FC2ブログ

 

プロフィール

荒磯 又右衛門

管理人:荒磯 又右衛門
堅釣クラブ会員です。
ブログを通じて、のび太さんを応援します。

最近の記事+コメント

カテゴリー

来場者数

スポンサーサイト 

--/--/-- --:-- [--]
category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |  comment -- |  編集

挨拶 

2012/03/30 09:20 [金]
category: 独り言

 今日が最後の勤務日となりました。
 いつものように、30数年連れ添った(連れ添ってくれた)奥さんから、「行ってらっしゃい」の一言で、今日は、愛車5963号も一緒で最後の出勤しています。
 
 特に、残務があるわけではありませんが、最後の決裁をするためとPCの私的なファイルを削除するためでございます。

 釣り関係をお気に入りに入れていましたし、当然ながらこのブログも管理していました。・・・このブログについては、会長をしていた時に、当時の事務局の又右衛門から相談され、協力するからやれ!!・・でスタートしたものです。

 その責任もあって、会長を退いた後も、なぜか?メインで管理をするはめになって・・・ズルズルと今日に至っています。会員からのアクセスも14,000件を超え結構支持されていると自画自賛してはいますが??

・・しかし、今日で現役を退くことになります。磯釣りは、体力・気力・資金力がある限り続ける所存ですが、OBとなってブログを管理することにはなりませんし、今でも、勢力分野がOB会員に集中し現役の意向が反映できない状況下ですから、せめてブログは現役が情報交流に活用してもらえばと期待しています。

・・・編集長として一言、苦言をさせてもらうと、文才のない文章ですが、反応が無いのが一番つらいものです。せっかく載せたのに、ほとんどコメントが無い(魅力のない記事かもしれませんが)・・・前は、一つの記事に多くのコメントが寄せられて、よし!!次も頑張ろう・・・と言う気持ちになったものでした。

・・と言うことで、後の管理をどうするのか??・・現役さんにお任せしたいと思っています。(最後のコメントをお願いします。)継続するならば、OB先輩として出来るだけのお手伝いをさせてもらう所存です。

 最後まで、嫌口の仕掛人ですが、こよなく磯釣りを愛し、磯釣り仲間の交流を大事にしたい気持ちを持ち続けたいと願っています。

 この記事を持って、事務所PSのファイルを削除させてもらいます。
 謝・謝・・の仕掛人からのメッセージでした。 
スポンサーサイト
trackback -- |  comment (0) |  編集

歓送迎会 

2012/03/29 10:10 [木]
category: 独り言

 昨晩は、職場の歓送迎会が開催されました。退職者は仕掛人を含め4人でした。
 壇上に上がりチーフから花束の贈呈を受けましたが、つい本音がポロリ!!・・・「若い子が良かった??」その後の懇談でバッシングを受けてしまいました。

 一人ひとりが挨拶をしましたが、ついつい思い出に話が弾み・・・長~~い挨拶をしてしまい、これまったバッシングを受けた仕掛人でした。

・・今日は二日酔いで休む予定でしたが、老体にムチ打って朝から昨晩のお礼と、お詫び行脚をするため出勤しています。
 
 「昨晩は、ありがとうさんでした」・・「要らんこと言ってごめんちゃい」・・で済ませば良いものを、「ついつい本音が出てしまい!!」・・と言ったもんで、またまたブーイング・・・皆さん「笑顔」でしたから、一安心の仕掛人です。
trackback -- |  comment (0) |  編集

アウトでした 

2012/03/25 22:53 [日]
category: 独り言

 最悪の週末でした。
 久しぶりに5963号は、奥さんと娘を連れて遅い墓参りに帰ってきました。天気予報は大風でしたから開拓した防波堤で干物グレを釣る予定で道具一式を積み込んでいました。
 土曜日に初期の目的は終了し、日曜日に6時発で防波堤へ・・・ところが北西がまともに当たり越波状態。
 諦めて、風裏となる古満目へ。ここも大風が吹きまくり出せる状態でなく完全にアウトでした。諦めきれない仕掛人は、車を走らせ樫西海岸へ、風裏を探すと、竿が出せそうな港を見つけたのが・・ここ・・でした。1時間位、竿を出したが釣れるのは10cに満たないミニコッパばかりでした。
H24,3,25(3)
・・突風で餌入れを飛ばした時点で、終了となり実家でのんびりと過ごした仕掛人です。
↓国道から実家に帰る途中の一枚です。高齢者ばかりで休耕田が多く、あまりにもみっともないので、部落で休耕田や道端に菜の花を植えていました。
H24,3,25(2)
奥に見えるのが、高規格道路ですが、この道路は毎週通っていますが、下の道は???です。4月からの5963号は、下の道路がメインロードとなり、西へ・・西へ・・となりにけり。
H24,3,25(1)
trackback -- |  comment (0) |  編集

残6日 

2012/03/23 13:14 [金]
category: 独り言

 いよいよ残り少なくなった現役仕掛人です。残すところ6日となり、一抹の寂しさが募ってまいりました。
 諸先輩が通って来た経験ですし、現役会員の皆さんもいずれ経験することとは思いますが、何かしっくりとこなく、もんもんとした気持ちで過しています。

 さっきのこと、恒例の昼寝中に又右衛門からの電話で、ラッキョマンと一緒に慰労会を段取るとのこと。ありがたや~の心境で感謝・感謝です。ラッキョマンと相談して連絡することになりました。

 今日は、そのラッキョマンと柏島の予定でしたが、天気が悪いのと、昨日、私が東洋町で会議があり出張となっていた関係もあり、中止となりました。4月からは、毎日が日曜日ですから天気を見て再釣行とします。

 昔は、良かったですねえ~・・3月は、ほとんどパス・・で、どっかえ●●に行き・・夢のような出来事であったような、エライ違いですなあ~・・3時間掛けて運転し、40分余りで終わり、3時間掛けて帰って、6時30分から会議に出席し、9時に帰宅し軽くビールを飲んでアウト・・の1日でした。

 肝心なことが抜かっていたようです。4月1日のOBデビュー戦である「旭洋杯」の参加者は8名です。まだまだ余裕がありますので、現役会員の皆さんは、参加をお願いします。その結果を踏まえ、今後のクラブ活動の発言を考えたいと思っています。な~んっちゃって!!
trackback -- |  comment (0) |  編集

イセギ 

2012/03/19 17:42 [月]
category: 食べた魚

 今日は、4月からの体調管理に慣れるため休んでいます。事務局のび太から大会結果の報告がありましたが、順位は総会までお預けのようです。3回とも釣果のあった会員は、僅差で順位が決定するのでは??・・。仕掛人予想は、本命:善平さん、対抗:棒ウキ会長では?穴にラッキョマンと替え玉が絡むのでは??

 そんなの関係ねえ!!・・の仕掛人は、大会の帰りに七子峠の豚太郎でチャンポンを食べたので、釣果とラッキョマンからくすねたイセギを刺身にして我が家で、軽く反省会をしました。
 いつもは、残った刺身はお茶漬けにして食べていますが、今回はちょっとレシピを変えてみましたので、紹介します。
 
H24,3,18
 1、イセギのアラでダシ汁を作ります(醤油、味醂、塩)
 2、小ネギを刻み、少量の茗荷とゴマを準備
 3、ご飯に刺身をのせ、ネギ、茗荷、ゴマを振りかけ、熱々のダシ汁を注ぐと出来あがりです。
※ポイントは、身が白くなるようゆっくりと注ぐことと、ゴマは多い方が風味が増します。
 イセギは、どんな料理でも美味しい魚です。5月~7月が旬ですから、今から楽しみにしています。
trackback -- |  comment (0) |  編集

大会 

2012/03/18 14:25 [日]
category: 大会

 第3回大会を島で実施しました。予想以上の荒天で何とか竿を出した程度でしたが、それでも4名の会員がサイズが不満ながらゲットし、無事本年度の大会が終了となりました。詳しくは、事務局から報告があると思います。年間優勝は、善平先輩ではないかな??・・と推察します。
 
 前日、飲み会の仕掛人は、大酔いで替え玉車に癒着マンと同乗し、支所船へ・・港で着替え中に磯ブーツを忘れたことが判明。終わったと思っていると何と替え玉が予備を持参しており、感謝・感謝の仕掛人でした。
 若干の二日酔いでクジを引くと3番。普通(まとも)ならムロに・・ちなみにクジ1番は、替え玉、2番は善平さん。替え玉が一言・・「今日は終わった」
 
 支所船は大揺れで弘瀬港へ??・・まさか??そうなんです泊り客が7人も。ムロは海中に没しカモヒメに泊りを下し、姫へ・・姫も全滅で、ダバノシタへ泊りをおろすと支所船は、母島へ・・大会組はスーパー堤防から。
 渡礁(堤)したのが4番まで、支所船で青白い顔でピクリとも動かず、半分死んでいた又右衛門でした。
H24,3,17(13)
 雨の中、最初に竿を曲げたのが、替え玉で30超のグレでした。優勝候補の善平さんには、大きなプレッシャーを掛けたことは、最大の評価です。本人も意識していたようですが、どっこい相手が悪すぎました、次に、こともなく同サイズを釣り上げたのが善平さんでした。替え玉には、強く指示(善平さんが釣ったら、掬う振りして逃がせ)していたが・・まっことプレッシャーには強い御仁ですね。
 
 復活した又右衛門は、港向きで頻繁に竿を曲げ、イセギを連釣していたが、コマサを釣り上げた時に道糸が絡んでいたようで、G社の竿先をポッキリとやってしまったようです。
 
 その間、全く異常のない仕掛人でしたが、何とかイセギの顔を見ることができて一安心でした。
 早々と弁当を食べる替え玉です。船頭さんへグレの顔は見ていると伝えると、二代目・山猿両先輩が替ってきました。
H24,3,17(12)
 早めに納竿しました二代目・山猿両先輩と一人垂れている替え玉です。
H24,3,17(11)
 善平先輩の釣果に一部です。グレは活かしバッカンに入れていましたが、意気込みが違いました。このサイズは、25以下じゃ!!・・とクレームをつけると「しゃんと測ちょう」と・・26cmありました。
H24,3,17(10)
 たいしたもんで、納竿時間になるとジョナサンが集まってきます。残ったオキアミを撒くと、あっと言う間になくなりました。
H24,3,17(9)
 帰港後の一枚です。余裕の善平先輩。意気消沈の癒着マン、なぜか笑顔の修行僧等々
H24,3,17(8)
 第1位の棒ウキ会長です。これで年間大物賞の上位に入ることが確定したようです。おめでとう!!
H24,3,17(4)
 大先輩にプレッシャーを掛けた替え玉です。ひそかに優勝を狙っていたようですが、残念でした。
H24,3,17(7)
 余裕のラッキョマンと、山猿さんですが山猿さんは、替ってきてイセギ等を釣っていました。
H24,3,17(5)
 
「ドッヤ」・・の棒ウキ会長。決して替え玉に贈呈しているのでは、ないですぞ~~
H24,3,17(3)
 この人には、似合わない笑顔です。その他の部で1位の善平さんです。魚種は「ウスバハゲ」でした。その他にも本キツやイセギを釣っていました。
H24,3,17(2)
 またまた笑顔の善平さんですが、樋口一葉さんが1枚。たばこの火を点けようとしている親子ウキ先輩と握っていたようで、完勝とのこと。長さ、枚数での勝負だったようで、道理で26cも活かしていたはずです。
 この二人の握りは、大会の名物で、親子ウキ先輩が勝ったと聞いた記憶はありません。
H24,3,17(1)
・・ということで、仕掛人の現役最後の大会も終了しました。第1回大会で1位となり密かに優勝の2文字が過りましたが、第2回のボーズで諦め、今回で完全に賞から漏れてしまいました。次は、OBの初日になる4月1日の支所船の大会がデビュー戦となります。今回の貧果で参加を躊躇する会員が心配ですが、仕掛人とラッキョマンのデビュー戦ですから、現職は、お付き合いをしてくれると信じています。
trackback -- |  comment (1) |  編集

大会 

2012/03/16 09:59 [金]
category: 連絡事項

 今日は、休みです。明日は、第3回大会ですが、仕掛人にとっては現役最後の大会となります。
 前回のボーズで優勝はあきらめましたが、飛び賞に絡むことを期待して、顔だけは見たいものです。優勝候補の筆頭は善平先輩のようで、先週末は一人で足摺に釣行し、好調を維持しているようです。

 今から、ぽかぽか温泉でリフレッシュして、明日の準備をしようと思っています。今晩は、慰労会をしてくれるとのことで、替え玉に運転手を頼み、癒着マン同乗で行くことにしています。死亡事故が多発しているため検問があるかもしれませんので十分に注意してください。
trackback -- |  comment (0) |  編集

グジマ 

2012/03/13 21:09 [火]
category: 食べた魚

 先週末の島釣行で、馬の背にはカメの手がどっさりと・・・最悪、お土産はゲットできると考えていたが、途中で田中バエに磯替りしたので、すっかりと健忘症の仕掛人でした。
 同礁のラッキョマンは、カメの手とアナゴをしっかりと確保していた。早めに納竿した仕掛人が見つけたのが、「グジマ」でした。
 このグジマは、手間暇かけて料理しないと、ただの「ゴム」になってしまいますが、二代目さんからレシピを教えてもらっていたので、取りあえず30個ほど持ち帰りました。
 料理方法は、
1、鍋に水を入れ沸騰すると火を消し、グジマを入れてそのまま冷ます。
2、殻と周辺のゲジゲジを丁寧に取る。(仕掛人は一つ一つ、爪で削ります。)まっこと、しんきくさい作業です。
  ※これをしないと、ゲジゲジが残って食感がよろしくありません。
3、包丁で、真ん中に切り身を入れ、水道で流しながら贓物を取ります。
4、いよいよ料理です。(長~~い)
  仕掛人家では、醤油、砂糖、酒の汁を作り、出来るだけの弱火で、ことこと煮込みます。(今回は2時間)
  できたのが、↓です。ビールのツマミには最高です。

H24,3,13
trackback -- |  comment (2) |  編集

沖ノ島 

2012/03/11 21:45 [日]
category: 独り言

 久しぶりの島釣行でした。相方は、ラッキョマンで天気予報では、風弱しでした。お客も少なく県外組を加え5人で出港した支所船は、一路白岩へ。
 出港時の港は、湖のごとく静寂の中に月が映し出されていました。港を出ると何か変??支所船のローリングが始まりました。揺られること40分あまり、エンジンがスローとなり外に出て見ると岬のハナは、海水シャワーを浴びておりました。
 顔を出した船頭さんへ朝のご挨拶「吹きようねえ~!!」・・答えが「誰??昨日はたいしたことはなかったに」・・左手を上げて「ハイ」と答える仕掛人がいました。
 白岩は全滅で、姫へ・・

H24,3,10(4)
 割り込みの待機中に南のハエです。空いていたので、県外組が渡礁したようです。
H24,3,10(5)
 同じくカメバエです。最初は空いていたので、勝負を賭けようか?と思案していたが後から上がりやがった。
H24,3,10(3)
 渡礁できたのが、馬の背でした。ここは、遊び人先輩の掬い玉デビューで上がった磯でした。馬の背から見た沖ノ島本島です。
H24,3,10(1)
 横の穴の口前です。
H24,3,10(2)
 弁当を配りに来た支所船です。弁当まで全く異常なしでした。この風(北の風17m)では替る磯はないので、潮が替ることを期待して続けることに。
 弁当を食べて後半戦をスタートすると、再度、支所船が来て「田中バエができそう」で急遽、磯替りとなりました。この磯は、鵜来分ですが数年前に仕掛人がドボンした磯です。
 結果は、何度かすべりかけたがセーフでした。
・・で釣果は、ここまで書けばおのずと想像できますはね・・・パーフェクト・・の完敗でございます。
trackback -- |  comment (0) |  編集

旭洋杯 

2012/03/08 13:56 [木]
category: 連絡事項

 昨日、支所管理人さんから電話がありました。恒例の旭洋杯を4月1日(日)で調整したいとのことでした。
仕掛人は、その日から毎日が日曜日の予定ですから問題はないですが、現役メンバーがどうか??・と返事を保留し、事務局の癒着マンに電話したが、忙しそうで連絡ができずでした。

 とりあえず、OBさんの様子伺いで連絡してみると5人がエントリーするみたいで4月1日で本決まりとなりました。詳しくは、支所船HPで案内がありますが、次のとおり連絡します。今回は、一人でもOKですから、参加希望者は仕掛人まで連絡をしてください。

・開催日:平成24年4月1日(日)ノコ廻り
・参加費:12,000円じゃと思う(笑)・・弁当、ボイル2枚付きじゃと思う(笑)
・集合時間:抽選が4時30分じゃき~それまでに(当てにならんき・・早めに)



 
trackback -- |  comment (0) |  編集

白子 

2012/03/05 16:39 [月]
category: 食べた魚

 昼ごろに携帯が鳴りました。相手は、2年前に退職した先輩ですが、一瞬ドッキとした仕掛人です。この年齢になると、知り合いや身内の不幸の連絡がありますので、てっきり何かあったのかと勘ぐってしまいました。

・・ところが、何ちゅうことはなく「昨日、グレを貰って腹を裂くと白い塊が出たが食えるか?」それだけで数年ぶりの電話とは!!呆れて「食えん!!捨て!!」と言いたかったが優しい仕掛人です。白子のレシピをお知らせしました。
仕掛人は、1.白子を湯がいてポン酢に七味とネギを散らす。2.白子に塩・コショウをふり小麦粉(米粉)を薄くまぶして、油で揚げる。3.アラと白子を入れて味噌汁にする、で食卓を賑わしていますが、確実にビールや焼酎が進みます。

 久々の食魚コーナーですが、会員の皆さんは白子料理はどうしていますか?臓物料理の権威の二代目・善平両先輩あたりのコメントを期待しています。
trackback -- |  comment (1) |  編集

ポイント探し 

2012/03/04 14:51 [日]
category: 独り言

 翌朝6時に5963号は、取りあえず西に進路を取り、候補地の一つの漁港へ出発。途中のコンビニで朝飯を調達し7時前に某漁港の防波堤に到着。
 既に、竿を出している人がいたが、挨拶後近くで竿を出すことに、ここは、駐車場から歩いて数分の所です。北西が真面に当たるので、冬場は厳しいかも・・・
H24,3,3(3)
 先端部で地元の方が竿を出していたので、情報収集を・・グレは良型が結構見えているとのことです。仕掛人も竿を出していると隣で釣っていた人が「今日は潮が悪いのか全然見えん」とのことで早めに帰ってしまった。
 先端は、カゴ釣りをしていたが、良型のヘダイを3枚釣っていた。ひょっとして夜釣りが有望では??と脳裏をよぎりタナを聞くと、すぐ前の航路で水深が30mあるとのことで、タナは20m位とのこと(竿4~5本)。
H24,3,3(2)
防波堤の高さも3m位で足場も良く有力なポイントになります。釣れたのは小長でしたが潮が良いと40~のグレが見えるとの情報ですし、何よりも水深があるので4月下旬から夜釣りに最有力な場所では?とインプットした仕掛人です。グレは、大潮廻りで再チャレンジしてみようと思っています。
 沖向きに潮が出るのがベストのようです。小割のブイ近くに流れたウキが「ズボ」・と・たまりませんぞ!
H24,3,3(1)
trackback -- |  comment (0) |  編集

貸切とは!! 

2012/03/03 19:10 [土]
category: 独り言

 2日(金)またまた柏島へ行ってきました。相方はラッキョマンです。
 前日に、南のウネリが残るし北西が強いので上がれる磯は、限られるとのことで覚悟を決めて5963号は3時発。宿毛でラッキョマンの車に乗り換え一路柏島へ。(2車線でまっこと近くなったもんです)
 柏島に着くと何か変??・・平日とは言え車は無し!!出港時間になっても他の渡船はそのまま??。何と釣り人は我々2人のみ。柏島すべて貸切となりました。
・・で渡礁できたのが、2度目となるロッククライミングの幸島の東ノハナでした。
朝方は、雨でしたが準備をする頃には朝日が見えて、北西の風も予想ほどではなかったような
H24,3,2(1)
名礁ムロバエ群礁です。誰も渡礁していません。カモメが歓迎してくれたようです・・・
H24,3,2(6)
仕掛人が準備中に竿を出していたラッキョマンですが、数投目に初ヒット。数度の締め込みも難なくかわすと、浮いてきたのが良型のグレでした。掬いに行ったが足元は雨で濡れ、6mの掬い玉がやっと届く高さで、揚句にウネリがあり、何度も掬いそこねラッキョマンの鋭い視線を感じつつ何とか掬うことができた。
 
 その後、仕掛人も同型のグレがヒットし、今度はラッキョマンが掬う番で、同じようにアタフタしながら、何とか掬うことができた。どっちかがバラシていたら険悪なムードになっていたかも??
H24,3,2(2)
その後は、ラッキョマンの独壇場で、ご覧の通り・・・数投ごとに・ギューン・・ドラッグがジャー・・の連続でした。
H24,3,2(3)
ラッキョマンとの約束で、グレとイセギ以外は掬わないことにしていました。私が掬ったのは1回で、ラッキョマンは、2回で終了しました。
・・・ほなら、こいつは??・・・そうなんです!!全てサンタ大魔神でした。釣りも釣ったり20回以上は竿を曲げていましたぞ!!
H24,3,2(4)
・・で仕掛人の釣果です。寂しい限りですがグレは45、イセギは42ありました。それと肝!!パンパンでその晩は、実家で肝の刺身とグレの白子の味噌汁でビールがすすみました。せっかく実家に帰ったので連チャンを考えましたが、島はお客が多く、早めに帰る必要があったのと、又4月から安く行けるポイント探しをすることにして残った餌を持ち帰りました。
H24,3,2(5)
trackback -- |  comment (0) |  編集

明日は 

2012/03/01 16:59 [木]
category: 独り言

 明日~・・休みで~す。3日前に、柏島か島へ行く予定で取っていましたが、明日はいつもの天気のようです。
 明日、支所船は??・・・出ません(休みで~す)明後日は、20人程いるみたいです。日曜日の三ノ瀬は、数名の予約みたいで~す。

 ・・が、日曜日の仕掛人は、奥さんに首根っこを抑えられ留守番を仰せつかっています。友人とお遊び見たいです。言い方が気に入らん・・・「毎週のお遊びの人に年数回のお遊びに文句は言われたく無い」・・じゃとお!!

 せっかくの休みを粗大ゴミで過す気はありませんので、幡多のお友達へ連絡すると、お友達も計画休暇を取っていました。・・・なはは!!・・で行ってきますか??・・・ただ、南のウネリが付くみたいで上がれる磯は、限定されるみたいです。
 
trackback -- |  comment (0) |  編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。