FC2ブログ

 

プロフィール

荒磯 又右衛門

管理人:荒磯 又右衛門
堅釣クラブ会員です。
ブログを通じて、のび太さんを応援します。

最近の記事+コメント

カテゴリー

来場者数

猛暑の中 

2010/08/02 09:31 [月]
category: 独り言

 先週土曜日の早朝、どうすべえ~・・と悩みながらビデオを見ていると、珍しく起きてきた奥さん曰く、【どっか悪いが??】・・とのこと。理由を聞くと、いつもの釣りの話が無かったから??・・嬉しいやら悲しいやら複雑な心境で、釣り具店へ??

 餌の陳列ケース前で、【今なら間に合う・・買おうか??・・止めろうか??】腕を組み、数分間立たづむ仕掛人が居たようです。『今日も暑いと~・・』天の声で我に返り、小物を補充したのみでした。

 夕方、5963号は、酒蔵の壁面にアートを映し出し幻想的な雰囲気を鑑賞するため佐川町へ出発した。全く興味のない仕掛人は、早々に引き上げて車で待機。車中で夜釣りに行っている善平さんに電話してみると大小の船付きに渡礁しており、宴会中で竿は出していないとのことでした。

 その後、自宅で再度の電話では、顔を見た程度とのことでしたが、どうでしたか??
 
trackback -- |  comment (2) |  編集

この記事に対するコメント

善平


7月31日  沖ノ島 大小島 船着き

金沢旅館で、昼食を済まして14:00頃外に出ると、船頭さんが準備万端、船に行くところにバッタリであって、
「えらい早いが、早出るが?」と聞くと、「船の中は暑いので、クーラーをかけて、涼しくしちょったろう思うて」・・・なんと優しい船頭さんではないですか。
こんなところに、支所の管理人さんが身も心も許したんだな~、と一人納得しました。

船に乗ると、最初の二人が、3人になり、5人になり、7人になっていました。管理人さん曰く、「〇庁のメンバーの方から予約が入ると、いつもどんどん増えて」大変うれしいお褒めのお言葉に、
「そうよえ、わしら~がどればあ貢献しゆうか、わかっちょてや」と念には念を入れておきました。

愛媛の〇河さんに無理を言った手前もあり、何処に上がるか先にとってもらうことにすると、「ヒトツバエ」ということになり、自分達は「大小島」と言うことで決着。

ところが、ヒトツバエに着いて、どうも様子がおかしい?
どうなったのか分かりませんでしたが、ヒトツバエには香川の二人が上がってしまいました。
そこで、〇河さん達3人は、ウチガシラとアキレスに分かれて渡磯。

船は一路大小島へ、ビゼンまで来ると、突然風が出てきて、南西が強く吹いて、船つきは風波のウネリが突いていました。
船頭さんに聞くと、「南西が、西に変わって、朝には北西に変わる」ということでしたので、「上がる!」と一言。

棒ウキ名人でもある会長さんは、船つきへ、自分は船つきの北側に釣り座をかまえて、ちょうど日陰が出来ているので晩の7時までは宴会タイムを設定して、のんびりと南西の風に吹かれていましたが、一向に弱まる気配は無く、逆にウネリは高くなってきました。

会長さんが過去の出来事を思い出して、「ノコバエへ山猿さん、癒着マン、なんかと上がった時、最初は凪いでいたがだんだん被りだして、〇〇さんがフリチンになっていた」という状況に近くなってきました。

仕掛け人さんから電話があって釣りを開始。エサは取られるがアタリは無し。暗くなって、会長さんの竿が絞り込まれて、良い引きです。上がってきたのは、キツ。それからも、キツのオンパレードで、60センチ近いものもいて、疲れる!疲れる!

9時ごろに、待望のイセギがヒット、やっと1枚。気分を良くして投げ続けていると、かなりの強い引き、会長さんにタマ梳けをしてもらって取ったのは、「モンツキ」でした。

その後、11:30頃会長さんにイセギが来て、貴重な1枚目。それからは、キツ、マツカサ、キツ、マツカサダブル、キツ、マツカサの繰り返しで、気力も体力もダウン。ひと寝入り。

4時ごろにには、風も収まってきましたが、やっても同じことなので納竿としました。

モンツキは、帰って計ると52センチの大型でした。自己記録を更新しました。〇河さんは、ゼロ。ウチガシラはイセギ6枚と大サバでした。

【2010/08/02】
URL | 善平 #- [ 編集 ]

仕掛人


 早速のレポートありがとうござります。
 そうですか・・大小は赤い悪魔とべべたれ、秘密基地もパッとせずでは、今週末のノコは、粗チン品評会の予感がしますね。

 ・・となれば、少し早いですが秋磯探検隊となりそうな気がします。問題は、西日対策ですが、日影確保を第一に考えて検討することにします。それと、絶好調の2代目さんの予想も参考としたいと考えていますので2代目さん一つよろしく。

【2010/08/02】
URL | 仕掛人 #- [ 編集 ]

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する