FC2ブログ

 

プロフィール

荒磯 又右衛門

管理人:荒磯 又右衛門
堅釣クラブ会員です。
ブログを通じて、のび太さんを応援します。

最近の記事+コメント

カテゴリー

来場者数

2冠達成 

2010/05/30 19:22 [日]
category: 連絡事項

 クラブ夜釣り大会が開催されました。参加者は7名の少なさで、誰もが入賞する機会があり、一応3人、2人×2組でそれぞれがメンバーを決め、どこに上がるかは船頭さんと交渉としていました。

 私は、同乗の癒着マンにラッキョマンと3人でヒトツバエを狙っていたが、メタボ・のび太コンビがウルウルとした瞳でヒトツバエ~・・と訴えてきたので、癒着マンをトレードに出し、秘密基地にラッキョマンと渡磯した。棒ウキ会長は、修行僧と中バエを希望し、支所船は出港。

 とにかく速い??・・・普段より異常なほど速い!!、あっと言う間に巡航船を追い抜き、続いて豊丸を追い抜くと、最初に中バエへ??棒ウキ会長を降ろすと船頭さんが顔を出し「今日は燃料を焚いた、この前取られたけん・・」とのことでした。ちなみに33ノット出ておりフルでは無いとの事。1ノットは、1.8k/H??やったけ??誰か計算してや!(棒ウキ会長・・船頭さんへ感謝してよ~!!)

 で本題に入り、夜釣り仕掛けでスタートするが、餌は落ちない・・タナを変えながら前回のよそ見釣法を・・と相方のウキを見て・・・ウキは??・・ある(ガックリ)・・その瞬間スパッ・・と同時に竿を引ったくる当たり。

 まともでない引きを強引に浮かせ・・見ると??まともでないイセギの姿が横たわり、ラッキョマンの玉スケで、本命をゲット。メジャーで計るとジャスト45cmでした。脳裏に浮かんだのは2代目さんの名前が支所船のボードから消えること。2代目サンごめんなさいよ・・と思いつつ今晩は楽勝&爆釣の文字が。

 ・・がそんなに甘くは無かったです。・・2枚目をゲットしたのは2時間後、その間はアジ、チカメ、スマが竿を曲げたのみで、11時頃から2人とも休憩1時頃から竿を振り続け、私は3枚、ラッキョマンは40クラス1枚で納竿となりました。
 これで終わり??・・いやいや~ありましたぞハプニングが!!夕まずから今回参加できなかった3人のOB先輩から次々と電話攻撃が!!・・その都度プレッシャーやストレスが重なり、・・・何と3回ものをすることに、おまけにラッキョマンも1回で計4回の撒き餌が結果をもたらしたものと思われます。

 港で、船頭さんに計ってもらうと、縮んで43cmでした。ラッキョマンもエントリーし41.5cmで2位登録されています。匹数も3枚で優勝でしたが、ダブルは無いので長寸の部で優勝となりました。まだまだ夜釣りは始まったばかりですから、支所船の1位も十分狙えますので、皆さん・・「かかってこいや!!」の心境でお待ちしています。

 長い~・・と言われるので止めますが、他のメンバーのハプニングもあるようですから、報告してくれるでしょう
無ければ、・・・勝手に書くぞ~!!

 
trackback -- |  comment (5) |  編集

この記事に対するコメント

仕掛人


 肝心な順位報告がぬかっていました。
 長寸の部
 1位 仕掛人
 2位 ラッキョマン
 3位 修行僧
 匹数の部
 1位・2位同数で会長と癒着マンが分配
 3位 該当者なしで次回の景品
 特別賞(焼肉屋の景品)
    タマメ4枚を釣って3枚キープしたメタボマンでした
 おまけ・・・・
 2代目さんが、大会に出れないので前日に恋い焦がれてた興津へ1人で行き、カメノクビで何と14枚の釣果があったとさ!!
 

【2010/05/31】
URL | 仕掛人 #- [ 編集 ]

二代目


 大会参加者の皆さん、お疲れ様でした。予想どおりの釣果で、それぞれ入賞の皆さん、おめでとうございます。来年の夜釣りからは、最多匹数の部は「五枚未満に限る。」といった但し書きをつけたらどうでしょうか。
 それはそうと、仕掛人御大が、私めの前夜の釣果をご紹介くださいましたので、ちょっとご報告。初の大会不参加で、前日ダメもとで渡船に連絡すると、珍しや夜釣り可、とのこと。二時半に行くと、先客三人、しかも皆一人組、どこへと聞くに、一礁、同マルバエ、オオナバエとのこと。オオナの同年配者とじゃんけんで負け、私めは隣のカメノクビへ。まずカメノテとカラスノクチを取って、ビールの友を確保、その後フカセはこっぱぐれのみ、蛍をつけて始めるも、マツカサさえおらず、十時前に修行僧が電話くれるも、半泣き状態で、日付が変わるまでなにもなし。ボウズ覚悟、とおもったら・・・・いやいや、蛍は私めを裏切りません。ポツリポツリと光がなくなること、なくなること、少し波あり、カメは釣り座が高いので
寄せてきて、磯際に引っかかったり、ポトンしたりわ除いて14枚をゲットできました。サイズは25cmクラスが4枚、あとは30cm以上、結構クーラーは重くなりました。
 帰りに確認すると、一礁タツバエは9枚、オオナは15枚(私めのより少し小型)、マルバエは不明、東を見るにクエコロバシに光が見え、一晩中やっていましたので、どうやら興津は今好調のようです。興津は波が出易く、なかなか行けません(船頭さんによるとほとんど出れてない由)が、天気予報と相談のうえ、チャレンジされたらどうですか。
                    二代目からの情報提供でした。

【2010/05/31】
URL | 二代目 #- [ 編集 ]

修行僧(1年ぶりに参加しました)


1年ぶりに夜釣りに参加しました。
中バエに「棒ウキ名人さん」と上がりました。!!(棒ウキ名人さんにご迷惑をおかけしました。)

思えば、善平先輩に連れっていってもらった、釣りのデビュー戦が夜釣りのデビュー戦となった「磯」が、ここ「中バエ」。
感慨深いものがありました。この狭いところに、前会長と3人で、「よう上がったものよ!!」とつくづく思う私がいました。

で、釣りの状況は、「黒ハエ」を左手に見ながら「ふかせ」で開始。
2・3投目で、「本命」を掛けるが、タモですくう直前に、顔だけを見てさようならとなりました。
棒ウキ名人の今日は潮がよいとの言葉に「今日はおる。やるぞ!!」とモチベーションが一気にアップ。
いっときして本命を1枚ゲットし、夜に向かっての期待は増すばかりでした。

が、夜になると一時、上等の「アジ}をゲットするも、潮が止まり、やがて「ウキ」が手前に来るしまつ。潮が変わるのを待つも、朝まで変わらず、釣れるのは「マツカサ」のみ。そして終了となりました。

まっ!、本命の釣果か少ない結果となりましたが、天候にも恵まれ、「賞」もいただいたことやし、今回は「満足」としたいと思います。

(追記)
*誰かわかりませんが(他の客)、「黒ハエ」では本命が20匹あがったようですよ。私達のマキエがきいたがやろうか?








【2010/05/31】
URL | 修行僧(1年ぶりに参加しました) #- [ 編集 ]

仕掛人


 2代目さんから電話をもらった時、イセギは既にクーラーに横たわっていましたが「言われん」・・とイセギ大明神のお告げがあったので黙っていました。・・本当は、言いとうて・・これもビチクソロックの原因かもしれませんな~ナンッチャッテ!!

 カメノクビですか??あの磯は高いですが中間にフラットな場所があり、そこで竿を出した経験があります。結構、深いし両潮できますので・・・しかし、よございましたね!!癒着マンがどうしても1度は竿を出したいとのことですから、ご指導をしてください。

 修行僧さん、完全復活おめでとうございます。最初の夜釣りと違い、気分的にも釣り良かったと推察します。あの磯は二並に流れる潮がベストですが、つっかかって来る時は、ちょっと厳しい釣りになるみたいですね。今度は、足場がベストの磯で頑張ってください。

【2010/05/31】
URL | 仕掛人 #- [ 編集 ]

のび太


 夜釣り大会に参加いただきました皆様ありがとうございました。
 今回の大会は、久方ぶりの夜釣で名礁に上がれるということで、個人的には、かなり期待しての参加でした。
 ヒトツバエには、夕釣り客が帰った6時半から登礁し、南向き座を構え、(新調した)竿を振り込みましたが、潮が右にごんごん流れ、幸先悪しでした。
 5月末というのに結構な寒さの中、もくもくと本命の当たりを待っていたところ、やっと当たり、期待にしてリールを巻きましたが、残念ならが30センチほどのタマメでした。
 とはいえ、初めてのタマメでしたので、ちょっとうれしかったです。
 その後も、当たりはほとんどなく、結局50センチほどのタマメを追加して、終了でした。
 同礁の方々の釣果はというと、癒着マンが本命2匹!メタボマンがタマメ3匹でした。
 大役をおおせつかってはじめての大会でしたが、釣果の面ではまったく役にたてず、残念な結果となってしまいました。
 本命の数は少なかったですが、40センチを超える大物が出ましたし、ともかくも、無事大会を終えることが出来て、良かったです。
 みなさまお疲れ様でした!!

【2010/05/31】
URL | のび太 #- [ 編集 ]

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する