FC2ブログ

 

プロフィール

荒磯 又右衛門

管理人:荒磯 又右衛門
堅釣クラブ会員です。
ブログを通じて、のび太さんを応援します。

最近の記事+コメント

カテゴリー

来場者数

えらいこっちゃ~ 

2009/04/01 17:12 [水]
category: 現場写真

 新職場に赴任してあたふたしています。
 さっそくに、善平さんから「暇やろう!!」の嫌味な電話がありました。男の職場から女性中心の職場に替わり、喫煙者もほとんど居なく寂しい時間を過ごしています。

 新職場のお客さん第1号が「遊び人」でした。・・と言うのも善平さんの電話で、暇を持て余しているようとの事でしたから、ご機嫌伺いの電話をすると早速に来庁してくれました。

 初日から、「サボリ」をかまし、喫茶店で雑談し、帰ると辞令交付式とのことで、何とかセーフでした。
PSも旧式で立ち上がりが遅く、何とかバージョンアップしてもらいブログが覗けるようになりました。

今週は、静かに過ごす予定ですが、暇を見つけてブログの更新をしたいと思っていますがネタがないので期待しないで下さい。

               何をすべきか大悩みのべべ会長です

                  
trackback -- |  comment (3) |  編集

この記事に対するコメント

善平


まあ、初日から全て分かるような知能の持ち主が居るのなら、毎月異動がありますので、謙遜しないで下さい。

遊び人はヒマですので、何かの時には役に立ちます。
すでに小生は、田植えの準備で身体中痛くなったため、応援を要請したところ快諾をいただき、日程調整に入っています。
みなさん、遊び人は無収入ですから、雇ったら日当をだしてやってください。

本日、県庁の部長さん、副部長さん、課長さん、補佐さん、が
ごあいさつに見えられていましたが、カーさん課長は早くも商工の顔と姿勢になっていました。
困ったもんだ。
先が思いやられそうだ。
クラブ員のみなさん、力を合わせて助けてくださいね。
今度、グレかイセギを釣って、貢物にしようか、とも考えたりしています。

【2009/04/01】
URL | 善平 #- [ 編集 ]

遊び人


  あまり刺激をしたくなかったので、発言を控えてきましたが、朝から「暇」ですので、戒を破って投稿を決意しました。

 「大魚を逸した(らしい)」かたの逆鱗に触れるのが恐ろしくて、貝のように口をつぐんできましたが、退職を機に命を賭けての第3回大会優勝の報告です。30年位クラブに在籍したと思いますが、グレの部1位は初めてです。いかに下手かは明白ですが、こんな私に、しかも現役最後の大会で「優勝」という栄誉が巡ってくるとは、「天の意思」としか言いようがありません。

 そこで、当日の状況を振り返って「天の意思」を呼び寄せたいくつかの要因を探ってみます。
 まず、前日に「焼肉金沢」でビールを飲みすぎてしまい、磯に渡った後は、二日酔いで竿も出せずに横になって寝ていました。
 何とか竿が出せるようになったときには、本命ポイントは既にあいてないので、仕方なく裏側の溜まりに仕掛けを投入したところ、勝手に尾長グレが食いついてしまいました。(教訓1果報は寝て待て。)
 次は釣った後の処置についてです。メジャーで計ったら42cmくらいあり、絞めて血抜きをしてクーラーに放り込んでおきました。2cmくらいはちじむだろうと思いきや、検寸では43.5cmに伸びてました。
  一方誰か忘れましたが、競技用バッカンを使用された方も居たようですが、生かしバッカンは中でグレが泳ぎまわって運動しすぎるので、どうも「寸が縮む」ようです。最近の例では、25cm以上あった「はず」のグレが5cm以上縮んだという報告もあるようです。
(教訓2「魚は絞めるべし。競技用バッカンは使うな。」) 

 まあ、他にもあるかもしれませんがこれ以上書くと更に危険が増して、恐ろしさに手が振るいだしましたので、今日はここまでにしておきます。

【2009/04/02】
URL | 遊び人 #- [ 編集 ]

べべ会長


 新OB会員の遊び人さん。早速の投稿ありがとうございます。
 退職祝いの優勝おめでとうございます。本心は、年間大物賞もせしめたと思っているのでは??
 今回は、優勝候補の2人がボーズのため2匹最長寸で決定しますから最有力候補になってはいますが、どうでしょう??

 大会報告がなく寂しい気もします。異動のあわただしさも落ち着いてきたと思いますので、修行僧当たりから第2位の報告もあるのでは??・・と期待しています。

 私は、ウスバ1枚で寂しい・・でした。港では管理人から「軽そう~・・」と言われてしまいました。
 当日は、くじ番号が9番で支所船は、ヒトツバエ、ヒラバエと7人降ろし、次はビゼンだ~と期待すると、うねりがあり、船はウノクソへ・・やばいなあ~と思い、船頭さんへ「何人?」と聞くと「一人か2人上がって」・・との事。・・・・出た一言は・・「次は1人!!」。

 渡礁したのは、善平さんでした。ウシシの心境で後番を聞くと、 10番は清水の替え玉マンでした。船は、割り込みを決め、渡礁したのは、裸の船付きでした。風も無く最高の天気で潮も動いており期待がもてたが、釣ったのは替え玉マンでイセギの良形を含め3枚をゲットしされ、完敗でした。

【2009/04/02】
URL | べべ会長 #- [ 編集 ]

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する