FC2ブログ

 

プロフィール

荒磯 又右衛門

管理人:荒磯 又右衛門
堅釣クラブ会員です。
ブログを通じて、のび太さんを応援します。

最近の記事+コメント

カテゴリー

来場者数

第1回大会無事終了 

2008/01/14 09:59 [月]
category: 大会

まずは、大会に参加された方、お疲れさまでした。
大荒れの天気でしたが、わがクラブは嵐には慣れっこと言うかあきらめてると言うか、21名もが参加しました。
年明けからの好天が大会日に限って荒れるのは誰のせい、と会長は皆から責められていましたが、職責ということでしょうか。これまたご苦労様です。
大会成績は近々発表しますのでお待ちを。

やむなく欠席された会員さんへ。
今年から大会新ルール(1大会1尾長寸の3大会累計長寸)を実施していますが、今大会はほとんど釣れてませんから、ご安心を。大会の状況は次のとおり。
12日(土)伊佐 南西のうねりと西風強く、西磯は渡礁できず、参加者21名のうち半分しか渡礁できない状況で、ベテラン組、幡多組が2番船渡礁を申し出てくれまして、まずは11名が東磯へ。それから適当に上がれる磯へ分散。皆が渡礁しおえた頃は8時を過ぎていたと思います。東磯では、理由はわかりませんが付けエサが残る何もいない状態でした。
結果、ポイント獲得者4名、うち35.6cmを釣ったO田さんが大会1位を獲得しました。他魚の部1位は、キバンド54cmを釣ったY岡さんでした。
次回2月9日の大会はご一緒できますように。
trackback -- |  comment (5) |  編集

この記事に対するコメント

幹事


第1回大会結果
356ポイント O田
330ポイント K渕
320ポイント S山
318ポイント O久保
でした。
景品が出るのは、
優勝、準優勝、3位、4位、5位
8位、11位、14位、17位
です。(計9名)
まさに勝負はときの運。次回2月9日は、沖ノ島三ノ瀬、その次は3月22日姫島ですから、一発逆転も期待できます。
次回に向けてご準備をお願いします。

【2008/01/14】
URL | 幹事 #O2AJ56Mg [ 編集 ]

幹事


早速、第2回大会に暫定チャンピオンO田さんから参加申し込みがありました。いの一番です。
去年のディフェンディングチャンピオンD居さんもそうでしたが、出だし1位はテンションが高くなるようですね。

関係ないですが、1月12日大会日のブログアクセス数はゼロ。ほぼ会員だけのブログになってきた模様。
皆さん安心して書き込みしましょう!

【2008/01/16】
URL | 幹事 #O2AJ56Mg [ 編集 ]

山猿


伊佐の荒磯に怖じ気づいて帰った臆病な山猿としては聞きにくいのですが、13日連チャンの釣果はどうやったんですか?

【2008/01/17】
URL | 山猿 #- [ 編集 ]

金庫番


13日は、まだウネリが残っていて、朝のうちは東磯は上がれない状況でした。

判っている範囲では、
「アナバエ」に上がった金庫番と横好きさんは、丸坊主、おまけに一人がバッカンを流されてお昼に撤収しました。

「カジヤバエ」に上がった、遊び人とエコサイクルは、これまた二人ともバッカンを流されて、船頭にエサを持ってきてもらって、グレを2枚ずつでした。
ここもお昼に撤収しましたが、この時、迎えの船に月刊釣り情報の記者が乗ってきて、どこも釣れていなかったために取材を受けました。

会長と癒着マンは、東磯に上がれず、帰ってきて「アナバエ」の奥のハエに上がっていましたが、エサも落ちないため弁当船で磯替わりして「コバンドウ」の裏のほうへ上がっていました。釣果ないそうでした。

漁行くセンター長と棒ウキ名人は、これまた東磯に上がれず帰ってきて、「アナバエ」の奥の奥へ上がっていましたが、波が収まってきたので昼前に東磯の方へ磯替りしました。釣果は、聞いていません・・・が、大したことはなかったのでは。

金庫番としては、2連敗を喫しましたが、どうも泊りで行くと連敗が多いので、モンモンとした気持ちを引きずっています。

目が覚めるようなウキの消し込みがあり、合わせるとガツンとなって、優しくやり取りをしながら浮いてきた魚は
美しいイセギが顔を見せてくれた・・・そんな夢が現実になる日を待ち続けています。

【2008/01/17】
URL | 金庫番 #- [ 編集 ]

幹事


穴バエ横のスズキへ上がってた幹事です。相方は出会系ブローカー。
金庫番さんの詳細な報告により、謎が一つ解けました。スズキもエサが落ちない状況で辟易としていた頃、出ブロさんが胸の前で手を広げ「大きいのがいる」というサインを送って来ました。指さす方向には、青白く揺らめく物体。これは大きい!エイか青物のつがいか?二人とも色めきだって物体の方向にウキを流しましたが反応なし。今思えば、穴バエから流れてきたバッカンでしたか。納得と同時に興奮した二人はバカみたいじゃないですか。

とにかく、連れボウズでした。
ウキが見えんなるばあ沖に流した時、がつん、ぷっつんがありましたが、船頭に報告すると「そらグレやない」と軽い返答。
そんな感じの2日目でした。

【2008/01/17】
URL | 幹事 #- [ 編集 ]

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する