FC2ブログ

 

プロフィール

荒磯 又右衛門

管理人:荒磯 又右衛門
堅釣クラブ会員です。
ブログを通じて、のび太さんを応援します。

最近の記事+コメント

カテゴリー

来場者数

支所船の大会 

2009/10/26 09:56 [月]
category: 大会

 25日(日)に支所船主催の大会があり、会員11名が参加しました。この大会はペアーでの大会ですが1名が(誰ぞ~・・)が欠となり、私が単独で最後となることで了解してもらいました。

 全員が前日から乗り込み、いつもの焼き肉店で爆釣祈願をし10時には就寝・・・4時頃に起こされるまで爆睡しアタフタと準備しそれぞれが抽選(えいことよ!!)

 当日の天気予想は、3mのち4mで三ノ瀬は全滅では?・・が、さすが沖ノ島・・何とかできそうで2番の裏から渡礁。・・・何と2代目ペアーではないか(えいことよ!!)支所船は2番表~3番と順次下して、次はスクモか??・・が下ろさず??裸へ。裸は大波で全滅
次に船が着けたのは「赤崎の地」渡礁したのは善平ペアー・・・アッハ!!(スクモを蹴ったようだ)船は、白岩から姫島に廻りペアーを降ろし、残ったのは5人。船頭さんへ「白岩しかない」と言うと再度、白岩に廻り、バラス浜にメタボペアー、タツバエに最後のペアー。残った私は、「ハツフク」へ渡礁した。

 急いで準備し、取りあえず今シーズンの安全と爆釣を祈願し、1人で乾杯。
 撒き餌をすると予想どおり、一面エサ取りの群れ。・・今日は厳しいなあ~と手前に集めて、沖を狙って釣り始めるが・・・数秒で餌はなくなる。「ハツフク」はシモリだらけで口ブーが爆釣する好きな磯だが、ちょっと早すぎたようだ。
 撒き餌を手前に沖を流すことを繰り返していると、ウキに当たりが出だし、ゆっくりと沈むのを待って合わすとズッシリとした当たりが出た。・・何とか顔をみたいのでハリスを信じ強引に止めると、ゆっくりと浮いてきた・・が・・色つき??・何とフカセ第1号は、45クラスの「タマメ」でした。

 とりあえず、お土産は確保したので、次は尾っぽの白いやつをリクエストし、続けていると同サイズのタマメを再度ゲットした。その後、竿を曲げるのは30c以下のタマメばかりでお帰り願った。
 弁当船後もポイントを変えたが、釣れたのは色ものばかりで、諦めが出だした12時過ぎにドラマがありました。

 沖を流したウキがゆっくりと沈み、合わすと今までと違う引きで数回のつっこみを絶えて慎重に寄せて、見える頃に再度のつっこみがあり竿でためる寸前に「バキー」の音??愛竿の3番がポッキリ!!・・ガックリと頭を垂れる・・が・・何と魚はまだ付いている。
 急いで、リールを巻いて、折れた竿を持ち左手で道糸をあやつりながら、時間をかけて浮かすと?50クラスの・・・尾っぽの黒いやつ!!出た~正にべべ会長ご推薦のべべ垂れでした。

 ショックで、そのまま納竿としました。グレの顔は見ませんでしたが、強力な引きは楽しめました。
 港に帰り、結果が発表されました。そこそこ、グレの顔を見れたようで、会員では、棒ウキ名人がグレの部2位で賞金をゲットしました。私もその他の部にエントリーしましたが・・これも残念でした。
 その後、お楽しみ抽選で、2代目ペアーがイセエビ、癒着マンペアーがボイル券をゲットした。(えいことよ!!)

             今シーズン第1号ポッキリの会長報告でした。

                
trackback -- |  comment (0) |  編集

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する