FC2ブログ

 

プロフィール

荒磯 又右衛門

管理人:荒磯 又右衛門
堅釣クラブ会員です。
ブログを通じて、のび太さんを応援します。

最近の記事+コメント

カテゴリー

来場者数

パソコンが 

2011/12/26 09:06 [月]
category: 独り言

 3連休に島まで釣行してきました。日曜日にブログを・・と思いで写真を掲示・・・がPCが言うことを聞かなくなってしまい、・・しばらく入院となってしまいました。

 次男坊にはブツブツ言われるし、この際、専用のPCを買おうか・・と考えている仕掛人です。そんなこんなで取り合えずレポートします。

 当日は、泊20人が居て、それにクラブ員が6名、その他3名?で支所船は、ウハウハの大盛況でした。メンバーは、前日の6時過ぎには、いつもの焼き肉店で爆釣祈願をし2次会は支所船で・・・9時過ぎには

 天気は??・・・言うまでも無く北西の風14m・・想定内で泊を二並に下し、ヒトツバエ~大小に割り込と相成った。大小に近づくと早速に動いた善平先輩が、遊び人先輩とキリモチに渡礁。(二人は泊)急いで船頭さんへ空いていればセリワリを希望。・・支所船が近づくとセリワリの前に一人・・セリワリは?・・居ない!!・・で癒着マンと渡礁と相成りました。残った二代目先輩と棒ウキ会長は、大小の船着きに渡礁となりました。

 風裏と言え、強烈な突風が巻き込む中で準備をして大小向きに竿を出した2人でしたが、足元は餌取りが乱舞しており、潮はほとんど動いていなく厳しい釣りとなってしまいました。癒着マンは船着きに移動して、正面から風を受けて、竿を出していました。・・・・結果は、取りあえず本命の顔は見た程度でした。

 当日の泊を弘瀬に下し、港に帰ると雲行きが怪しく、・・・佐賀から窪川に入ると、雨が雪に変わり、泊の両先輩を心配しながら帰途につきました。

 PCが直れば、更新をしますが、本年はこのままかもしれません。それと、昨日から悪寒があり関節が痛くなってきておりヤバイ雰囲気となっていますので、早めの仕事納めをして年末・年始に備えるかも??・・です。

スポンサーサイト



trackback -- |  comment (1) |  編集

3連休 

2011/12/22 13:31 [木]
category: 独り言

 明日から3連休です。今さらクリスマスイブなんか!!・・で、天気予報を覗くと、23日~25日の間は、島は大風予想です。
 管理人さんに電話してみると23日の泊は20人とのことで、24日の二並は厳しい予想であり悩んだが、25日も北西が強い予想の為、一番ましな24日に棒ウキ会長さんへ相乗りとなりました。

・・・誠に申し訳ありませんが、風・波男が見参しますので、十分に安全確保でお願いします。特に25日は、要注意です。
trackback -- |  comment (0) |  編集

また沖ノ島 

2011/12/18 22:14 [日]
category: 独り言

 土曜日に二代目さんからお誘いがありましたが、金曜日が現役最後の忘年会のためお断りしていました。
 予想通り、土曜日は朝からオエーの連続で、粗大ゴミで過ごしていましたが、午後からサウナで汗を流すと、ムラムラと病気が起こりだし・・・ラッキョマンと釣行と相成りました。
 支所船は大会があり、25人位とのことで2台分の駐車場を確保するため、午後8時発で5963号は出発し、10時過ぎには支所隣の銀行Pで爆釣祈願をし、今回は、寝袋持参の仕掛人でした。
 大会組みを随時下ろし、船頭さんに呼ばれ渡礁したのは大小のスベリです。名前のごとく前下がりで年寄りには厳しい磯です。(足はパンパンとなってしまいました) 
H23,12,18(3)
 ラッキョマンは、スベリから降りた本島寄りで竿を出しました。今回は、恒例の朝日はありません。
 最初に竿を曲げたのは、ラッキョマンで第1号はイセギでした。連続でイセギと本日唯一の口ブーをゲット。仕掛人はと言いますと、第1投でハリスと道糸がグチャクチャに仕掛を作り直し中で、かなりあせっておりました。
H23,12,18(2)
 大小西に上がった大会組ですが、数年前の大会で仕掛人が落ちたドボンバエです。そこそこ竿は曲がっていたようでした。
H23,12,18(4)
 弁当船で他の渡船がおろした釣り人です。弁当を食べ、しばらく竿を出していましたが、いつの間にかでした。
H23,12,18(5)
 仕掛人の第1号です。仕掛を作り直し再スタートをしたが、潮は手前に来るし、撒き餌も手前で、しばし我慢の釣りとなったが、サラシが沖に流れる場所があったので、撒き餌を集中させ、ウキ止めなしのスルスルで流すと、綺麗な浮き入れで釣れたのがこいつでした。ラッキョマンは磯際でコンスタントに釣っていたが、仕掛人は沖に流れる潮に入れながら釣りました。
H23,12,18(1)
 納竿後のラッキョマンです。いつものことですが、転んでもタダでは起きません。
H23,12,18(6)
・・・で今晩の晩酌のアテとして、しっかりとカメノテをゲットしていました。
H23,12,18(7)
・・・で仕掛人の釣果ですが、本命は完敗でしたが、美味しいお土産は確保できました。ラッキョマンも8枚を数えていました。
 今回は、○ボーでしたがイセギを9枚ゲットしましたので良しとしておきます。今晩はイセギづくしの晩餐会です。
H23,12,18(8)
trackback -- |  comment (3) |  編集

沖の島 

2011/12/15 14:27 [木]
category: 独り言

 14日は、日曜出勤の振替休日でした。前日に事務所で餅つきして肩・腰に違和感のある仕掛人ですが、支所船に連絡すると、出船するとのことで5963号は、またもや一人旅。・・
 当日は、3人の客+泊客・・磯は三ノ瀬・・心配の風は北の風5m・・泊を2番の裏に下し、顔を出した船頭さんと目が合い「2番表かまん?」・・ですんなりと渡礁。
 めったに上がれない磯でルンルン気分で準備し、いつもの朝日を
 
H23,12,14(1)
 仕掛人のポイントです。先端まで行けるベストポジションでした。仕掛は尾長を想定してハリス2.5号、ハリ6号、二ヒロの親子ウキでスタート。ルンルンで撒き餌を打つ・・・ん??・・一面にウスバ?いんにゃ~ソウジハゲの群れ!!当たりウキに微妙なアタリ。シャクルと・・すっぽ抜け??、ハリスがヒラヒラ??
 なな何と・・ハリが無い!!。ハリを付けて再度流す・・・同じあたり・・ハリスヒラヒラ・・・以下同文。意気消沈の仕掛人が居ました。弁当船にはまだ時間があるし、ボートしながら姫島を見ると、おりました支所船が!!急いでHELPの電話。・・・名磯三ノ瀬2番の滞在時間は、2時間弱で、買ったばかりの寒グレ6号ハリ1袋をロスでした。
H23,12,14(2)
 磯替りしたのがここ。白岩のハツフクでございます。ハツフクから見た本島です。この時ちょっとしたハプニングが、支所船が着けたので急いでクーラー、バッカン、竿ケースを上げて、ほっと一息入れていると、支所船はそのまま??・・船頭さんがマイクで「仕掛人さん・・竿は??」・・で忘れ物が判明した次第です。ナハハハ!!
H23,12,14(4)
↓2回目のポイントです。陸寄りで沖にあるシモリ周辺がベストです。それと一段下で本島向きです。ハリスを1.85号に落とし、2袋目のハリ6号再最スタート。
 潮は、ゆっくりと動いているが、このころからいつもの北西が吹き出して、飛ばしウキも0号とし沈ませながらの釣りとなった。
H23,12,14(5)
 30分もしないうちに、これです。何もいりません感謝感謝のピーナッツ。船頭さんが顔を出し「どう?」・・さすがの仕掛人も「替る!!」では無く「ここで頑張る」
H23,12,14(6)
 弁当を食べ、少し磯を休ませて、仕切り直し。潮が引いてきてシモリが見えだしたころ、当たりウキが微妙に沈み、竿を立てると、・・グーーン・と乗ってきて、磯際でそこそこのしめこみがあったが、浮いてきたのが35前後の本命の口ブーでした。まっこと、この時季にしては、当たりが細く、集中力がいります。
 
H23,12,14(3)
・・で、釣果は、同クラスの口ブーを6枚と肝でパンパンのカワハギ1枚で終了となりました。今シーズンは、単独釣行が多くて往復が心配ですが、滋養強壮剤を飲んで、気楽に釣行することにしていますが、一緒に行けるときは同行しますので、連絡を頼みます。昨晩は、肝あえで刺身を食したが、・・これは「絶品」でございます。
 
H23,12,14(7)
trackback -- |  comment (0) |  編集

志和で 

2011/12/12 11:45 [月]
category: 独り言

 志和へ癒着マンと釣行しました。朝4時に出発し、途中コンビニで、矢井賀でを済まして、5時過ぎには志和着でした。(まっこと楽になりました)
 ここのシステムは変っています。早いもの順で船頭が入る入口から順番で待機し、上がりたい磯を告げることになっています。とりあえず、来ていることをアピールした仕掛人は、車内で爆釣祈願。6時前に順列で6番目に並び待機。希望磯は、コーデの平バエか気になっていたブンキチ。・・・・でコーデは先に取られたので、ブンキチに決定。

 渡礁したブンキチからの朝日です。ベタ凪でしたが結構な風が回り込んでいました。ここは湾奥ですから潮の動きも少なく釣れても口ブーの磯です。
H23,12,10(1)
 西側の興津向きです。横にマルバエがあり、遠くに上がりたかったコーデの平バエが見えます。
H23,12,10(2)
 東向きです。遠くに名磯クロハエが・・・左がコグロです。
H23,12,10(3)
 仕掛人のポイントです。マルバエ向きに竿を出しました。先っぽにある磯は、潮が引くと渡れます。
H23,12,10(4)
 同磯の癒着マンです。東向きで竿を出しましたが、コッパにもてあそばれ、弁当船で居なくなりました。
H23,12,10(5)
 仕掛人は、ハリス1.6号、ハリ5号、タナ2ヒロの親子ウキで第1投・・・潮は、ゆっくりとマルバエとの間を陸向きに流れていた。当りウキを消しこむのは、手のひらサイズの小長ばかり。全てお帰り願っていると、潮がマルバエ向きに流れだし、今までと違った引きで磯際でちょっとだけ抵抗してくれたのが↓・・でなくて30弱のシマアジでした。これはお土産でキープ。
 ↓・・・で次にウキを消しこんで、そこそこの抵抗をしてくれた本命です。35の口ブーでした。癒着マンも並んで竿を出しましたが、相変わらずコッパのオンパレード・・・それもサイズが小さくなってきました。弁当船までに1枚追加した仕掛人は、磯替りをパスして釣ることに。
 
H23,12,10(6)
↓くろはえ丸の弁当です。600円也・・・まいど!!
H23,12,10(7)
↓弁当後、睡魔に襲われ、1時間程度爆睡した仕掛人は潮が引いた先っぽに移動して後半戦をスタートしたが、どこに投げても、コッパ・こっぱ、撒き餌の下には、そこそこのグレは見えているが、餌が届くまでには至らず、仕掛人の少ない引出しでは、完全にお手上げでした。・・・・もう少し水温が下がれば期待できますぞ~~
 で同じサイズのシマアジを追加し、これで納竿となりました。・・・相方は??・顔は見たようです。
H23,12,10(8)
↓くろはえ丸です。電話では愛想のない船頭のイメージがありますが、話をすると気さくな船頭さんです。

H23,12,10(9)
trackback -- |  comment (0) |  編集

仕事ざんす 

2011/12/11 11:26 [日]
category: 独り言

 今日は、年に数回あるかないかの日曜出勤でお仕事中です。
 馴染みが薄いかもしれませんが、唇裂・口蓋裂がある児童・生徒に対し、その分野では有名な県外の医師4名をお招きし、県内医師等を含めた15名で診察や療育相談を行っています。年1回の開催で、今年は55人が受診予定。

・・・で、仕掛人はスタッフの一人で、一人寂しく座っています。何もすることがありません・・とほほの心境ですが、何かあると責任がありますから、時々診察室等を見回っています。

昨日は、癒着マンのたっての頼み(今回は、止めちょき・・と言ったが、どうも一人でも行く雰囲気)で支所に電話・・すると延期になっていた釣り具店の大会で・・ほんまに止めちょき!!になってしまいました。

島は止めたが、今度は仕掛人がメラメラと燃えあがり(すんません病気です)、ただ、その晩に懇親会を予定しており、間に合わすために、近場でもとなって、1年ぶりに志和まで行ってきました。

・・・果たして、結果は??・・・続く・・・
trackback -- |  comment (0) |  編集

沖の島 

2011/12/06 11:23 [火]
category: 独り言

 沖の島一人旅・・・の前に、昨晩、癒着マンから電話があり、早めの処置で大事に至らなかったたそうです。
 支所の管理人さんも心配していましたが、安心してください。心配をよそに今週末は大丈夫ですが??・と、のたまいやがって、「バカタレ!!」・・と言ってはいますが、予約があれば断ることをお勧めします。

・・と言うことで一人旅の報告です。昨晩、自宅で写真を貼り付け、事務所で暇な時間に・・て・これはヤバイ?
ちょっとだけヨ・・・

↓恒例の朝日です。割り込みで渡礁したので水平線から上がってしまっていますが心が洗われ、「ヨッシャ!!」の気分となります。 
H23,12,4(1)

↓朝日に映えるカガリバです。2人の底物師が渡礁していました。ここも何度かあがりましたが、船着きの沖にシモリがあり、そこまで流れると・・グー・・ですね。
H23,12,4(2)

↓仕掛人の渡礁したヌクモリのポイントです。船着きから奥側の高場です。船頭さんが勧めてくれました。
 仕掛けは、期待を込めてハリス2.25号、ハリ6号でタナ2ヒロの太めでスタート。・・・が、つっかかってくる潮で、磯際の釣りとなってしまい。即、船着きに移動してサラシに撒き餌を乗せて沖に流すと竿をひったくるあたりで、第1号は、30にとどかない小ナガ君でした。孫が好きとか近所のおばさんが干物が好きとかでキープする御仁もいますが、涙をのんでリリースした仕掛人です。(後で奥さんに叱られました)
H23,12,4(3)

支所船の弁当です。いつものピーナッツの煮物があり、大・大・感謝でござります。これさえあれば、何にも言わない仕掛人です。
H23,12,4(4)
↓船着きのポイントです。弁当後、再度、高場で竿を出しましたが、釣れるのはコッパばかりでした。しばらくは我慢の釣りでしたが、少しだけ潮が沖向きに流れだした??・・・で船着きに戻って、仕掛けをハリス1.85号と細くし、ウキを沈ませながら竿先であたりを取る釣法で流すと・・・パリパリと道糸が走り、
H23,12,4(7)
・・・釣れたのが、30チョイの小ナガ君でした。
H23,12,4(5)
・・・同じように流すと、今度は、同サイズの口ブー君でした。何とかサイズアップを・・と頑張ってはみましたが、残念ながらサイズアップとはならず、4枚で終了となりました。
 サイズ的には不満がありますが、久しぶりの島でしたから気分転換になりました。
H23,12,4(6)
trackback -- |  comment (2) |  編集

一人旅 

2011/12/05 14:10 [月]
category: 独り言

 12月に入り、本格的なフカセシーズンになってきましたが、第1回の大会は悪天候のため延期となってしまいました。
 入れ込み過ぎの仕掛人は、金曜日に休みを取って準備はバッチリ。・・・後は餌を買うのみ!!・・気になって天気予報を覗くと、波4m~3m、風南東~北西・・・どこっちゃあ~ないじゃんか・・で支所管理人さんへ電話

 船頭さんのかなり厳しいのではとの返事で安全第一で延期の2文字・・事務局の「のび太」に連絡し、延期と相成りました。

 それでも治まらない仕掛人は、片端しから電話し日曜日の釣行を画策。癒着マンをゲットできたが、土曜日に急病とのことで単独釣行となってしまいました。管理人さんへ減の連絡をすると、福の神伝説は健在で、4人が8人となっており・・一安心。

 当日、愛車5963号は、AM2:15発で高速を走って、・・・支所船着がAM4:00ジャストでした。支所船で安全祈願をして、ウトウト・・支所船はムロ廻り、・・が予想通り北西の風13m・・でアウト!!南側のウモレと大ナダレに下し、割り込みで空いていたヌクモリへ渡礁。結果は、30~35までの小ナガと口ブーを4枚で島のスタートが切れました。
trackback -- |  comment (0) |  編集