FC2ブログ

 

プロフィール

荒磯 又右衛門

管理人:荒磯 又右衛門
堅釣クラブ会員です。
ブログを通じて、のび太さんを応援します。

最近の記事+コメント

カテゴリー

来場者数

弘瀬の離岸堤 

2010/09/27 13:38 [月]
category: 独り言

 何ちゃあ~食や~せんに、しょこにもなく行ってきました。メンバーは、善平・山猿両巨頭と、今回で3連チャンになる愛媛の御仁の4人となりました。

 いつもの金○焼肉店で、実は、10日程前にコソ泥の被害にあっておりお見舞いを兼ねた釣行でもあり、怪我もなく、取りあえず一安心で・・・・即「爆釣祈願」に突入した。ただ心配は上がれる磯があるかでした。

 須崎~佐賀・・の波は、半端ではなく百戦錬磨の仕掛人も一抹の不安がよぎり、船頭さんと協議のうえ、安全第一を基本に出港した。真夏から真冬に豹変したような島の天気で北西の風10mとのこと。最初は、初夜釣りでカモヒメに愛媛の御仁と上がる予定が・・即・「パス」脳裏をよぎったのが「弘瀬の離岸堤」、決して母島ではありませんぞ!!「タマメ」・「イセギ」が見えている・・の情報があったためです。3人の予定が、善平さんが宮ノ下の裏のワンドに降りることになり、初の離岸堤に山猿先輩と渡堤した。

 とにかく高く、掬いタマは届かず、大ものは引っ張り上げるしかない状況と、とにかく広い。山猿さん曰く、小学校の時のグランドより広いとのことでした。
 釣果は、夕まずに35クラスのグレが夜釣り仕掛で釣れ、フカセで期待がもてる(旭洋会の大会で上がっても良い気がしています)
 後は、赤い悪魔が入れ食い・・それもダブルで。サイズも大きくイセギと間違う程の引きでした。10時からは満月を見ながら十分に爆睡し、3時過ぎから朝まずを期待して竿を出した。すると今までと違う引きで、底に張り付き痛恨のバラシ。・・すぐに当たりがあり、強引に底を切り・・何とか海面まで浮かしライトを照らすと、まぎれもなく「タマメ」・・竿で抜き上げはできず、山猿さんを・・・・はるか遠くで爆睡中。諦め、道糸を引っ張り上げながら、ハリスに手が届くと同時にプッツンで、さようなら・・とあいなりました。

 これで、3連続完敗劇場となり、イセギの顔も見ずに終了しそうな感じです。
スポンサーサイト



trackback -- |  comment (3) |  編集