FC2ブログ

 

プロフィール

荒磯 又右衛門

管理人:荒磯 又右衛門
堅釣クラブ会員です。
ブログを通じて、のび太さんを応援します。

最近の記事+コメント

カテゴリー

来場者数

大会報告 

2011/02/06 17:47 [日]
category: 大会

 5日は、最後の大会でした。年間優勝を目指して僅差の勝負が繰広げられましたが、結果は??ほんまに僅差で決まったようですが、正確な情報は、事務局からの報告をお楽しみに。
 前日、久しぶりにカーさんと一緒に5963号で支所船まで。既に6人のメンバーが揃っておるとのことで、仮眠室で爆釣祈願をし
 朝、受付後クジを引くと、「1番」では、あ~りませんか!!。普通は、ラッキーですが白岩廻りでは、最初にダバノ下から上げるので、弁当船で替わろう・・とちょっと弱腰の仕掛人。と言うのは9時過ぎから北西がビューつく予想であったため(事実大風となってしまった)

 ところが、支所船はダバノ下を通り過ぎ、弘瀬へ??・・ラッキーなことに泊りが居ました。泊りをバラス浜へ降ろしたので船頭さんへ「わし、1番じゃき!!」とご挨拶。決して○○へ行きたいとは言っておりませんから!

・・・で、渡礁したのがここ・・そうなんです、この前7枚をゲットした、宮ノ下の部長室でした。弁当船までが勝負で、いつものは、我慢して準備を済まして第1投とあいなりました。
H23,2,5(1)
 朝の内は、風も弱く親子ウキで、ハリス2号、ハリ6号、2ヒロ半のタナでスタートした。撒き餌をして、足元の磯際でウキを止めていると、当りウキがゆっくりと見えなくなるまで待って、掛けるとグ~ンとのり、小ぶりながらの第1号をゲット。
 隣の、のび太に見せて釣りつづけたが、少しずつ風が強くなって餌も落ちなくなったので、棚を、竿1本にし、ウキを沈ませながら流すと、竿先に当たりが出て、第2号の口ブーをゲットすることができた。

 隣に渡礁したのび太です。宮ノ下には2人と思っていましたら、もう1人いました。遠くに居るのは、カメノテ王先輩です。カメノテ王さんは3枚ゲットしたとのことです。多分、周辺の磯に付いているカメノテは、全滅だったと思います。
H23,2,5(3)
 弁当船後は、予想通りの大風となり、全く餌も落ちずになってしまいました。何とか後1枚と思いながら頑張ってはみましたが、ついに心も折れてしまい、2時頃には終了となってしまいました。
 前の小島ですが、1人弁当船で替わってきていましたが、竿を出せる状況ではなくなってきました。
H23,2,5(4)
 お世話になった、支所船です。管理人さんも乗っていましたが、管理人さんの第1声が「昨日は、天気が良かったのに??」でした。・・・・おまけに「明日は、天気が良いみたい」・・ですと。
H23,2,5(5)
 港での、ショットです。カメラマンの気持ちが写っているようですが、クーラーからはみ出ているグレが入っていました。さてさて、誰のクーラーでしょうか??
 この御仁は、一生懸命竿を出している時に、「わしは、もう8枚釣ったき~止めたぞ~!!」と電話をしてきた方です。
H23,2,5(6)
 隣で、波しぶきを浴びながら、初の40c台を釣り上げたのび太クンです。44cmありました。おめでとうございます。
H23,2,5(7)
 クーラー満タンの犯人です。本日の優勝者ですが、月間釣り画報の取材を受けていました。3月号に掲載されると思います。私も愛読者で毎月取っていますが、3月号は、キャンセルしようかな??普段は、決して見ることのない笑顔です。
H23,2,5(8)
 私の釣果です。一応41cmありました。3回の大会で全てにエントリーしていますので、上位に入れるか期待していますが、クジ運が悪いき、トビ賞でハズレになるかも??
H23,2,5(9)
trackback -- |  comment (1) |  編集

この記事に対するコメント

のび太


大会参加者のみなさん、第2回に続き、再び大風のなかでの釣り、お疲れさまでした。
参加者14名の第3回大会の結果について報告いたします。

グレの部第1位は45.8㎝で善平さんでした。
2位以下は、40cm超3名、35㎝超3名、30㎝超1名でした。
数釣の出来た方もいらっしゃいましたので、明暗が分かれてしまいました。

他魚の部では、チマオさんのヘダイ44㎝でした。

今回は最終大会で、しかも上位が僅差ということでしたので、釣果が注目されますが、最終順位はお楽しみというとこで、総会でご報告させていただきます。

なお、個人的なことですが、今大会で、自身新記録の44.4センチを釣り上げ大満足でした!!

【2011/02/08】
URL | のび太 #- [ 編集 ]

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する