FC2ブログ

 

プロフィール

荒磯 又右衛門

管理人:荒磯 又右衛門
堅釣クラブ会員です。
ブログを通じて、のび太さんを応援します。

最近の記事+コメント

カテゴリー

来場者数

第2部 

2011/01/11 22:58 [火]
category: 連絡事項

 渡礁したトーフから見たビロー島です。何とか竿は出せるようですが9時過ぎから更に厳しくな予想でした。取り合えず撒き餌をすると餌取りも見えず??替え玉曰く、ビゼンへの撒き餌係りのようだとのこと。沖に出た潮は、そのままビゼン方向に流れており、観音回りで釣ることになった。しばらくするとビゼンの善平さんが、第1号をゲットしたようで、やっぱり撒き餌係りか・・と納得。
 潮は早く、沖に投げたウキを沈ませながら流し、当たりは竿先で取る釣り方で替え玉が第1号の良形をゲット。私も同じ釣法で流していると、道糸がパラパラと走り、竿を横にねかしながら強引なやり取りで口ブーをゲットすることができた。ビゼンとの境に沈みハエがあるため強引なやり取りが必要であり、ハリスも2.25号を使用していた。
H23,1,9(3)
↓ ビゼンの2人組みですが、強風の中、竿を出して、2人とも本命をゲットしていました。弁当後の休憩タイムの一枚です。
H23,1,9(1)
 こちらも、弁当中の替え玉ですが、その前に私のビールを飲まれてしまいました。替え玉曰く、「ラッキョマンさんは、黙ってクーラーから取るが、しゃんと断って取りましたよ」・・と??みょうに説得力のある一言に??
 第2部のハプニングですが、潮はビゼン向きに流れているため、「めっそう・・流すと善平さんにおごられるぞ!!」・・と忠告しているにも関わらず、流し続けていた替え玉に大きな当たりが。強引なやり取りでも、こちらを向かず、こっりゃあ~無理じゃ・・と諦めて見ていると。善平さんが大声で何か叫んでいた。見ると、替え玉の道糸に善平さんのハリスが絡まって、メタボがアタフタしているでは、あ~りませんか。
 はずしても、こちらにでは掬えないので、膳平さんに任すと、道糸を引っ張り無事、玉入れに成功したようだ。見ると50超のべべ垂れ(キツ)であった。善平さん曰く「取ったのは俺やき、片身はもらうぞ~!!」とのこと。グレならともかく、替え玉も異存ないようで「結構です」の返事。・・・これが最後に後悔になるとは、誰も想定していませんでした。
H23,1,9(2)
 納竿後の一枚です。支所船を待っている時に、善平さんが動き出しました。トーフとの間でカメノテ取りに励んでいましたので、今晩のツマミを注文したところ、全て供出してもらいました。見た目以上に身があって美味しくいただきました。感謝・感謝でございます。第2部のハプニングの結末と新年会の報告は、次回にお楽しみ。
H23,1,9(4)
trackback -- |  comment (0) |  編集

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する