FC2ブログ

 

プロフィール

荒磯 又右衛門

管理人:荒磯 又右衛門
堅釣クラブ会員です。
ブログを通じて、のび太さんを応援します。

最近の記事+コメント

カテゴリー

来場者数

第1回大会 

2009/11/23 10:44 [月]
category: 大会

 第1回大会を柏島で開催しました。当日は予想通り北西がビューついてグンカンには上がれず、大堂周りで竿を出しました。さすが雨・風クラブの本領発揮の大会となりました。
結果は、数ミリ単位で競うことになり事務局の飛込みが優勝しました。
詳しくは、報告してくれるでしょう。。大変お疲れさまでした。

 私は、久々の参加となった「カーさん」と一緒に大会デビューの愛車5963号で前夜11時過ぎに高知発で柏島に2時に着き、車中で仮眠をとったが、これも久々にカーさんの大いびきで眠れず、朝を迎えてしまった。くじを引くと4番で・・グンカンのどこかに上がれると期待していたが船は大堂へ??
 最初の磯へ3人渡礁し、次は2人とのこと。・・ん?私と5番??・・誰??横を見ると居ました!!5番のOB親子ウキ先輩です。この先輩は、すぐにニギル癖があり一抹の不安がありましたが、渡礁ししばし雑談をしながら夜明けを待った。磯はキヨジ??・・と思うが足場も良く沖向きがポイントの様でした。
 
 私は、沖向きの一段下で竿を出したが、波が駆け上がるため、先輩の横に入り込み再スタートとした。先輩は、やっぱり親子ウキでスタートしているようだ。数投目に規定ギリギリの尾長がきたが、お父さんかお母さんを呼んでくるようリリースし、安全祈願のため、しばし休憩タイム。ビールを飲みながら親子ウキ先輩を見ていると、ギリギリサイズのグレを釣りリリースかと思えば、キープ??一応、「リリースでは??」・・と問いかけると・・先輩曰く『ん・・猫が好きやから』。・・猫のため数枚のグレが犠牲になったようです。(結果的に規定以上のサイズがあったようです。)

 その後も釣れるのは、ギリギリサイズばかり、私もとりあえず1枚をキープし、サイズアップを狙ったが、引きが強いのは、練習の予想どおりで「ダス」、「アイゴ」ばかりで心の糸が切れつつあった。
 残り1時間を切ったころに強烈な当たりでハリスをぶち切られ、止~めた・・の想いがよぎったが、大会であり、数ミリ単位が勝負みたいでチャンスがあるのでは??の想いで仕掛けを作り直し、スルスルで流していると、ゆっくりとウキ入れがあり、しばらく待つと竿先に当たりが出た。今までと違う引きを楽しみながら寄せて見ると・・30クラスのシマアジではないか。強引に抜き上げ、2枚目を狙うと、直ぐに当たりがあり、今度は、慎重にやり取りしすぎたためハリス切れとなってしった。・・・残念でした。

 このやり取りをと善平先輩に見られていたようで・・「へたくそ」・・と言われてしまいました。ちなみに、善平さんは、バンドウでその他の部で優勝・・あの方は、転んでも、ただでは起きない御仁です。

 以上、大会の報告としますが、サイズ不足で寂しい大会となりましたが、トータルでの年間大物賞が決まりますので、第2回大会以降を期待しています。

 帰りに、久々に七子峠の豚太郎で五目ラーメンを食し、大満足のべべ会長の報告です。
 
スポンサーサイト



trackback -- |  comment (6) |  編集