FC2ブログ

 

プロフィール

荒磯 又右衛門

管理人:荒磯 又右衛門
堅釣クラブ会員です。
ブログを通じて、のび太さんを応援します。

最近の記事+コメント

カテゴリー

来場者数

ご利益は?? 

2010/07/26 09:30 [月]
category: 独り言

 「語る会」で、どうしても興津に行きたい!!・・の相談に優しい??(病気)の仕掛人が段どり、興津釣行が決定していました。
 興津は、何度チャレンジしても船が出なく鬼門の磯ですが、さすがに今回は問題なく出船するとのこと。ただ早いもの勝ちで希望磯に上がるために13時に予約した。(これが最悪のシナリオになるとは・・トホホ)

 のんびりと準備中に2代目さんから情報提供。・・絶好調を維持して前日(金)に1人で興津釣行で2桁ゲットとのこと。港に集合した猛者は4人で、大ナバエへメタボ・修行僧コンビが、カメノクビへ仕掛人と癒着マンが希望通り渡礁できた。
 これからが、地獄絵のごとく悲惨な時が過ぎるとは・・カメノクビは日影が無く、動く毎に汗がドバー・10分後には脱水状態となり持参した傘で日影を作り6時頃まで体力温存につとめました。大ナは、日影があり問題ないようでした。

 準備中、既に竿を出していた癒着マンが尾長がヒット。・・続けさまに本命をゲット。遅ればせながら準備を済ませて第1投。奇麗なウキ入れで30弱の尾長(いらん!!でリリース)第2投でスマ(キープ)第3投で尾長(パス)3連チャンで息が上がってしばし休憩。潮は1投毎に変わるようで、2代目さんの支持どおり竿2本の深めで流し、朝まずの3時まで8枚を数えることができた。とにかく暑いの一言で、集中力が途切れつつあり肝心の朝まずにトラブル発生で、仕掛けをロスしてしまい、作り直す意欲は無くなりジエンドとなってしまいました。

 何とか、2桁をと頑張っていみましたが、体力が続かず、2代目さんからのご利益で今シーズン自己タイで終了となりました。癒着マンも頑張って7枚を数えたようですが、あいつは偉い・・灼熱の昼間にカメノテ、熱帯夜に磯カニをゲットするなど・・それもビール・冷用酒をひっかけながら・・おそれいりました。

      ちょっとだけ浮気心がでた仕掛人からのレポートでした。
trackback -- |  comment (6) |  編集

この記事に対するコメント

二代目


猛暑お見舞い申し上げます。この酷暑をものともしない(つもりの)四人組は、なんと午後1時に磯上がりしたらしく、その勇気に感動しました。午後八時前に電話するとカメは2人で5枚、オオナは63センチの真鯛と2枚、と聞き、全員二桁かと期待しましたが、やはり体力の損耗が厳しかったようです。
かくいう小生は、前日、青森から帰省する愚息がイサギが食いたい、と言ってきたので、思い立って、午後3時カメに。日差し焼けつくようで、日陰を求めて西側の低場にへばりついてビールをガブ飲みしつつ日没を待ちましたが、第一投頃からへとへとでありました。10時頃3枚立て続けに来て、残る力を絞り出しましたが、サバが出没、10匹ほどまあまあのサイズをキープすると、あとは着水するなり25センチクラスがダブルで繰る始末で、たまらずダウン。1時過ぎから再開し、何とか10枚をゲット(執念)したので3時半頃に納竿。ところが、このあと横になるに、嘔吐がこみ上げ、胃のなかからっぽになるほどのしゃくりあげ。お茶を飲もうにも、胃が受け付けないほどに弱っておりました。小生の年齢では、くれぐれも体調考慮しつつ竿を振らねば、と深く後悔した次第。クラブの同僚名人諸氏も、それなりの齢を重ねており、特に夜釣り時の体調の維持管理には万全を期されるよう、ご注進申し上げます。なお、オオナは2人上がったはずですが、どうも釣果は1人だけであったらしいですが、本当ですか?

【2010/07/27】
URL | 二代目 #- [ 編集 ]

仕掛人


 まっこと暑かったです。カメは日影が全くなく唯一の救いは、そよ・・程度に風が通っていることで、延々と5時間過ごすはめになりました。

 横でビールをグッビと飲む猛者も居て、ついついグッビ・・が5分後には、汗がドッバ・・となってしまい本番前にギブアップ寸前でした。

 そう言えば、オオナは2人上がっていたが、夜中にはケミは一つしか見えていなかったような??朝の迎えで異常に軽いクーラーがあったような??・・・熱帯夜で意識が薄れていたので、間違いかもしれません。

【2010/07/27】
URL | 仕掛人 #- [ 編集 ]

癒着マン


 興津は20代にキャンプで行って以来という、30年ぶりです。これまで何回となく予定していましたが波でダメを繰り返し、初の釣行となりましたが、準備や用心不足のため試練の連続で、疲れ果てました。

 その1は暑さ対策、傘を持っていなかったので、1時半頃から日が陰るまでの時間を、焼けるような磯で過ごしたこと。暇をもてあましカメの手を取っていると、文字通り汗が噴き出るような状態でした。
 その2は夜の憩い対策、普段と同じように持っていった大2、小4のビールは、あっという間に汗と消え、冷用酒をちびりちびりとやってましたが、それも一瞬、夜の大半を水で過ごす寂しい一夜になりました。
 その3は蚊対策、去年から夜釣りは、涼しくて楽なサンダルで行っておりますが、当日は、少々の蚊取り線香ではものともしない蚊の軍団に襲われ、素足の足首あたりを20か所くらい刺されていました。
 このようなに、寝るに寝れん状態で、帰りの車でも睡魔と闘うのが大変でした。何回か数秒記憶がなかったような気がします。

 でも、釣果的にはまずまずで、4種類の魚に加え、カメの手、磯ガニをゲットし、久しぶりに充実の夕餉を過ごしています。カメの手は予想以上に身が入っていて、磯で飲めずに我慢したビールの分をすぐ取り返しました。

【2010/07/27】
URL | 癒着マン #- [ 編集 ]

善平


暑さ対策

水分補給には、皆さん注意されていると思いますが、汗になって出てしまいますので、肝心なことがあります。

水やビールを飲む時に、「塩」をなめる事です。
汗と一緒に出たナトリウムを補給しないと、グラグラがきて、意識が朦朧となってきます。

自分は、「塩」を袋に入れて、持参しています。
効果がありますので、是非試してください。

【2010/07/28】
URL | 善平 #- [ 編集 ]

仕掛人


 善平先輩、適切な助言ありがとうございます。
 確かに、何度か一緒に渡礁したときにもらったことがありました。
 ただ、先輩の場合は、飲む量が半端では無いようですから・・

 私は、事前に塩を入れた水をペットポトルに入れ凍らせて持参しています。それと市販しています「熱中飴」を持って行き、時々舐めるようにしています。

 今からの夜釣りは、暑さと蚊対策が最大の問題です。とにかく水分補給をこまめにすることと、蚊対策は、蚊取り線香が一番と思います。スプレーは、汗とともに流れて効果が薄いです。

 私は、ネット付きの農作業用帽子を購入(ワークウエイで580円)して被って仮眠しています。・・・これはお勧めですよ!!

【2010/07/28】
URL | 仕掛人 #- [ 編集 ]

修行僧(報告です)


はじめて「オオナ」
仕掛人さんから13時集合と電話をいただいた瞬間「え!!早~い。」と心の中でつぶやき。

ならば、熱中症だけにはならんぞ!!と4.5Lの水分をかまえ、約5時間は、岩の影に、「じ~と」していました。(全て飲みました。)
先輩お二人の優しい心づかいで、影のある磯にあげていただきました。(ありがとうございました。しかし、癒着マンさんは傘もささずに「えらい」なと感じたものでした。)

で、成果は、30cmあるかないかを1匹。あとは、手のひらサイズ(シマがありました)3匹(さよならしました。)
あとは、サバ(一時入れ食い状態)とハリメでした。

タナは、針まで2本から3本までで、一晩中やりましたがこの結果となってしまいました。(修業中の身ですのでお許しを。)

帰りには、色々と事件があったメタボさんにお土産としてあげ、クーラーの中はカラッポとなりました。
(ちなみにメタボさんが、63cmのタイを1枚釣りましたよ。)

今回の釣行は、成果はともあれ(本音は2桁つりたかった)、熱中症にもならず、終わってスッキリとして疲れでしたので、「よし」ということにしておきましょう。

【2010/07/28】
URL | 修行僧(報告です) #- [ 編集 ]

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する