FC2ブログ

 

プロフィール

荒磯 又右衛門

管理人:荒磯 又右衛門
堅釣クラブ会員です。
ブログを通じて、のび太さんを応援します。

最近の記事+コメント

カテゴリー

来場者数

第1回大会 

2010/11/28 18:13 [日]
category: 大会

 第1回大会を15名参加により島で開催しました。結果は、事務局からあると思いますが、島にしてはサイズ不足ながら年間賞を目指して、結構エントリーがされています。
 前日から乗り込んだ仕掛人のクジ番号は、ラッキー7でした。内心・・ムロに上がれるわい!!・・と期待。
 ところがだ、北西の風13mで・・ムロは全滅。なぜか??支所船は大ナダレへ・・1番から3番が渡礁した。ちなみに1番が、クジを引かずに最後に残ったクジが1番であった善平さんでした。すると支所船は、Uターンし大バエにNO4・NO5を次に地の大バエに??何じゃと??・・で久しぶりの「ガマラー雪○」と渡礁。
↓ 地の大バエから見た朝日ですが、すがすがしい気分とはならず、戦意喪失の2人でした。ここは、何度か上がったが釣った記憶もないし、昨年別のグループで骨折した人がいたのを思い出し・・即「替わろう!!」・・が携帯は、圏外!!ビールを飲みながら支所船を待ちました。
H22,11,27(1)
 暇なので、大バエに上がった2代目、カーさんの釣りを見ていると、2代目さんが第1投で竿を曲げ、釣り上げたのは赤い色のオジサンでした。2代目さんは、結構竿が曲がっていましたが、どうでしたか??
H22,11,27(2)
 支所船には、最後の癒着マンが乗っており、カモヒメに降ろして、再度、Uターンして大小まで行ってもらい西側に分かれて渡礁した。仕掛人が渡礁したのは今年3月の大会で、ダイビングした磯で鉄柱がある場所に棒ウキ現会長が左の高い場所に仕掛人が、左沖からの波が駆け上がり一段低い場所へドボン・・でした。
 遅まきながら、準備を済まして撒き餌をすると餌取りも見えず、潮も動いていなくタナを少しずつ深くすると、竿1本で餌が取られ出した。サラシが結構あったのでサラシに撒き餌を入れ、遠投で流しているとゆっくりとウキ入れで、本日第1号をゲットすることができた。
 弁当船で何人かが磯替わりをしていたが、このまま辛抱をして釣り続け、同型を1枚とイセギを追加して終了となりました。とにかく足場が無く、足はパンパンとなってしまい、エライ目になっています。
H22,11,27(3)
 帰りの支所船でのワンショットです。久しぶりのカーさんと親子ウキさんですが、奥にはトドのごとく爆睡中の「チマオ」が居ました。親子ウキさんは、いつものように善平さんとニギっていたようです。この数年は、勝ったことは一度も聞いていませんが、今回は尾数は引き分けだが、サイズは勝っているようだ!!・・と余裕で船上にいましたが、港で計測すると2mmの差で今回も負けたようです。

H22,11,27(4)
 今回は、サイズは今一でしたが、そこそこ釣れていたようで、年間賞は、今回1位の替え玉が一歩リードしましたが、後2回ありますので、次回を期待しておきましょう。
スポンサーサイト



trackback -- |  comment (4) |  編集