FC2ブログ

 

プロフィール

荒磯 又右衛門

管理人:荒磯 又右衛門
堅釣クラブ会員です。
ブログを通じて、のび太さんを応援します。

最近の記事+コメント

カテゴリー

来場者数

どうでしたか? 

2010/03/08 09:12 [月]
category: 独り言

 金曜日の晩酌中に携帯が・・山猿先輩です。。直感的に「行っちょうねや~・・相手は??これも直感で浮かんだのは善平さんでは??
 カマを賭けて探りをいれると、いつもの焼肉店で一杯やっているとのことで、善平さんと確信。明けて土曜日にモーニングを済まして善平先輩に電話してみると、電話口で波や風の音が聞こえているのに「墓掃除に来ており川の音・」等ではぐらかしていたが、宮ノ下に上がったが弁当船でバラス浜に替ったとのこと。釣果は、山猿さんが1枚とのことでした。ついでに日曜日は、島全体の貸切で大会とのことで、日曜日の釣行は諦めた次第です。

 釣行を諦めたので、結婚式ではしこたま飲んだので、日曜日は二日酔いで過ごしてしまいました。

 朝一で支所船のHPを覗くと、土曜日は良い釣果はありませんでした。・・とのことですが、その後どうなったでしょうか??・・まさかボーズでフカセを終了する方とは思われませんが

 
trackback -- |  comment (2) |  編集

この記事に対するコメント

善平


「グレは終わった」とは、言いましたが、「フカセは終わった」とは、言っていません。

ということで、イセギを狙って山猿さんと出かけていきました。
沖ノ島へ着いたときは、風も波もほとんど無く曇り空でコンデイションは良好でした。

弁当船の頃には、風が出てきて、しぶきも被るようになって、宮ノ下からバラス浜へ代わりました。
宮ノ下では、クエの子、グレの子、メンドリの子を1枚ずつ上げていましたが、肝心のイセギは音沙汰がありませんでした。

バラス浜は、二ヒロからさお二本まで探りましたが、これといったアタリは無く時間が来ました。
山猿さんは、何者かに3発ぶち切られていきました。

こぼれ話

わたしのクーラーのそばへ、にぎりめしとつまみの入ったビニール袋を置いてありました。
それを狙ってカラスがくわえて飛び上がったところ、山猿さんが見つけて「グッ!」っと睨みつけました。
カラスは、山猿さんと目が合って、その鋭い眼光にびっくりして、一瞬たじろいだのか「ハッ!」っとなって、嘴が開いて、くわえていたビニール袋を落としてしまいました。

朝から晩まで、こんな山猿さんに、見れているウキは、いつもビクビクしてお魚さんのアタリを十分にお伝えできてないのでは、と考えさせらたことでした。

【2010/03/08】
URL | 善平 #- [ 編集 ]

善平


こぼれ話  第2弾

会長さんの、2月15日、2月18日の書き込みに、
「2月中は、1位の御仁の名前を毎回見なければならない・・・」とか、「・・・乗るたびに見なければならない・・・」とか、ありましたが、3月になっても憂鬱かもしれません。

旭洋会の掲示板には、次のようにありました。
「おめでとうございました。H22.2月グレ優勝48センチ〇〇さん」

船頭さん曰く、「3月いっぱいは、消えんね~」

【2010/03/09】
URL | 善平 #- [ 編集 ]

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する