FC2ブログ

 

プロフィール

荒磯 又右衛門

管理人:荒磯 又右衛門
堅釣クラブ会員です。
ブログを通じて、のび太さんを応援します。

最近の記事+コメント

カテゴリー

来場者数

秘密基地の近く 

2009/08/02 23:26 [日]
category: 連絡事項

 前々からの約束で、31日(金)に4人で近場の興津を計画していましたが、いつもの
 急遽、休みを追加して3人が島へ変更と相成りました。1人は会議のため涙を呑んで不参加??・・が・・職権?で早めに切り上げるが遅れそう・・との事で支所船と交渉すると・・すんなりOK。

 物好きメンバーは、私に癒着マン、棒ウキ名人と2代目さんの4人でした。善平先輩から土曜日にリベンジの相談があったが訳を話し許してもらいました。先に支所船についてビールを飲んでいるとメタボマンから土曜日に行きたいとの電話。既に遅し!!で明日、善平さんたちと合流するとのこと。

 船頭さんに希望の磯を伝えたが、先週に秘密基地の隣で良形が釣れたとの情報で、即、変更と相成りました。当日は、出港したのは支所船のみで他のお客をヒトツバエに下ろし、マル秘へ私と癒着マンが、秘密基地へ棒ウキ名人と2代目さんが渡礁した。秘密基地から沖向きの独立磯で足場も良く釣り良い磯でした。

 夕まずは、餌取りが多く釣りにならなかったが、前回の反省で癒着マンが醤油を持参しており、何とか釣ったミニシマアジを刺身で食べたが・・最高!!・・久しぶりに釣り人の特権を堪能しました。

 潮は、ゆっくりと上っており、沖向きに流していると、ウキが微妙に動くので誘うと竿先に当たりがあり、40cクラスの良形をゲット。棚が深いと判断して竿1本にして流し、少し誘うと綺麗なウキ入れで連続してゲット。「入れ食い」・・の期待が高まり、同じポイントを攻めると即、ウキ入れ・・ヤッホー・と思ったが大サバに変身してしまった。しばらくは、サバばかりとなったが、癒着マンも棚をあわせて良形イセギを釣り大満足の様相でした。

 10時までに5枚を数えたので、しばし休憩を取り、12時から再スタート。潮は逆になっており、陸に入り込んで全く生体反応がなくなってしまった。潮が替わるのを期待し、釣り続けていると2時頃に、ゆっくりと上りだして、同じように誘いながら流すとウキ入れがあり、朝まずまで退屈しない程度に釣れて、合計12枚の釣果となりました。

 それも、全てが良形で最高が46cが2枚、40c超が4枚いました。癒着マンも46クラスを含め、納得のいく釣果のようでした。秘密基地の2人も良形を20枚数えたようです。
 今回は、船頭さんの一言でラッキーな結果となりました。
 船頭さん曰く、他の渡船業者が「何であんなとこへ下ろすが??」・・と問われるそうでバレルのも時間の問題ですから、早めにアタックしてください。

 ・・これで終わりですが、・・続きがあります。当日の釣果を善平さんから報告するよう言われていました。当然、善平さんは上がったようです。イセギの顔も見たようですが、どうもサメを呼び込んだみたいで、だいぶサメに取られたと嘆いていました。5月から好調な磯もあてにならなくなったようですから責任を取って、ペンネームを膳平からサメ仙人に改名をしてもらいたい心境です。

 秘密基地に渡礁したメタボマンとのび太も、顔は見たようですが詳しくは聞いていませんが、報告があるでしょう。

        渡礁記念に、いつものはしっかり済ましたべべ会長の報告です。 
 
trackback -- |  comment (4) |  編集

この記事に対するコメント

坊ウキ


今シーズンは5回の夜釣りでイサギはたったの1匹、1回当たり平均0.2匹という超貧果の状態が続いていました。

今回、会長が岬のハナから急遽、秘密基地の隣に場所を変更したことから、二代目金庫番が秘密基地を選択。結果、47cmを含む11匹をゲット。これで、6回で12匹、平均2匹と、アベレージを10倍に引き上げることができました。

秘密基地を選択した二代目金庫番と渡船屋さん、会長さんに感謝です。
隣近所や弟妹にも良型のイサギを献上。久々に喜んでもらうことができました。

ところで、秘密基地にはハリメがいっぱいいました。
夕方フカセ釣りでゲットしていたこともあり、こえまでで最大の39匹の釣果。うち30匹をチカメキントキ4匹と併せて、干物にしました。
海の恵みに感謝です。

【2009/08/03】
URL | 坊ウキ #- [ 編集 ]

二代目


 ハリメ50ひき、イサギ9ひき46~42センチが三ひき、あとも全部36センチ超、ひさびさに楽しみました。天気良く、ハリメも干せて、よい週末でありました。

【2009/08/03】
URL | 二代目 #- [ 編集 ]

べべ会長


 お二人が、フカセをしているのは遠くから見えていましたが、そうですか??・・ハリメでしたか?

 何年か前に、ハリメを奇麗に並べた写真を送ってこられたOBさんも居たようですね。手間は掛かりますが、確かに美味しい魚です。

 私は、干物以外に、ウロコと頭を取って、味噌汁のだしにしますが、これが絶品です。

 ハリメは×で、大サバを干物にしましたが、釣ってから時間がたっており、味は、今一でした。

【2009/08/03】
URL | べべ会長 #- [ 編集 ]

メタボマン


 ご報告が遅れました。
 会長も少し書いてくれていましたが、翌日に秘密基地に渡礁しました。
 実は秘密基地へは2回目の渡礁となりました。しかし、前回は暗くなる前に北西の風が強くなり波でクーラー、バッカンなどが流されさんざんな目に遭い、急遽磯替わりをしましたので、実質的な夜釣りは今回が初めてでした。
 当日は2時前に片島に到着。まず、善平さんと善平さんの先輩に挨拶をすませ、大漁を祈念して早速ビールを一缶飲みました。 そうこうするうちに船頭さんが買い物から帰ってき、前日の先輩方の活躍ぶりを紹介しながら、秘密基地への渡礁を薦めてくれました。前回のこともあり、かなり躊躇していましたが、「今日らあやったら絶対大丈夫よや」という大変心強い善平さんからの進言も有り、秘密基地への渡礁をお願いしました。
 渡礁後はのびた君と早々にかごの準備をして釣りを開始しましたが、暗くなるまでは全く駄目でした。
 段々暗くなり始めてきた7時30分過ぎから餌取りやらでウキにも若干の変化が現れ出し、8時前に当方が1匹目をゲット。9時頃に2匹目を追加しましたが後が続きませんでした。
 その後、10時頃に続けて2匹をつり上げ、地合の到来を感じ、意気揚々と釣っていたときでした。ポイントめがけて仕掛けを投げ入れたところ、「ガチャ」という音とともに何か海中に落としました。ライターか何かを落としたのかとポケットを確認していると、ウキがスッパと入ったので糸ふけを取ろうとリールのハンドルに手を持っていくと、何とハンドルがありません。「ガチャ」はハンドルが海中に落ちていく音だったのです。とりあえず、竿をたてて糸を手で巻こうとしましたが時既に遅く、掛かった魚は根に潜ってしまい、糸を切るしかありませんでした。
 早速、再度仕掛けをセットしチャレンジしましたが、結局朝までイサギをゲットすることは出来ませんでした。
 一方、のびた君は午前2時頃にやっと1匹目、その後45センチクラスの2匹目をゲットし、両名とも何とかイサギの顔を見ることが出来ました。
 今回は、「整備不良により地合を逃したのではないか」と後悔しております。日頃からの準備を怠ることなく、次回こそ「大漁」と帰路につきました。

【2009/08/06】
URL | メタボマン #- [ 編集 ]

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する