FC2ブログ

 

プロフィール

荒磯 又右衛門

管理人:荒磯 又右衛門
堅釣クラブ会員です。
ブログを通じて、のび太さんを応援します。

最近の記事+コメント

カテゴリー

来場者数

ぼちぼちでした 

2009/07/20 14:17 [月]
category: 連絡事項

 連続は途切れましたが、土曜日に支所までいってきました。メンバーは、ラッキョマン、癒着マン、棒ウキ名人でした。
 仮眠室でビールを飲みながら時間調整をしていると、県外ナンバーが結構来ており、管理人に電話すると11人とのこと。4人でヒトツバエをゲットしようと思ったが、棒ウキ名人が辞退したので、夕釣りがいたが、顔見知りの熱血高○底物師を加え4人で渡礁した。

 風が吹いて暑さは感じなかったが、とにかく「臭い」の一言。・・まずは、一面の腐った汚水を流して環境整備。少しましになったので、ビールを飲みながら夕釣りの見学。熱血底物師は、ドリルで穴を開けるなど準備に大忙しのようで、見ているだけで疲れてしまった。

 支所船が夕釣りを迎えにきて、「昨日は、柏島向きで釣れたぜ!!」・・既にラッキョマンが確保していた。私は、いつもの本島向きで竿を出したが、ここはビゼン向きに上りが着けばベストだが、ゆっくりと下っているようであった。
 しばらくすると、ラッキョマンが第1号をゲット。ヒラバエの方に下っているようで、連続してゲットした。棚を聞くと1本とのことで、合わせて流していると癒着マンがサバを釣り、続いてイセギをゲット。
 
 私は・・・何も音沙汰なし・・潮が替わることを期待し、ケミを点けたころにやっと第1号をゲット。後が続かず、他のメンバーも忘れた頃に拾い釣りをするのみでした。一度だけ上りが付いた時にパラパラと釣れたので、ヒトツバエは上りに分がある磯です。

 熱血底物師は、クエ狙いで、前日にヒトツバエでばらしたとの情報があり、釣ったサバやキツを心の中で釣ったら片身を期待しつつ餌に進呈しましたが、豪竿が舞い込むことはありませんでした。
 
 今回の釣果は、ラッキョマンが竿頭でしたが、あなどれないのが癒着マンで、夕まずから夜中にかけて、グジマや磯カニをしっかりと確保していました。これには、先輩のラッキョマンもマイッタとのこと。

 なに??・・棒ウキ名人の報告がない!!・・名誉のため、あえて報告は控えさせていただきます。
trackback -- |  comment (2) |  編集

この記事に対するコメント

癒着マン


 日曜日の夕食は、沖ノ島の食を堪能しました。
 まずは、これまで3~4回挑戦したものの、ゲジゲジ感が残ったり身が硬くなってしまった「グジマ」ですが、数週間前に載っていたレシピを忠実に守り、じっくり時間をかけて煮込み、甘辛く味付けしたものですが、これまでの最高の出来で、500mlの缶ビールがあっという間になくなってしまいました。
 50個ほど確保していましたので、まだ、これから夕食時に食べれるよう残しております。

 次が、磯ガ二です。
8匹ゲットしていましたので、塩茹でしたものをビールとともに食べていると、ここで女房が参戦、半分食べられてしまいました。胴回りが缶ビールの底ぐらいで小さ目ですが、味はなかなかのもので、2缶目が空いてしまい、焼酎の水割りに。

 そして、メインディッシュはイセギです。
いまや我が家の定番となっている「サラダ風のカルパッチョ」と、「ムニエル」で、とりわけ「ムニエル」の皮のところがぱりぱり感があって美味でした。
 この段階で、水割りのお代わりを繰り返し、すでに大酔い状態になってしまい、「天地人」を見ていたと思っていたら、いつの間にか寝てしまい、朝になっていました。

 唯一、残念だったのは、磯に醤油を持っていくのを忘れてしまい、釣りだてのサバを食べれなかったことです。

【2009/07/21】
URL | 癒着マン #- [ 編集 ]

べべ会長


 「グジマ」ですか?・・私も何度かチャレンジしましたがゲジゲジ感と硬くなるのが今一でした。

 癒着マンが取っている側で見ていると狩猟民族の血が騒ぎましたがじっ~と我慢でした。次回は、2代目さんのレシピがありますので再チャレンジしてみます。

 「グジマ」は2代目さん、「磯カニ」はラッキョマンの独占場でしたが競合者が出てきましたので「第二カメノテ紛争」が勃発しそうですな。

 それと、先週の夜釣りで山猿先輩に撒き餌をすると都合があり行けないが、ビヤガーデンには行くとの返事がありましたので、誰か・・・段取りませんか??

【2009/07/22】
URL | べべ会長 #- [ 編集 ]

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する