FC2ブログ

 

プロフィール

荒磯 又右衛門

管理人:荒磯 又右衛門
堅釣クラブ会員です。
ブログを通じて、のび太さんを応援します。

最近の記事+コメント

カテゴリー

来場者数

単独釣行 

2011/01/16 17:58 [日]
category: 独り言

 13日(木)に島での連荘釣行の貧果を、反省と原因分析をする仕掛人がいました。原因は、大風であるとの判断で、風の無い日は?・・と天気予報を見るとありました!!14日が、管理人へ電話すると出港するとの事で予約。平日だが大会?で17人程度のお客で、割り込み決定で宮ノ下へ渡礁した。
宮ノ下から見た小島です。風は9mで今日は、納得する釣りが期待できた。
H23,1,14(2)
 仕掛人の場所です。通称「部長室」と言われる所で、足場は良いが狭いのが難問です。準備をして撒き餌をすると潮は、ゆっくりと白岩方面に流れており、餌取りもチラホラ見えて活性が高いようでした。
 
 ハリス2.25号、ハリ7号、タナは2ヒロ半でスタート。暫くは異常なしであったが偏向メガネで撒き餌を追うと白い尾っぽが見えてきて、かすかな当たりが出るが素バリ。
 ハリを6号に落とし、タナを2ヒロで子ウキをセットし、張りながら流すと小ウキがゆっくりと沈み、第1号の口ブーをゲットする。納得の釣りは気持ちいいもんだ(ナハハ!!)
 2枚目を連続で釣り、本日の目標達成。ビールで1人乾杯し、しばしポイント休めをした(ウスバ対策)。再開後、同じように流すと小ウキが沈み、掛けると強力な締め込みがあり、竿の弾力で何とか止めたが、張り付かれてしまった。糸を張り気味に待つと、離れたので強引に浮かせて取り込んだのが、本日最長45の口ブーでした。
 ちょうど支所船が弁当を配りに目の前にいたので、険寸を・・と乗り込んだが、1月は47cの登録があり、諦めた。
H23,1,14(1)
 弁当後もパラパラと釣れていたが、北西が強くなりだし釣りづらくなってきた。ただ今回は、途中で弱くなる時間帯があったので、その時に、撒き餌と餌を同調させて、枚数を数えることができました。40クラスが3枚いました。それにイセギ1枚と初めてハタ科(名前を聞いたが忘れた)の1枚で、大満足の釣行でした。
 教訓:風の無い日を選んで釣行すべし!!・・・です。
H23,1,14(3)
 グレとハタのシャブシャブが我が家の食卓を飾りました。刺身で食べ比べをしてみましたが、グレの方が甘みもあり、食感も良かったような気がします。
H23,1,14(4)
trackback -- |  comment (0) |  編集

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する