FC2ブログ

 

プロフィール

荒磯 又右衛門

管理人:荒磯 又右衛門
堅釣クラブ会員です。
ブログを通じて、のび太さんを応援します。

最近の記事+コメント

カテゴリー

来場者数

頑張ったき 

2011/02/27 17:19 [日]
category: 独り言

 またまた5963号は一人旅で一路幡多路へ・・夜中の1時過ぎ発で支所船着3時過ぎ。釣り人16人?で出港
したが、またまたウネリは取れていなく、船頭さんに「頼むけん波を連れてこんとって」で上がれる磯は??
 ヒトツバエとウノクソへ上げたが、ヒラバエ、ビゼンはアウトで外ガシラへ底物、アキレスと横へ下ろし、次がここ。船頭さんが仕掛人さん降りる??・・足場は??・・えいよ~!!・・で渡礁(後で調べるとコユビ)足場は良くて、ひょっと夜釣りで上がれるのでは?
 前回の予備を今回も使い、撒き餌をすると餌取りも見えなかった。潮は外ガシラへ流れていた。タナを2ヒロ半から1本にして流すと、綺麗なウキいれで、ゆっくりと浮かすと・・・白い!!第1号はべべたれでした。
 その後、潮も止り弁当船まで異常なしが続く・・・
H23,2,26(1)
 左にアキレスが見えます。2人渡礁していました。弁当船までに1人が竿を曲げていました。
H23,2,26(2)
 右側にウチガシラが見えます。一人上がっていました。弁当船には、愛媛の御仁が磯替わりで弁当を配っていました。ウチガシラの方は、いつのまにか磯替わりしていたようです。
H23,2,26(3)
 私も、磯替わりを・・と思っていたが、ほとんど上がっているので、潮が動いてくるのを期待して、そのまま釣ることに。弁当を食べて撒き餌をすると、ゆっくりと潮が流れ出したので、再開。ウキを沈ませながら流し、数投目に竿を引ったくる当たりがあり、数回の締め込みを耐え、止ったので、これから反撃・・と思った瞬間、竿先はもとに戻ってしまいました。ハリスがザラザラで、底で食わしたようでした。・・・残念!!
 手前は、浅いので、沖を釣ることに。撒き餌が届かず、潮も手前にきだしたので、ちょっとだけ下品な釣りを・
竿ケースから、フカセカゴを出し20m沖に・・・一服しながらウキを見ると、スポッとウキが消えると同時に竿がひったくられ。何とか体制を立て直し、竿を横にして少し強引にリールを巻くと、見えてきたのは茶色??まさか?・・やっぱり!!・・で嬉しい大型イセギでは、あ~りませんか。47cmありました。
H23,2,26(4)
 その後は、潮も止って、異常なしでしたが12時頃に、船頭さんから電話。イセギ1枚(サイズは内緒)と応えると「ヒラバエで竿が出せる、グレが食いようき替わらん??」暖かい言葉で磯替わりとなりました。
 ・・が結構な波!!・・1人居ましたが、船頭さんが話をしてくれており一緒に釣ることに。ウチガシラに上がっていた方で、旭洋会員の大会で一緒に飲んだ顔見知りの方でした。
 ヒラバエの船付きのみ竿がだせました。鉄柱の所が仕掛人の場所ですが、右から波が足元を洗い、前からは海水のシャワーの洗礼をうけました。
 沖には、沸きグレで、タナは2ヒロ位で完全フカセで遠投し入れ食いとのこと。急いで仕掛けを変え、同じように遠投・・・が竿には反応はない??かなりのプレッシャーで、何でや??・・おかしい??あせる気持ちを抑えて、我流に徹しようと、完全フカセのまま、ウキを沈ませ張りながら流すと、竿先がククーと引かれるあたりで、顔を見ることができた。
 タイミングが解り、何とか連発をと流しても、当たりが取れず、相手が3枚釣ると私が1枚の確立で、何とか35クラスを4枚釣ることができた。2時頃には、風向きが変わり遠投できなくなり、早めの納竿としました。
H23,2,26(5)
 ヒトツバエです。朝から頑張っていたようですが、潮は下りだったので上物は厳しかったのでは?
 港に帰って、船頭さんへお礼を言うと。沖で見守ってくれていたようで、「相手は、しょっちゅう竿を曲げよったに、ちっとも曲がっておらんかったが!!」・・・しっかりと見られていたようです。
H23,2,26(6)
 当日は、実家泊でしたから、近所に配り残りをハラワタを取って、持ち帰りました。グレは、4枚とも熟した卵でパンパンでした。産卵も直ぐだと思われます。
 今晩は、イセギの刺身で晩酌を・・・・とその前に、ぽかぽか温泉じゃ~~
H23,2,26(7)
スポンサーサイト



trackback -- |  comment (0) |  編集

リハビリ釣行 

2011/02/25 17:09 [金]
category: 独り言

 23日に遊び人先輩のリハビリを兼ねて島まで行ってきました。
 予約時では、10人とのこと平日なのに爆釣情報で結構な人数。10時には支所船で乾杯!!後、爆睡。目が覚めると満員御礼の状況ではないか??・・・船頭さん曰く、「嫁さんが仕掛人さんから予約があると、人数が増える、「福の神」じゃ~・・と言いよった。」・福の神は大事にせえ~よ!!と心で叫びながら、支所船は出港。

 ところがだ??磯廻りのムロに着くと、東よりのウネリで南側は全滅。ムロもヤバイ状況で、年よりはパス。
 再度、船頭さん・・「お客を連れてきてくれるのはありがたいが、波まで連れてこんでも」・・???

・・で支所船は、勇気あるお客を下ろし、姫に・・ここも結構なウネリで、同じく勇気ある・・で、残った我々は、安全第一で白岩へ。
 渡礁したのは、20数年の釣行で初めての避難港の前という磯。左に白岩のハナレ、右に酒盛りバエがあります。
 ↓仕掛人のポイントです。左に白岩ハナレがあります。
H23,2,23(3)
 ↓遊び人さんのポイント。右側に酒盛りが見えています。全体的に浅いですが、潮のとおしも良く期待が持てました。
H23,2,23(2)
 ハナレですが、1人渡礁していました。平日ですが主要な磯は、全て上がっているようでした。竿は曲がることはなかった。
H23,2,23(4)
何と、仕掛人の釣果です。帰って計ると47cmありました。渡礁し撒き餌を作り、竿を出そうとしたとき、今日は予備で行こう・・・と思い直し2号竿に予備リールをセット。
 なぜか、ハリスも2.5号の大仕掛けで棚は、2ヒロ半でスタートした。数投目にうき入れがあったが、こっちを向かず、痛恨のチモト切れ。
 ハリを結び、同じように流すと、ゆっくりのうき入れで、がっちりと掛かり重量感の有る締め込みが数回あったが、大仕掛けを信じ、糸も出さず、右の沈み磯を注意しながら、数分間必死に耐えていると、ゆっくりと浮いてきて、リールが巻けるように。
 遊び人さんが、一発で掬ってくれました。完全に息が上がって、暫くは放心状態でした。
H23,2,23(1)
 久々の、イシダイの刺身です。皮は湯引きにしてポン酢で・・・まっことビールが進みました。
 今回の釣行では、安全が頭をよぎり、ムロに上がることを躊躇したため、遊び人さんには大変失礼をしましたが、あの波では、上がろう!!。。の言葉はでませんでした。ゴメンナサイ!!

 最後に、船頭さんの「頑張っておったら釣れちょったに」・・の言葉が心に残っているので、明日は、1人で頑張ってみようと・・思っています。
H23,2,23(5)
trackback -- |  comment (0) |  編集

命名のお願い 

2011/02/22 17:19 [火]
category: 独り言

 この2日間は、結構忙しくブログどころではなかったです。昨日は、18時30分から第3者委員で職場のあり方を検討する会が開催され、しぶしぶ参加してきました。(長~~~い)

 会場の玄関で委員を待っている「チマオ」が居たので、挨拶かたがたご機嫌伺いをすると、毎日ブログを覗いているとのこと。「覗くだけでなくコメントでも書きや!!」・・と言うと、「カタカナじゃけんど・・どうして、僕だけ本名なのが??」・・とクレームがありました。

 確かに、・・が・・知らない人は、誰が見ても本名と思っている方は居ないと思いますが!!なかなかえい名前じゃ!!
 まあ~!!・・本人のたっての希望みたいですから、誰か命名してくれませんかね??4649頼みます。

 わしやったら、あの風貌から想像するに、ゲゲゲの鬼太郎に出る「ヌリカベ」当たりがえいと思うがのう。

 話は、替ってどっかのブログを覗いていたら、鵜来で一人流されたとの記事があり、安全な釣りを心がけることが、本人や家族にとっても大事であるとのコメントがありました。

 まっこと、そのとおりです。この数年来、視力から始まって足腰が弱ってきていることを痛感している仕掛人です。今までが大丈夫だった動きが、できなくなりつつありますので、明日は、安全を第一に心掛けたいと思っています。・・・ヤッホウ・・・・??
trackback -- |  comment (4) |  編集

フノリ 

2011/02/20 12:14 [日]
category: 独り言

 先週末に行く予定が、潮が悪く延期していた「フノリ」を採りに奥さんと行ってきました。
 場所は、安芸より東よりのポイントで、駐車場から防波堤を降りて、5分で行けます。10時頃出発し、タイガーズのキャンプを見学するアホが多く、1時間以上掛かってしまい、1時間ちょいでの収穫となりました。
H23,2,20
 フノリは、幡多の方で採っていると、地元の方に注意されますが、東は何ら言われることはありません。
 我が家では、熱湯をかけて酢物にして食べます。また味噌汁の具にも重宝しています。昔は、反物の糊付け用として商売になっていたようですが、採る人は居ませんから、毎年採りに行っています。
 今年のフノリは、長さも2cぐらいで、まだ柔らかくグットでした。次の大潮では硬くなり過ぎるので、それまでに、もう1回採りに行くつもりです。干しておくと保存できます。
trackback -- |  comment (0) |  編集

天気は最高 

2011/02/17 19:20 [木]
category: 独り言

 16日(水)に単独釣行となりました。雪の影響が心配で、早めに出発した5963号は、10時過ぎには支所船へ、お客は泊り6人を入れて10人とのことでした。
 先客が居り、船底で1人爆睡し弘瀬に着いたころデッキに上がると・・??・・何じゃ~~!!10人以上のお客さん。
 割り込みを決めて、のんびりと・・風は無いが南からのウネリが入っていたが、釣りには支障がなく、次々と泊りから下ろし、ノコ廻りは終了。
 カガリバ~チョボです。
H23,2,16(2)
 仕掛人が渡礁したのは、大小の西にあるナダレだったかな?とりあえず船頭さんの勧めがあったものですが、前が斜めになり、足を滑らすと一直線にドボンです。直ぐ東にドボンバエがあります。
 サラシが左右から巻き込み仕掛けがなじまず、難しい釣りでした。ここでは、サンタの3連発に遭遇し、即、弁当船で磯替わり。
H23,2,16(1)
 次に渡礁したのが、宮ノ下で、のび太バエでした。潮はゆっくりと白岩方面に流れていて期待できました。
 両サイドにも釣り人が。最初に竿を曲げたのは「スマ」でした。刺身にグーですから血抜きをしてクーラーへ。
 その後は、竿1本で餌がなくなり出し、タナが深いの判断でスルスルで流していると、竿先にかすかな当たりが出て、35クラスの口ブーをゲット。せめて両目と思いながら釣り続けたが、両目が開くことはありませんでした。
H23,2,16(3)
 早めに、諦めてカメノテを少々確保し、一人反省の仕掛人でした。ノコ廻りはあまり良い釣果は無かったようでした。チョボが結構釣っていたようです。
 写真は、カモヒメですがムロ廻りは、平日にも関わらず大勢の釣り人で満員御礼の様相でした。釣れている磯が限られているような気がしています。見てのとおり、「ベタ凪」ではあ~りませんか!!決して仕掛人が風・波男ではありません・・ことが実証されました。ほんなら「誰ぞ」・・答えは「 」・・言えません。
H23,2,16(4)
trackback -- |  comment (1) |  編集

明日は出撃 

2011/02/15 11:23 [火]
category: 独り言

 先週末のストレスを解消すべき天気予報を見ると、明日はベストの様子です。
 早速に、支所管理人さんへ電話してみると、明日も支所船は出るとのこと。途中の道路が心配だが一人で行きたい旨伝える。

 ・・すると、「明日は、凪ですよ!!」・・が「明日は、凪だと思います??」にトーンダウンしたではありませんか。何が何でも行かねばならぬ!!・・の心境で、万が一のバッシングを最小限に留めなければとラッキョマン、癒着マン、善平先輩にお誘いをしたが、全滅と相成りました。

 まあ~バッシングを受けることは慣れている仕掛人ですから、心配無用で出撃してきますか!!

    休みを出すタイミングを模索中の仕掛人です。
trackback -- |  comment (0) |  編集

粗大ゴミ 

2011/02/14 08:36 [月]
category: 独り言

 日曜日は、干潮が朝の8時頃で潮も悪く「フノリ」は諦め、喫茶店でモーニングを食べていると、遊び人さんからの電話。
 ブログを覗いて、どっかに行っていると思ったとのことでした。毎日がリハビリとのことで激しい運動は無理のようですが釣りは構わない・・と本人が言っていました。

 予定がないので、ぽかぽか温泉で汗を流し、家でウキ作りに励みました。仕掛人は、環つきウキを使っています。環つきは、ラッキョマンも使っていますが、当たりが鮮明に出るのと交換が簡単にできますから老眼の進んだ年寄りは重宝しています。
 作り方は、ブログで紹介します。
 
trackback -- |  comment (0) |  編集

残念でした 

2011/02/12 18:10 [土]
category: 独り言

 3連休の初日に田舎に帰り、12日(土)に島で竿を出す予定でした。
 金曜日に田舎に帰りチラシで購入した、苗木を植えて天気予報を見ると、波浪注意報が出され3mのち5mとのことで、完全にアウト。
 
 12日の朝に風速を聞くと、島では北西の風20m・・・大正解でしたが、寂しく仕掛人は、5963号で高知まで帰りました。
 途中の土佐湾は、ベタ凪でしたので、ムズムズ病が出てきていますが、この時期は東で「フノリ」が付いていますので、悩んでいます。

 いずれにしても、明日は土佐湾のどっかに出没するつもりです。
trackback -- |  comment (0) |  編集

何でやねん!! 

2011/02/09 16:05 [水]
category: 独り言

 沖の島情報のHPを覗くと、気になる記述が・・・
 2月4日・・立春にふさわしいおだやかな・・・
 2月5日・・記述なし
 2月6日・・おだやかな日が続き・・
 2月7日・・沖は霞んでいましたが・
 2月8日・・無風で春の海・・
 どうして、5日だけが??・・・当然ながら北西が吹きまくり釣りにならなかったことが証明されています。

 これまで、露骨になると週末の3連休は、意気消沈となってしまった仕掛人です。それと、昨日から学生の実習生を受け入れており、22日までは、つきっきりで監督、指導をするはめになって大変ですぞ~。
 毎年の実習生の受け入れは、本来の業務外であり、制限をするように指示していますが、県内の学校を優先にしたいとのことです。
 
 しかし・・仕掛人にとっては、週末に影響があるのは困りますから、高知○○大は止めちょけや~・・と言おうかな??とも考えていますよ・・ねえ~又右衛門さん・・なんっちゃって!!
trackback -- |  comment (3) |  編集

大会報告 

2011/02/06 17:47 [日]
category: 大会

 5日は、最後の大会でした。年間優勝を目指して僅差の勝負が繰広げられましたが、結果は??ほんまに僅差で決まったようですが、正確な情報は、事務局からの報告をお楽しみに。
 前日、久しぶりにカーさんと一緒に5963号で支所船まで。既に6人のメンバーが揃っておるとのことで、仮眠室で爆釣祈願をし
 朝、受付後クジを引くと、「1番」では、あ~りませんか!!。普通は、ラッキーですが白岩廻りでは、最初にダバノ下から上げるので、弁当船で替わろう・・とちょっと弱腰の仕掛人。と言うのは9時過ぎから北西がビューつく予想であったため(事実大風となってしまった)

 ところが、支所船はダバノ下を通り過ぎ、弘瀬へ??・・ラッキーなことに泊りが居ました。泊りをバラス浜へ降ろしたので船頭さんへ「わし、1番じゃき!!」とご挨拶。決して○○へ行きたいとは言っておりませんから!

・・・で、渡礁したのがここ・・そうなんです、この前7枚をゲットした、宮ノ下の部長室でした。弁当船までが勝負で、いつものは、我慢して準備を済まして第1投とあいなりました。
H23,2,5(1)
 朝の内は、風も弱く親子ウキで、ハリス2号、ハリ6号、2ヒロ半のタナでスタートした。撒き餌をして、足元の磯際でウキを止めていると、当りウキがゆっくりと見えなくなるまで待って、掛けるとグ~ンとのり、小ぶりながらの第1号をゲット。
 隣の、のび太に見せて釣りつづけたが、少しずつ風が強くなって餌も落ちなくなったので、棚を、竿1本にし、ウキを沈ませながら流すと、竿先に当たりが出て、第2号の口ブーをゲットすることができた。

 隣に渡礁したのび太です。宮ノ下には2人と思っていましたら、もう1人いました。遠くに居るのは、カメノテ王先輩です。カメノテ王さんは3枚ゲットしたとのことです。多分、周辺の磯に付いているカメノテは、全滅だったと思います。
H23,2,5(3)
 弁当船後は、予想通りの大風となり、全く餌も落ちずになってしまいました。何とか後1枚と思いながら頑張ってはみましたが、ついに心も折れてしまい、2時頃には終了となってしまいました。
 前の小島ですが、1人弁当船で替わってきていましたが、竿を出せる状況ではなくなってきました。
H23,2,5(4)
 お世話になった、支所船です。管理人さんも乗っていましたが、管理人さんの第1声が「昨日は、天気が良かったのに??」でした。・・・・おまけに「明日は、天気が良いみたい」・・ですと。
H23,2,5(5)
 港での、ショットです。カメラマンの気持ちが写っているようですが、クーラーからはみ出ているグレが入っていました。さてさて、誰のクーラーでしょうか??
 この御仁は、一生懸命竿を出している時に、「わしは、もう8枚釣ったき~止めたぞ~!!」と電話をしてきた方です。
H23,2,5(6)
 隣で、波しぶきを浴びながら、初の40c台を釣り上げたのび太クンです。44cmありました。おめでとうございます。
H23,2,5(7)
 クーラー満タンの犯人です。本日の優勝者ですが、月間釣り画報の取材を受けていました。3月号に掲載されると思います。私も愛読者で毎月取っていますが、3月号は、キャンセルしようかな??普段は、決して見ることのない笑顔です。
H23,2,5(8)
 私の釣果です。一応41cmありました。3回の大会で全てにエントリーしていますので、上位に入れるか期待していますが、クジ運が悪いき、トビ賞でハズレになるかも??
H23,2,5(9)
trackback -- |  comment (1) |  編集

期待が持てます 

2011/02/04 09:13 [金]
category: 連絡事項

 久しのブログを更新し、大会の白岩廻りは??と予想すると・・何と、今日の沖の島情報を見ると、白岩廻りで爆釣とのこと。
 想定するに、ムロバエの群れが寄ってきているのでは??昨日は、宮ノ下・スベリ・ハツフクならば、今日は、白岩の地、ハナレ、岬のハナ当たりで爆釣!!・・・となれば、明日は??・・ナ・ハ・ハ・・三ノ瀬かあ~~

 冗談は、さておき天気次第ですが、期待が持てますぞ!!しつこいが、風・波男が健在ですから一抹の不安はぬぐい去ることはできません。本年度、最後の大会ですが安全第一でお願いします。

 大会で2回落水した仕掛人からのお願いでした。

trackback -- |  comment (0) |  編集

落城せず!! 

2011/02/03 11:53 [木]
category: 独り言

 1週間のご無沙汰でした!!(古い!!)。難攻不落の本丸は、落城することなく平常に戻っております。
 
 せっかく更新しても、全くコメントも無いので、ちょっとだけ意図的にブログの更新を控えていましたが、支所のHPも更新されたようですし、一部の会員さんからは、心配の電話も頂きました。
 ブログ管理者の又右衛門からのコメントで一定の目的が達成できたので、久しの更新ですが、ネタはありません。

 週末は、最後の大会です。14人の参加みたいで少し寂しい大会ですが、僅差で年間大物賞が決まりそうですから、顔だけは見たいと思っています。
 
 島は、賑わっているようですが、白岩廻りの情報が少なく??です。問題は、風・波ですが・・多分北西の風○○m・・と色気の無い女性の声が聞こえてきそうです。

            久しの仕掛人でした。
trackback -- |  comment (1) |  編集