FC2ブログ

 

プロフィール

荒磯 又右衛門

管理人:荒磯 又右衛門
堅釣クラブ会員です。
ブログを通じて、のび太さんを応援します。

最近の記事+コメント

カテゴリー

来場者数

島で本当にあった話 

2011/07/04 11:49 [月]
category: 独り言

 2日にヒトツバエで本当にあった笑える話。今回の主人公はハンドルネーム「A]さんです。
 この方の武勇伝は数知れず、ほとんどが「オチタ」・・「オレタ」・・に統一されるようです。今回もあったようです。・・・本人が白状していますのでブログに載せない手はありませんよね!!

 その1
 ヒトツバエに上がったAさんは、山猿さんが釣ったサバを料理中に自分の手をグサリ・・どうもばい菌が入ったようで朝になっても指が腫れあがり、指が曲がらないとのこと。・・・それよりも食べた3人の方が心配です。

 その2
 Aさんの竿は、必ず修理が必要となります。今回の竿は、初卸しから2回目で#1をポキリとして、木曜日に修理が済んだばかり、今回で3回目となりますが、またまたポキリとやっちまったようです。おまけにガイドまでロストとのこと。

 その3
 帰りの船上でのこと。釣果を聞くと「3枚じゃが・・2枚」・・・??訳は話したくないような素振り、「何かある」好奇心の旺盛な仕掛人が誘導尋問をすると白状しました。
 朝マズに3枚目のイセギをゲットしたが、ヒトツバエのタマリ(上がった方は解るが、アミの汚水でオエー)に落ちてしまった。傍にあった山猿さんの掬い玉で掬ったが、それを見ていた山猿さんから洗うようにとの指示。

 ついでにイセギもと思ったAさんは、そのまま海に入れてジャブ・ジャブと・・すると最後の力を振り絞ったイセギ??がジャンプ!!・・・・想像どおり、九死に一生のイセギは海に帰ったとのことでした。
trackback -- |  comment (2) |  編集

この記事に対するコメント

遊び人


 一部歪曲があるのでまず訂正します。
 「イサキがジャンプして逃げた。」は嘘です。
 イサキは汚水に飛び込んだ途端、猛毒により即死していました。この為、「死体」のまま暫く流れていて、何とか救おうとしましたが波で浮いたまま流れていきました。

 次に追加です。腫れた指は帰って午後病院に行き、治療を受け、抗生物質を貰いましたが、翌日になっても晴れが引かず、ますます酷くなりました。
 通院したところ医師から「時間が有るか?」と聞かれ「ある!」と返事するっとベッドに寝かされ点滴治療と相成りました。

 それでは問題です!釣行における僕の「不幸」の全てに関係してるのは一体誰でしょう?
 皆さん!自分のことを大切に思っているなら、誘われても決して誘惑にはのらないように!

【2011/07/04】
URL | 遊び人 #- [ 編集 ]

仕掛人


 せっかく恥をかかないようにとの配慮で記述したのに・・・
 イセギが生きておったら万が一で逃げることも想定できたのに、死んで浮いておれば、何を洗いよった??それで掬えんかったとなれば・・・まっこと・・ほんまに・・・

 問題の答えは難しいですね??ヒトツバエのメンバーも関係していますし、ウーン・・・私の場合は全て前向きにとらえハッピーだと思っていますから。
 多分、「あいつは病気じゃき、何を言っても無駄」と思われている幸せな仕掛人ですき~!!

 ・・・・で今週末はどうしますか??産卵も近いき・・美味いイセギはこの時季ですよ!!

【2011/07/05】
URL | 仕掛人 #- [ 編集 ]

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する