FC2ブログ

 

プロフィール

荒磯 又右衛門

管理人:荒磯 又右衛門
堅釣クラブ会員です。
ブログを通じて、のび太さんを応援します。

最近の記事+コメント

カテゴリー

来場者数

大雨・大風でした 

2010/05/24 09:32 [月]
category: 連絡事項

 予想どおりの悲惨な目にあいました。
 天気予報では、夜半から南東の風が吹くので島の南は諦めていたが雨だけが心配でした。管理人さんからの確認電話にも一言・・「こけないで、行く」と返事。メンバーは、善平先輩、二代目、棒ウキ会長、癒着マンの5人でした。

 当然、雨よけ祈願を済まし、貸切で支所船は出港。白岩廻りしか無いので岬ノハナを希望したが船頭さんの忠告でヒナダンへ癒着マンと渡礁した。善平さんはクド、2代目ペアーは、タテバエへ渡礁した。
 ベタ凪で風も弱く当面は大丈夫と思いながら準備してスタート。・・その前に雨対策の簡易テントも準備。

 しばらくは異常なし、風が気になりだした頃白岩向きに流れていたウキがない??さそってみるとグーと乗って本日第1号は、モンツキイサギでした。生体反応があり期待して流していると、またまたウキがない、今度は底に潜る引きで結構な抵抗・・強引に磯際まで寄せて浮かすと「シマアジ」ではないか!!、抜き上げる途中でポチャリ・・涙・涙

 続いて、癒着マンにも浮き入れ、これも「シマアジ」・・慎重になりすぎたか、同じように途中でポチャリ・・玉アミをセットする癒着マン。・・・直ぐに当たりが出て浮いたのは「シマアジ」で慎重に掬い第1号をゲットした。
 その様子を見ていた私に竿が引ったくる当たりがあり、浮かすとこれもシマアジ、癒着マンのヘルプでゲットできた。(命名:よそ見釣法)
 
 その後、当たりが遠のいて風が強く釣りづらい状況に、雨も強くなっておりテントで一杯やりながらケミを点け流すと奇麗なウキ入れ(本日初のウキ入れ確認)でゼイゼイと言いながら(歳です~!!)寄せ、浮かすと引きが強いはず正体は、赤チイキ、・・それもダブル・・抜きあげはできず、玉すけをと思う間に1尾がさようなら!!でした。

 午後9時頃から、予想通り大雨・大風となり、何とかタマメを追加したがギブアップ。癒着マンも頑張って釣っていたが同じくギブアップ。・・・朝まで震えながらテントで過ごしました。
 テントは、雨がしのげたのが大正解でした。そういえば去年もテントで一緒だったのは癒着マンで、不思議な巡り合わせです。
 やっぱり、今シーズンも雨・風男は健在のようです。
 一人でクドに上がった善平さんは、ビニールシートで屋根を作り、雨対策も完璧にしてグレやスズキ等かなりの釣果があったようです。二代目さんも剛竿仕掛けで「タマメ」をゲットしたようです。


trackback -- |  comment (0) |  編集

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する