FC2ブログ

 

プロフィール

荒磯 又右衛門

管理人:荒磯 又右衛門
堅釣クラブ会員です。
ブログを通じて、のび太さんを応援します。

最近の記事+コメント

カテゴリー

来場者数

スポンサーサイト 

--/--/-- --:-- [--]
category: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |  comment -- |  編集

5mmでトホホ 

2011/10/24 14:43 [月]
category: 連絡事項

 ≪・・・続き≫
 港に帰り着替えを済ませて険寸を待っている会員です。釣果のあった者は、期待を胸にジャブの応酬がありました。グレがメインですがサイズが今一の情報だったので、様子見でいたところ、癒着マンが私のクーラーを覗き、「ニヤ」・・と笑ったような??ヤバイ雰囲気が漂いはじめています。
H23,10,23(9)jpg
 支所の管理人さんです。風邪をひいたそうでハスキーボイスになっていましたが、お大事に・・朝喉がヤリヤリするのは気のせいでしょうか??
H23,10,23(11)jpg
 船頭さんと管理人さんとのツーショットですが、「お父さん、今日は儲けたね・・」「まっことそうじゃねえ~・・」てな話が聞こえてきます。横のお邪魔虫は、熱血底物師のT○君です。フカセでイシダイを狙って参加したとのこと?。相方の方がハリス6号でグレを釣った!!・・と言っていましたから、まんざら「ホラ」では無いようです。
 T○さんはブログを覗いておられるとのことで感謝です。コメントもよろしく期待していますぞ~
H23,10,23(12)jpg
 険寸が始まり、まずはメインのグレの部です。・・・が誰も出す気配はありません。そこでイセギの険寸に移ると結構な方が釣っていたようで出るは・・出るは。メンバーも出しましたが1位は、香川の今○さんでした。
 
 再度、グレの部に移ると一人尾長を出しましたが、30cmに届かず・・残念。「よ~し、気は熟した」と仕掛人が出すと・・・船頭さんが険寸し【36cm】と告げる。それを聞いた管理人さんが【誰??】・・船頭さん【仕掛人さん】・・管理人さんがハスキーボイスで【エエ!!??】じゃっと~・・・
 
 そこで動いた不気味な癒着マン。クーラーから出したグレを険寸台に乗せ・・・・船頭さん【35cm】ナハハハ
がっくりの癒着マンがいました。
 
 おもむろに動き出した唯一心配なラッキョマン。険寸台に乗せ船頭さんが険寸、横目で見ると微妙!!船頭さんが【36.5cm】・と告げる。・・・これこそ【エエ・・??】の仕掛人でした。
↓グレの部1位のラッキョマンです。夜釣りでイセギの最長寸47cmで無料渡船券もゲットしやがって!!
H23,10,23(18)jpg
↓5mmで泣いた仕掛人がいました。見て!!・・かわいそうでしょう・・ウルウル
H23,10,23(15)jpg
↓その他でワカナ45cmで1位となった棒ウキ会長です。このショットはお楽しみ抽選で、二代目さんとビールが当たった時の一枚です。
H23,10,23(20)jpg
↓これも、お楽しみ抽選で無料渡船券をゲットした癒着マンです。修行僧とのペアーでクワンバエに上がり、唯一のグレが1cm違いで3位(賞金・・・なし)とは
H23,10,23(22)jpg
↓これも抽選で、支所船のTシャツセットをゲットした、山猿・親子ウキ両先輩ペアーです。
H23,10,23(21)jpg
↓まだまだ続きます。磯釣りセンターからの無料ボイル券が当たった、替え玉ペアーの漁○君です。
H23,10,23(19)jpg
 今回は、えらいこっちゃの結果になってしまいました。グレは独占。その他の部も会長が1位。そしてお楽しみ抽選も、用意していた6品目のうち4品目をクラブ会員がゲット。お楽しみ抽選に漏れたのは、仕掛人ペアーだけでしたが、これ以上取ってしまうと出入り禁止となってしまいそうでしたから良しとします。
↓そして、これが賞金○万円のグレと池○Jrから頂いたイセギの盛合せです。美味かったと言いたいですが、気分的に少し苦い味がしたのは仕掛人だけで、家族全員からは大好評でした。
H23,10,23(23)jpg
スポンサーサイト
trackback -- |  comment (0) |  編集

支所船大会 

2011/10/23 22:33 [日]
category: 大会

 支所船主催の大会に5組10人のメンバーが参加してきました。前日は暴風雨で心配しましたが、何とか竿は出せました。癒着マン、修行僧と仮眠所で爆釣祈願をし、若干焼酎が残る中でクジを引くと4番でした。総勢14組の参加者がいましたが、その中には池○Jrやフカセでイシダイを狙って熱血底物師もいました??。支所船は、北西の風15mの中、大小に向けて出船。
 私は、ラッキョマンとペアーでした。最初にチョボに着けると思っていたら、船頭さんがクジ1番の山猿・親子ウキ先輩ペアーに「チョボか船着きかでどうします?」・・山猿さんは、即答で「船着き」。・・で2番がチョボ、3番がセリワリの前、・・で私達がセリワリへ渡礁とあいなりました。
 セリワリから見た朝日です。今までは夕日でしたが今回から朝日となります。
H23,10,23(1)jpg
 セリワリのポイントです。北西が強く船着きでは無理でしたし、実績がある大小向きに竿をだしました。全体的に浅く、前に磯があるため潮の動きもなく、ちょっと早いような気がしたが、2人並んで2ヒロでスタート。
H23,10,23(2)jpg
 第1投で浮き入れがあり第1号はギンウゴイ、2投目でギンウゴイ・・予想通りの餌取りのオンパレード。最初に本命をゲットしたのは、ラッキョマンで幸先の良いスタートでした。
 私は、一段低い沖向きに移動して、サラシのなかで本命を抜き上げることができました。
H23,10,23(3)jpg
 大小船着きで竿をだしている山猿先輩??・・だと思いますが、とにかく北西がビューついており厳しい釣りだったと思います。
H23,10,23(4)jpg
↓久々の支所船の弁当です。弁当船までに仕掛人1枚、ラッキョマン2枚で船頭さん曰く、どこも顔は見ているようだが、サイズは30前後みたいとのことで、ひょっとして・・の期待が膨らみましたが、目指すはサイズアップで、弁当もそこそこに竿を振り続けましたが、弁当船後は、餌も落ちなくなり棚も頻繁に変えたりしましたが、ラッキョマンが1枚追加したのみで初フカセは納竿となりました。
H23,10,23(5)jpg
 相方のラッキョマンは、グレ3枚でしたが、頻繁に竿を曲げ、サンタや黄ブーの化物と戯れていました。
H23,10,23(7)jpg
 ラッキョマンの釣果です。サイズは仕掛人と同じ位のようでしたが、頭数では完敗でした。 
H23,10,23(8)jpg
 仕掛人の唯一の本命です。サイズ的には不満でしたが、何とか顔を見たので良しとしておきます。
H23,10,23(6)jpg
 いよいよ、港に帰っての険寸ですが、この時点では、ほんの少しだけ淡い期待はしていましたが、ラッキョマンと比較しても微妙に???・・・のようでしたから、何とかクジで景品をゲットできればと思っていました。
 ・・・その結果については、後半に続く・・・・眠たいぞ~~!! 
trackback -- |  comment (0) |  編集

大会 

2011/10/21 15:58 [金]
category: 連絡事項

 支所船の大会ですが、先ほど管理人さんへ電話してみました。
 当日の波予想は、2mとのことですから大丈夫では??・・とのことですが、最終判断を明日(22日)のお昼にするそうです。

 予定どうり開催となれば、連絡は「なし」としましたので、2時頃までに、参加者に連絡がなければ開催することとします。仕掛人は、5時30分発で仮眠室か支所船で爆釣祈願をする予定です。

 会員の皆さん、道中は十分に気をつけて来てください。特に久礼坂の第二追い越しレーンから300m位上ったトンネルの出口は、要注意ですぞ!!数年前に19,000円が飛んで行きました。
trackback -- |  comment (0) |  編集

支所船大会 

2011/10/19 15:21 [水]
category: 連絡事項

 10月23日(日)に開催する支所船主催の大会に5組10人がエントリーしています。今回は、ペアーでの参加になりますので、ペアーと配車を勝手に決め、連絡をお願いしています。私は、ラッキョマンと組みました。

 今回は、安全パイの善平・遊び人両先輩がどう言う訳か不参加となっています。支所管理人さんも「大御所は来ないのですか??」・・と心配していました。

 ぼちぼちグレの情報も聞こえてきつつありますので、気持ちをリセットして臨みたいと思っています。予定では前日に入って、仮眠室か支所船で爆釣祈願をするつもりでいます。ラッキョマンは4時30分までに来てよ!!。

 それと、参加費ですが、ボイル2枚付いて11,500円に会費1,000円を徴収しますので、それぞれ準備をしておいて下さい。

・・・・くれぐれも、ドタキャンは無し!!・・・ですよ。仕掛人からの連絡事項でした。
    
trackback -- |  comment (0) |  編集

精算 

2011/10/16 19:01 [日]
category: 独り言

 朝から夜釣りの道具を仕舞うため大忙しでした。ロッドケースとバックは水洗いし、チャックが錆びないようオイルスプレーを、竿も水洗い後、干してスプレーをかけて保管。替わりにフカセ用として、ロッドケースやライフジャケット、リール等も準備完了・・・で来週の「旭洋杯」を待つのみとなりました。

 何か中途半端で夜釣りが終わってしまい、週末までには、フカセモードに切り替えるつもりですが、取り合えず今シーズンの夜釣りを振り返ってみます。5月2日の姫島千畳からスタートした夜釣りは、延べ13回の釣行で、イセギ102枚の釣果となりました。アベレージは7.8枚ですから、今シーズンは納得です。

 ただ、8月は1回、9月は2回しか行けず、消化不良気味ですが、天気には勝てませんね!!夜釣りは、体力勝負ですが、体力・気力の低下を自覚した仕掛人ですから、来シーズンはどうなることやら・・・後、何年夜釣りができるのか心配です。

 
trackback -- |  comment (0) |  編集

アウトでした 

2011/10/15 17:01 [土]
category: 独り言

 昨晩は、台風並みの豪雨の中、職場の新和会行事でイタリアンの食事会に参加しました。男性は2人だけで喫煙者は仕掛人のみで肩身の狭い食事会で挙句に飲み物はビールとワインじゃと!!それも飲み物は自前で支払い。

 ビールも外国製でワインの味なんか???・・・で早々に引き上げた仕掛人でした。朝6時過ぎには起きて、ギンナンを拾いに行き、バケツ満杯収穫し7時過ぎに支所管理人へ電話。

 折り返し、船頭さんからの電話では、白岩は大波・・・ヒトツバエは海の中・・どこっちゃあ~ないぜ!!との返事で、予想通り「アウト」でした。これで今シーズンの夜釣りは、終了となってしまいました。今シーズンは、何とか二桁釣果もあって納得の仕掛人ですから、明日は、道具を整理して来シーズンに備えることにします。
trackback -- |  comment (0) |  編集

明日は微妙 

2011/10/14 13:15 [金]
category: 独り言

 明日、島で最後の夜釣りを予定していたが、天気が微妙となっています。どうも低気圧が通過するため南西が吹き予定の白岩廻りでは、厳しいのではとの予想。

 せっかく善平先輩が段どりをしてもらったが、こればっかりはどうしょうもない!!・・最終判断は、明日の朝に支所へ電話して決定することに。竿が出せるとすれば、裸からウチガシラ辺りかな??・・・情報がないき有終の美が飾れるか・・・これも微妙かな!!
trackback -- |  comment (0) |  編集

干物&刺身 

2011/10/10 18:53 [月]
category: 独り言

 釣果のイセギは、ご近所に配ると大変喜んでもらいました。また、久しく食していないと思われた、カーサンと北やんにもお裾分けして、残りは刺身と冷凍保存としています。
 本来は、奥さんに一部頼むところ京都に日帰り旅行で不在のため、全て処理をするはめに。・・・でイセギ以外は、サバ・とハリメがいましたので干物に加工。本来ハリメは、味噌汁の具ですが、癒着マン推薦の干物に加工。

↓サバ&ハリメの干物です。サバは、3枚におろし、ハリメは頭とハラワタを取り、濃い目の塩水(塩は絶対「伯方の塩」)に2時間漬けます。(今回は失敗かな?、2時間の予定が爆睡してしまい3時間漬けちゃいました)
H23,10,10(1)
↓イセギの刺身です。本来は日曜日に食する予定が、奥さん不在のため今晩に持ち越ししたが冷蔵庫にハラワタを取って寝かしていました。身は柔らかになっていますが、甘み成分が出ていますのでビールが進むと思われます。
 今から食事です。・・・・それでは。・・・・明日の朝食は、ハリメの干物・・・楽しみです!!
H23,10,10(2)
trackback -- |  comment (0) |  編集

4度目のチャレンジで!! 

2011/10/09 22:02 [日]
category: 独り言

 またまた島の夜釣りへ・・・総勢7人のメンバーが集まりました。お腹の具合が今一の仕掛人が別行動で、残りは、いつもの焼肉店で爆釣祈願。合流すると既に磯割りが決定とのこと。相方の癒着マンはOB先輩の圧力になすすべもなく撃沈のよう・・・実は冗談のようで、やっとこさ岬のハナへ上がれる権利が!!結果的には、当日の夜釣りは支所船のみで、おまけにベタ凪で4度目で念願の岬のハナへ癒着マンと渡礁となりました。善平・山猿・遊び人先輩達はヒナダン、二代目・棒ウキ会長は、タツバエへ。また来ていた愛媛の御仁は宮ノ下。
↓岬のハナです。風・波もなく、潮は米ツブ向きに流れて、最高のステージが出来上がっていました。癒着マンが爆釣祈願にも付き合わず準備を済ました仕掛人は、期するものがあり早々とスタートした。
H23,10,8(2)

 数投目に竿を曲げたのがこれ・・・
H23,10,8(3)
 こいつが、こうなりました。もちもち感と甘みがあり至福の時間が過ぎていきました。まっこと、これが釣り人の特権であることが実感できました。・・・今日は、絶対に食べると醤油持参の仕掛人でした。
H23,10,8(1)
 沈む夕日です。見慣れた景色ですが雰囲気は最高潮です。
H23,10,8(4)
 今回は、特に神秘的な夕日で能天気な仕掛人も思わず見とれてしまいました。
 本題に戻り、潮はイセギには少し速いかな?・・タナは2本から流すと、ウキに微妙な当りがあり・・正体は、「ハリメ」でした。癒着マンも同様で、しばらくはハリメと戯れることに。7時過ぎには癒着マンは休息タイム?
すると、私に本日第1号の本命。癒着マン参入・・・で10時頃までに2人で10枚位をゲットすることができた。
H23,10,8(5)

↓仕掛人の釣果です。潮はゆっくりと流れており、10時頃から1時間休憩して3時までに10枚を数えた。餌も少し心もとなく朝マズを期待して仮眠をとり、4時頃からラストスパートをかけた。ウキに出る当たりが鮮明でなくタナが合っていないと判断し、竿1本より更に短くし張りながら流すと、鮮明な当りが出だし、それからは、正に入れ食いの状態で、餌が無くなった5時過ぎで残念ながら、納竿となりました。全部で23枚を数えました。
H23,10,8(6)

↓癒着マンの釣果です。中盤にもたつきがあったようですが、後半に頑張って12枚を数えました。2週連続で2桁釣果となりました。
H23,10,8(7)

↓二代目さんの釣果ですが、さすがです。2週連続でタツバエの高場でしたが19枚とのことです。タタリのタマメがおりますが、どうも・・・また、やっちゃったような??
H23,10,8(8)

↓棒ウキ会長の釣果です。車を取りに行ったすきにフォーカスしちゃいました。
H23,10,8(9)

3巨頭の後姿です。なぜか哀愁を感じるのは仕掛人だけでしょうか。先週の爆釣のようにはならなかったようですが、それでも3人とも顔を見ていますしお疲れ様でした。9時すぎの電話では全くダメ・・・がしっかりと結果を残していました。
H23,10,8(10)
 来週末15日(土)が島の夜釣りの最後となります。有終の美を飾る予定が、行けるのは善平先輩のみであることが判明。すると動き出した善平さん・・・ネットワークを駆使し半ば強引に4人を確保し、6名で支所船は出港することが決まりました。白岩廻りは当てになっていますので納めを考えている会員は行きませんか??
trackback -- |  comment (1) |  編集

後2回 

2011/10/06 13:26 [木]
category: 独り言

 島の夜釣りも、土日で行けるのは後2回となりました。
 ラストスパートで夜釣りシーズンを終了するつもりですが、今週末にはOB先輩を含め6人のメンバーが集まりましたので、先ほど管理人さんへ予約しています。

 ただし、明日、仕掛人が島根県で会議があり出張しますが明日中に帰ることができなくなれば5人となる条件が付いてはいますが・・・

 旭洋杯は、出足が悪く参加者が少ないようです。特に現役会員の参加を期待しています。ストレス解消に是非とも参加をしてください。・・・・最初は、優しい言葉で・・・・徐々に本性丸出しで、半ば脅迫めいた・・後は、名指し・・・と言うパターンかな??
trackback -- |  comment (0) |  編集

旭洋杯 

2011/10/04 09:41 [火]
category: 連絡事項

 恒例の支所船主催の旭洋杯が開催されます。


 開催日: 平成23年10月23日(日)
 磯廻り: 確か大小のはずじゃったが?
 会 費: 中途半端な11,500円(ボイル2枚付き)
 今回は、ペアーでの参加になります。

 現在、5人程が参加の意思表示をされています。まだまだ余裕があると思われますので、フカセシーズンを占う意味で参加してみませんか?・・できればペアーで、一人でも調整してみますから申し込んで下さい。

 申込先: 仕掛人まで頼みます。     
 
trackback -- |  comment (0) |  編集

久々の・・・ 

2011/10/02 19:26 [日]
category: 独り言

 カウントダウンが聞こえる島の夜釣りに行ってきました。メンバーは、二代目さん、癒着マン、ラッキョマンの4人でした。3人では、ちょっと厳しい5963号ですが何とか荷物は乗せれます。
 目標は、3度目のチャレンジで白岩の岬のハナ。・・・しかし・・島は、北の風11mで熱烈歓迎をしてくれました。支所船は岬のハナ前に停船し、船頭さんが「仕掛人さん次第」の一言。これで3回連続のパスとなりにけり
 諦めきれない仕掛人は、近場で過去に実績の有る白岩の地に単独渡礁と相成りました。ラッキョマン・癒着マンはヒナダン、二代目さんは、先週私が渡礁したタツバエの高場に渡礁。宮ノ下部長室は、2週連続で愛媛の御仁。
↓白岩の地ですが、目的の先端は、風がビューついて竿は出せず、中間で釣る破目に、夕まずは、潮が速過ぎて釣りにならずでした。
H23,10,2(1)
↓白岩からヒナダンむきです。バラス浜とクドにも他の渡船が夜釣り客を降ろしていました。
H23,10,2(2)
↓姫に夜釣りを降ろして、弘瀬に寄港中の支所船です。結構な風波でしたから風が収まらないと釣りにならないので、「磯替わり」・・が脳裏をよぎり携帯を出しましたが、みっともないので風が凪ぐのを期待して釣ることに。
H23,10,2(3)
 最初の場所も風で道糸がふけて釣りづらく、潮も速いのであっという間に先端まで流れるので仕掛を上げなければならず、船付きまで移動して何とか竿は出せたが、全く異常なしで推移。
 8時ごろラッキョマンに電話すると2人とも7枚~8枚とのことでプレッシャーのかかる仕掛人がいました。しばらくすると急に風が凪いでスムーズに道糸が出だし、連続で2枚をゲットすることができた。棚は竿2本でした。
 この時点では、二代目さんは「何もおらん」・・との電話ありで、少し余裕のでた仕掛人でした。その後再度、風が吹き出して、朝まで凪ぐことはありませんでした。夜中に2時間程度仮眠し、朝マズで何とか二桁10枚を数えることができ、久々の満足感を得ました。

↓・・・でメンバーの釣果です。これは癒着マンですが13枚の釣果。ラッキョマンは16枚とのこと。私が見る限り、夜中は、ほとんどライトは消えていましたが我慢して釣れば倍以上の釣果があったと思われます。

H23,10,2(4)
↓・・何と二代目さんの釣果です。21枚とのこと。12時頃から入れ食いになったようで、これまた大満足の様子でした。タマメのたたりを恐れて船頭さんへ「タマメのおらんとこ」・・と言っていましたが、ここは本人がタマメを爆釣した磯ですが、今回はイセギばかりのようで、誠によございました。
H23,10,2(5)
↓ 仕掛人の釣果です。ちょっぴり寂しい気分ですが、底にタマメが1枚入っています。久々の2桁釣果に大満足です。船頭さんへ「来週は風さえ無ければ、再度上がりたいき頼むぜ~!!」と伝えてはいますが、どうなることやら??波・風男ですから。・・・で終わります。
H23,10,2(6)
trackback -- |  comment (3) |  編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。