FC2ブログ

 

プロフィール

荒磯 又右衛門

管理人:荒磯 又右衛門
堅釣クラブ会員です。
ブログを通じて、のび太さんを応援します。

最近の記事+コメント

カテゴリー

来場者数

何と!! 

2011/04/11 19:39 [月]
category: 独り言


 渡礁した船付きは、北西が強く年寄りには少し厳しいようでしたが、何とか竿を出すことはできました。隣のコバエにも上がっていましたが、弁当船で磯替わりしたようです。
 船付きに仕掛人が、一段下に風を避けて山猿さんが入りましたが、結構サラシもあり潮はゆっくりと沖に出ているようでした。私が準備中に既にセットしていた山猿さんは第1投目・・で痛恨のバラシ!!
 仕掛けは、ハリス2.5号でタナは2ヒロちょっとでスタート。Bのウキがゆっくりと沖に流れ、サラシでもまれ道糸を張り気味にすると綺麗なウキ入れでグー・・と竿に乗って第1号は、嬉しいイセギでした。
 同じように流すと、ゆっくりと沈み竿先に当りが出て、本命の口ブトをゲットすることができた。
H23,4,10(1)
 痛恨のバラシ後、タナを合わせて右のサラシに乗せて流していた山猿さんも本命の口ブトをゲット。それも良形を含め3枚をゲットしていた。今回の大会は、3匹の重量で順位が決定するもので、山猿さんは権利を確保してしまった。
 仕掛人も、必死こいて何とか弁当船までに3枚キープし、権利を確保し後は、サイズアップを目指して、竿を振り続けましたが、山猿さんが1枚追加したのみで、後半戦は風も更に強くなり早めの納竿としました。
 弁当船情報では、釣れて1~2枚位とのことで、ひょっとして賞に入れば・・賞金の2文字が脳裏をよぎり、山猿さんに託しました。
H23,4,10(2)
 回収後、母島港で険寸です。3隻で90人余りの大会でした。2隻は険寸済みで支所船が最後でしたが、淡い期待をもって仕掛人も険寸に出しました。
H23,4,10(3)
 結果発表が主催者からありました。優勝は、賞金10万円でした。次に2位の発表賞金5万円でした。最後に第3位の発表となりました。「支所船の山猿さん」・・何と・何と第3位に入賞・・・それよりも賞金が気になって
3万円じゃあ~りませんか。山猿さんおめでとうございますパチパチ
H23,4,10(4)
 その後、賞品が当たるクジ引きが行われました。支所船の船頭さんもお手伝いで頑張っていましたよ。
 ・・と言う仕掛人も最後の方で、がまかつのシール(いらん!!)とぶら下げる手拭が当り、船頭さんから贈呈を受けました。
 最後に、賞金は???・・・山猿さんのご好意で、裸に上げてもらった船頭さんに感謝をこめて3人で山分けしました。
H23,4,10(5)
 今回の大会は、色々ありすぎて気分的にまいってしまいましたが、山猿さんの3位入賞で管理人さんにも喜んでもらい一安心しました。後は、支所船の大会です。現在8人位が申し込んでいますが多くの会員が参加し、盛り上げてくれることを期待して、報告とします。(山猿さん・・夜釣りのヘッドライトを買いますよ~)
trackback -- |  comment (0) |  編集

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する