FC2ブログ

 

プロフィール

荒磯 又右衛門

管理人:荒磯 又右衛門
堅釣クラブ会員です。
ブログを通じて、のび太さんを応援します。

最近の記事+コメント

カテゴリー

来場者数

やっかましい・・の2連発 

2011/04/03 15:28 [日]
category: 独り言

 やっかましい・・その1
 棒ウキ会長のお誘いで島に釣行しましたが、前日に予約すると管理人さん曰く「予約は2人で、仕掛人さんで4人となり、ありがたいが大丈夫ですか??」・・ときたもんだ。
 理由を聞くと、10日の大会と24日にも旭洋会があるのに・・そんなに来ても??・・で「やっかましい」
 当日のお客は10人となっており・・福の神伝説は健在でした。それとやっぱり波も持ってきたようで、三ノ瀬2番は満潮でもありヤバイ雰囲気(気印2人が上がった)で、渡礁したのが波裏のスクモバエでした。
仕掛人のポイントです。船付きから一段下がったとこで、前下がりで年寄りには、ちっくときつい場所でした。
 仕掛けは、ハリス2,25号(尾長期待)ハリ6号でタナ2ヒロでスタート。
H,23,4,2(2)
棒ウキ会長は、一段高い場所で竿を出しました。左から、北西の風が、潮は反対に右に流れサラシもあって良い雰囲気でした。撒き餌をするとゆっくりと左沖に流れて期待がもてた。数投目に0号のウキがゆっくりと沈み、掛け合わすとグーンとのり、突っ込みを竿の弾力で止めると、見えたのは口ブトで、ハリスを信じて抜き上げ第1号をゲット。今日は、「楽勝」の2文字がよぎったのは言うまでもありません。
H,23,4,2(1)
 ところが、仕掛人は、らしき当りは消えてしまい、反対に隣の棒ウキ会長が怒涛の連続ヒットとなってしまいました。最初は余裕をかましていた仕掛人ですが、タナを合わしても異常なしが続く中で、グレ・・イセギと連続で釣り上げる会長がいました。
H,23,4,2(3)
 余裕で、掬う会長です。この時間帯では、仕掛人にもまだ余裕がありました。 
H,23,4,2(4)
 
 やっかましい!!・・その2
Vサインの会長にプレッシャーを感じながら、竿を振り続けましたが・・・ナッシングが続き、間の悪いことに弁当船が来て、弁当を取りに行った会長と話をした船頭さんが「仕掛人さん!・・3回に1回は釣らんと!!」の一言。
 前にヒラバエで3回に1回の確率で釣れなかったことを覚えていたらしく・出たのが「やっかましい」でした。
H,23,4,2(5)
 会長は、余裕の弁当・・その後、予定のカメノテ採り。仕掛人は、弁当も食べずに釣り続けていると、沖側に沸きグレが出現し、少しずつ近づいてきたではないか。そこで「必殺沸きグレバージョンウキ」の登場。こじゃんと鉛を入れた遠投ウキは、向い風ももろともせず群れの沖に着水。ゆっくりと引っぱりハリが群れに入った頃に、道糸を張ってみると、竿先にツン、ツーンと当たりが出てグーンとなり、群れから引っ張り出すことができた。
 その後、ウキをロスするトラブルもあったが、当りウキを一ヒロにセットして、同じ方法で4枚の沸きグレをゲットすることができた。ちなみに会長は、グレ11枚を数え、これにイセギ2枚とカメノテでした。
 
 ↓これは、この人しかしない作業です。納竿後釣った魚のウロコ取りの真っ最中です。専用のウロコ取りを持参していました。そのため、港で管理人さんから「釣り画報」の取材をさせてほしいと頼まれましたが、ウロコがないきできんと断ることになってしました。
H,23,4,2(6)
スポンサーサイト



trackback -- |  comment (5) |  編集