FC2ブログ

 

プロフィール

荒磯 又右衛門

管理人:荒磯 又右衛門
堅釣クラブ会員です。
ブログを通じて、のび太さんを応援します。

最近の記事+コメント

カテゴリー

来場者数

沖ノ島はどうでしょうか 

2007/12/04 08:35 [火]
category: 連絡事項

島一のHPで土曜日の釣果として、ヨウチエン8枚(バラシ多い)と書いてましたが、
誰か行ってませんでしたか?


trackback -- |  comment (9) |  編集

この記事に対するコメント

山猿


バラシた魚はサメじゃなかろうか。

【2007/12/04】
URL | 山猿 #- [ 編集 ]

金庫番


11月30日~12月1日と白岩~姫島まわりでクラブ員の二人組みが行っていたようです。
これには深い因縁とか、イジメに対する復讐とか、いろんな要素が絡み合って抜け駆けをせざるを得ない事情もあったようです。
誰とは言いませんが、クラブのリーダーの抜け駆けの足跡をたどると、ミョウト→上アカバエ→竜串→沖ノ島ヒラバエ→姫島コシカケということのようですが、いずれも超~貧果に終わっています。何が災いをしているのでしょうか。
心がけか、入れ込みすぎか、グレのご機嫌を損ねていることは確かです。

そこで初日の釣果は、白岩の地に上がったそうですが、弁当船で磯代わりして、三ノ瀬のトンギリの岡とオキノバエに分かれてあがり、35~40センチを6枚と3枚ゲットして実地調査は終了とし、たらふく飲んだようです。

二日目は、ヨウチエンに上がりましたが、やっぱりサメはいました。2メートルくらいのが。
ウスバの大群が居ついており釣りにならず、ウスバの少ないところで粘った結果は、5枚と3枚でした。
そこでは、50尾長が3回ヒットして、姿を見て取り込み寸前に2回針はずれ、1回は切られてしまいました。残念でしたが、悔しさいっぱいで帰路に。

ところが、自分より悔しさいっぱいの方がおいでました。
コシカケヘ二人で上がっていた方は、一人が8枚、相方は
ムロアジだったように聞いています。やっぱり、タダの渡船券には、持っているだけでグレを追い払う魔力があることを、今更ながら納得しました。早く、使ったほうが良いのに・・・・・。

ということで、タダの渡船券を持っている別の二人は、早く使いたいので6日に予約しています。今のところ予約は8人で、うち泊まりが二人のようですので、磯は空いていますよ、抜け駆け太郎さん!

【2007/12/04】
URL | 金庫番 #- [ 編集 ]

ベベ会長


昨日から、書きたくて!!書きたくて!!ウズウズしていたが、これ以上荒波を立てるとクラブ員の不評を買いますから自粛していました。

 誰とは、言いませんが好き勝手なことを書いているようですが、思い起こすと、今シーズンのスタートが足摺のヨコバエで、そこでご対面した「サメ」「ムロアジ」が未だに尾をひいているようです。そのときの相方が・・べべ方程式では現状の貧果に繋がります。

 1日を再現します。4人のメンバーは約束どおり、弘瀬港についても、船外に出ずにいると、ドカドカと入って探していたようです。自分は、フードを被り無視していると、横に座り覗き込まれて??皆さん想像してください・

 支所の管理人さんへ下剤を入れるよう言っていたのに免疫力が強く効かなかったようです。当日の天気は・・当然
北西の風12mとのこと”万歳”・・管理人さん曰く、「ベベ会長が来て、この波なら島は、凪の方」・と言っていたようだ。【遊び人談】

 自分と癒着マンは「コシカケ」、ラッキョマンと山猿先輩は「南の磯」に渡磯した。朝一で癒着マンが口ブー、続いて尾長をゲットし、幸先の良いスタートとなったが、その後は、1投ごとに「ムロアジ」ばかり、挙句に2mクラスのサメがウロウロしだして釣りにならず意欲は減退。

 隣の「ヨウチエン」から生暖かな邪気を感じて、本来の華麗なるテクニックを駆使できず、癒着マンに華を持たせた一日でした。私と上がれば大釣りができることが判明しましたので、1月の大会は≪絶対、会長と≫ですよ!!

 新人のお二人さんへ、無料渡船券は、魔よけに使えますから急いで使うことはありません。特に森○は、残しておくべきと忠告しておきます。{おかげで、寄り付かんとカーサンが言っていましたよ!!}※後のことは、知らん!

 わしゃ~二並びは好かん!! 
 7日の予約は、どうかな??

 

【2007/12/04】
URL | ベベ会長 #- [ 編集 ]

金庫番


足摺のヨコバエの記憶が脳裏から離れませんが、本当に大釣りできるなら、会長さんと一緒に上がります。

華を持たせて戴かなくても、結果がよければ実力でしょう。大会が、早く来ないかな~! 絶対ですよ、会長!

【2007/12/04】
URL | 金庫番 #- [ 編集 ]

野次馬


 ヨウチエンの2メートルくらいのサメ釣ってください。トローリング用の仕掛けにサバの切り身に付けて、ゲットしていただければ、沖ノ島の渡船一同はもとより、我がクラブをはじめ、沖ノ島のファンは感謝、感謝。ちなみに他魚の部の特別賞にサメ2メートル以上の部を新設して、無料渡船券3枚は如何でしょうか。

【2007/12/04】
URL | 野次馬 #- [ 編集 ]

ベベ会長


 幡多支部情報で、昨日の沖ノ島支所船HPでビゼンのオカの17枚は、清水駐在員の替え玉マンらしい。あいつは、前日に「久しぶりに行きませんか??」と連絡があったが都合がつかず残念!!やっぱり島には、嫌われているようだ。

 救いは、今日新人の2人がクロハエの船付きに渡磯して
いるが、餌取りばかりらしい。明日のHPでガックリこないことを祈るベベ会長です。

【2007/12/06】
URL | ベベ会長 #- [ 編集 ]

ベベ会長


明日、沖ノ島支所船は、三ノ瀬周りだが、予約は3人とのこと。どこでも好きな磯に上がれるぞ~~

 ただ、波・風は知りませんし、この後予約があっても、怒っちゃや~よ!!

【2007/12/06】
URL | ベベ会長 #- [ 編集 ]

ベベ会長


 7日の抜け駆け釣行第4号を、ベベ会長改め「福の神」が報告します。場所は、沖ノ島の三ノ瀬のトンギリです。

 今シーズンは、自分と上がった相方は、釣果も良く、磯さえもその後は、HPで曝釣報告がされるなど、少しだけ
性格の悪い福の神ですが間違いなく取り付いています。

 当日は、自分を入れて5人のみで三ノ瀬は貸切状態でした。裸に1名下ろし、三ノ瀬で船頭さんに「どこが上がれる?」と聞くと船頭曰く「今日は、どうしても釣らんといかんがやろうから2番の裏にあがったら」・・とやさしい
言葉に感謝しつつ「トンギリ」と言ってしまい、大反省。
あこは中年のオッサンが上がるハエではない。解っていたが、足場は無く未だに筋肉痛が続いている。

 潮は動かず、餌取りもいなく我慢の釣りとなった。棚が竿1本辺りで餌が取られだし、弁当船までにイセギ2枚の
釣果であった。水温が下がったようだが後半に期待し、磯替わりもせず沖を流しているとグレらしき当りがあり、最初の締め込みをしのいで手前に寄せる瞬間に大バラシ。

 しばし、放心状態の中で船の音に気づくと”バラシたろう~!!”・の声・操舵室から顔を出した船頭でした。

 しっかりと見られたようで、2回目の大反省。その後、少しだけ潮が動き出し、船頭にアドバイスもあって岡よりで何とか2枚とイセギ6枚で終了しました。あくる日からのトンギリ曝釣は、HPのとおりですが、捨てた「福の神撒き餌」で狂ったグレとイセギだと推察します。

【2007/12/10】
URL | ベベ会長 #- [ 編集 ]

遊び人


 べべ会長が抜け駆けした12月7日の翌日、翌々日の沖の島支所ホームページ釣果情報。
 三の瀬 トンギリ 
 12月8日(土)グレ14枚イサキ16枚
 12月9日(日)グレ枚数不明の爆釣
 これって、「会長が帰った途端に食いだした。」ってことじゃない?まあ、これまでの連続丸坊主記録から言えば、これも「奇跡」ですかねえ?

【2007/12/11】
URL | 遊び人 #- [ 編集 ]

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する