい本命を見たのが10時過ぎでした。途中で1時間余り仮眠をとったのみで、竿を振り続け、朝の3時頃からパラパラと釣れだし、最終的には5枚で終了となりました。他は朝マズでキープしたサバ少々でした。
H23,9,23(4)
・・で、二代目さんは??・・と言うと7時過ぎには第1号をゲット。すぐ隣のためタナを聞くと竿3本とのこと。ほとんど寝ずに竿を出していたようで、時々見ていると何かを釣っている??ヘッドライトに照らされるのは赤い悪魔・・その後必ず「パーン」と響いた音が聞こえてきます。しばらくすると仕掛人の足元に数枚の赤い悪魔が漂っていました。
 朝、迎えの船で聞くと、本命は7枚とタマメ1枚・その他色々でクーラーの重いこと。善平・遊び人さんも本命やタマメを釣っており満足の様子でした。
 以上で報告としたいですが、・・・続きがございます。港に帰って荷物を降ろしていると、管理人さんが二代目さんが、ギックリをやったみたい??・・とのこと。
 訳を聞くと、タマメを抜き上げた時に電気が走り、その後じわじわと痛くなったとのこと。
 そこで、善平さんが発した言葉が「タマメのタタリじゃあ~!!」・・・おそまつでした。
trackback -- |  comment (4) |  編集

この記事に対するコメント

善平


2か月ぶりは、キツイ!

久しぶりの夜釣りで、気合が入っていました。
遊び人さんに、「どこへ上がる?」と聞くと、「どこでもかまんが、足場の良いところ、任す」との注文がありました。
イセギもいいが、モンツキを釣りたいとの思いが強かったので、船頭さんに「姫の2番」をお願いして、一路姫島へ。

着いてみると、かなりの風で、仕方なく風裏の「千畳」への磯上りとなりました。

遊び人さんは、早速フカセでオヤビッチャを手がいながら、30センチ未満のグレを調子よく釣りあげて、すべて頂きました。ありがとう。

風は収まる気配がありませんが、暗くなってきたのでサオ3本でスタートすると、いきなり本命のイセギをゲットしました。これはいけそうだと確信を持って投げていると、ウキがスパット消し込まれ強い引きが伝わってきましたので、タマメを確信して引き合いをしていると、突然軽くなり、上げてみると「針はずれ」でした。

気を取り直してやっていると、またの強い当たりがあり、今度も途中で軽くなり上げてみると「針が伸びて」いました。

悔しさに打ちひしがれながら、粘り強くやっていると、またまた強い引きがあり、今度こそはと慎重にやっていると、また軽くなり、今度は「針が折れて」いました。

それからは、タマメの当たりは無くなり、イセギがボツボツと釣れて全部で8枚でした。遊び人さんは、9枚でしたがダブルが1回あったので差が付きました。

とにかく寒く、防寒対策が必要な季節になってきました。
久しぶりに、千畳の上と下を行きまわったため、帰ってきた晩は、太ももとふくらはぎの両方が吊って、痛くて、のた打ち回りました。

体力の限界を感じながらも、夜釣りの喜びに勝るものはなく、安全、安心を心がけながら、10月8日と15日に挑戦しようと、準備に余念がありません。

【2011/09/26】
URL | 善平 #- [ 編集 ]

二代目


 今年は、本当にタマメが多いようです。九月2回だけで何を言う、と叱られそうですが、50cm前後を5、2匹で、イサキが2、7枚ですので、タマメ当たり年ではないでしょうか。
 ところで、今回、11時ころに強烈なアタリ、竿を左に強烈にあおったところ、左腰にグリッという鈍痛、やばいかなと思うと時間とともに激痛が走り、しかも横になると痛みがひどいので、ほとんど寝も出来ず。(こらえつつしっかりその後も竿振り継続。やや小ぶりのタマメ、イサキ等をゲット。クーラー割りに重し。)
 帰りに磯際にクーラーなど荷物を寄せる時期には、痛みで冷や汗が出る始末。その後、帰宅するまで、仕掛人さん、遊び人さんには、車への荷物の積み込みなど、大変ご迷惑をおかけしました。どうもありがとうございました。
 帰宅して、トランクから荷物を降ろすときのつらかったこと、善平あにさんのいう「タマメのたたり」かもしれません。
 ただ、二日経ち、割合楽になりました。もう1日様子を見て、念のため医者に行くかもしれませんが、仕掛人さん、今週末、多分大丈夫ですよ。足場の良い磯を優先したいですが、釣行自体には、ほぼ支障なし、と踏んでいます。なんとか三人確保したいですね。お城下の重要会議中の皆さんには、お耳汚しになり、ご無礼を仕りました。

【2011/09/26】
URL | 二代目 #- [ 編集 ]

山猿


3人目、OKですよ。ただし、波浪注意報は御免願います。

【2011/09/26】
URL | 山猿 #- [ 編集 ]

仕掛人


 両先輩、さっそくのコメントありがとうございます。反応があれば書きがいもあるもんです。
 本命は、私がびりっけつのようですね。ちょっとだけ悔しいですが、先輩達をたてたことにしておきます。

 ところでもう一人の先輩のコメントがありませんが??・・別に強制する気持ちは更々ありません。
 なけりゃあ~・・善平先輩から届いた遊び人さんのフカセの実況中継でも書くことにしようか!!

【2011/09/26】
URL | 仕掛人 #- [ 編集 ]

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する