FC2ブログ

 

プロフィール

荒磯 又右衛門

管理人:荒磯 又右衛門
堅釣クラブ会員です。
ブログを通じて、のび太さんを応援します。

最近の記事+コメント

カテゴリー

来場者数

第2回大会報告 

2009/12/28 10:06 [月]
category: 大会

 26日に第2回大会を島で開催しました。今回は忘年会を兼ねて開催しましたが参加者が16名となり、大会優先もなく、どこに上がれるか?天気は?・・等不安の中で5963号は、癒着マンと片島へ。・・すると支所船の駐車場は県外者で満車。・・泊まりだあ~。

 船は、宴会の真っ最中、ちょっとだけ参加し12時ごろ船底の善平さんの横で仮眠し目が覚めたのが4時過ぎで、受付をしクジを引くと7番。・・ちなみに6番はラッキョマン、8番は善平さん。どうして??・・で船は一路島へ出港したのであった。

 港へ着くと居ました泊りが11名。・・天気は、当然北西の風がビュービュー・・でさてさてどうなることやら??
ムロから順次泊まりを降ろし、ウモレの丘からメンバーが2名ずつ降り出した。このままでは善平さんか??・・と思っていると、カモメの手前で船頭さんが「ここは1人」・・で5番の山猿さんが「酒も飲めん!」とぶつぶつ言いながら降りた。(ラクダと言う磯らしい)・「次は2人」・・でカモメにラッキョマンと渡礁。これで割り当ての磯は終わり。支所船は、割り込みでノコ方面に移動。

 磯廻りは、シモリが点在し全体的に浅く、潮は大ナダレ向きに流れているようで撒き餌をすると一面にハリメの群れ。後は、色ものがチラホラ見えるのみ。しばらくすると、波にもまれながらウキがゆっくりと沈み、あわすと強い締め込み、磯際で数回の締め込みを竿でため・・ゆっくりと浮いたのは・・まぎれもなく3つの点がありました。その後連続で竿を曲げたのは、・・・エガミ!!その間ラッキョマンは沖を流して本命をゲットし余裕の表情をみせていた。

 プレッシャーの中で試行錯誤をしながら釣り続けたが、ついに顔を見ることはありませんでした。今大会の竿頭は、山猿さんで、7枚を数えたようです。ラッキョマンに言わすと我々の撒き餌で釣ったものだ??とのこと。確かに沖から陸に入り込んでいたような気がしていた。(これも負け惜しみですから許してよ!!)

 私は、釣果はもとより最悪の体調となった大会でした。大会終了後、港で、管理人からいつもの「嵐をつれて来ましたね」・・と歓迎され、1番風呂に入り、宴会前に休憩しようと横になると腰にピリーと電流が走って持病の腰痛が再発してしまった。しばらく布団に入っていると、体全体が悪寒でふるえが出て、頭痛が出だし・・最悪の状態となった。肝心の忘年会でも悪寒が激しく、挨拶・乾杯を済まして30分後には、限界で、部屋に帰り、震えながら布団に入ってしまった。途中で善平さんが見に来てくれたようだが、忘年会より明日の釣りが最優先で、そのまま寝らしてもらいました。ちなみ家に帰って、熱を測ると37度6分でした。・・が私の平熱は35度の低体温ですから、島では38度以上あったと思われます。
 2日めの釣りは、ブログで書いていたようにOB達も同意してくれたのでクジで決め2名ペアーで渡礁する磯を決めました。私は癒着マンとペアーでノコの3番となりました。(癒着マンがクジを引き決めたので、会長の我意ではないですよ)
 
 忘年会の様子は、寝てしまったので解りませんが、居る限りでは、山猿デーとなったような気がしています。大会の順位も記憶が定かでありませんので、飛び込みから報告があると思います。・・それと、前日の泊まり客の方が磯で転倒して骨折したとのことで、メタボマンが救助に駆け付けたと聞いています。他人事ではないので、お互い気をつけて磯釣りを楽しみましょう。2日目の釣行は???・・名礁・ノコ3番で尾長爆釣!!・か、気が向いたら書きます。

 
trackback -- |  comment (1) |  編集

この記事に対するコメント

飛び込み


大会、お疲れさまでした。
12月というのに魚が少なかったようです。

私からは、成績のご報告をいたします。
1位 Y中 394P
2位 M川 380P
3位 T谷 360P
4位 O本 334P
5位 I久  312P
以上、5名の方がポイントをゲットしました。
Y中さんは、2大会連続のポイント獲得で一馬(魚)身リードです。
O本さん、初計測おめでとうございます。

通算総合成績は、次号で掲載します。

【2009/12/29】
URL | 飛び込み #t9URyqaI [ 編集 ]

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する