FC2ブログ

 

プロフィール

荒磯 又右衛門

管理人:荒磯 又右衛門
堅釣クラブ会員です。
ブログを通じて、のび太さんを応援します。

最近の記事+コメント

カテゴリー

来場者数

文句があるか?4連敗 

2008/11/27 17:37 [木]
category: 連絡事項

 連敗街道まっしぐらの会長です。沖ノ島の都会クレに嫌われ、せめて近場の田舎グレを期待して、職場の「遊び人」と26日に行ってきました。
 場所は、一番近場の宇佐でした。ただし、ここは途中で関所があり、怖い奉行が居座っています。集合時間が5時のため、犬の散歩にかち合わないかハラハラ・ドキドキでしたが、何とか通過でき、先ずは一安心。

 我々を含め6名で出港し、渡磯したのは「ミョウトバエ」で夜が明けるまでビールを飲みながら休息した。ここは、フカセカゴで遠投する釣りとのことでしたが、先ずはフカセでスタートした。最初に竿を曲げたのは遊び人で25クラスのグレでした。その後、釣れるのは25~28の微妙なサイズばかりでした。

 その後、フカセカゴで遠投すると、釣れてくるのは同サイズか強い引きはサンタ・アイゴであり、田舎グレにも愛称をつかされたでした。

 昼の見回り船が来てくれたので、近くのオワンという磯に替わって第二ラウンドを開始したが、釣れるのは微妙なサイズばかりでした。足元を見ると田舎カメノテがあるので、せめて晩酌のアテにと採っていると、遊び人が30ギリギリのグレを釣り上げてしまった。沖ノ島で愛想の無い対応をしたためバチが当ってしまったようで、その後は音沙汰もなく田舎グレにも嫌われてしまいました。

 今月は、金もないのでボーナスまで動けません。・・と言いながら奥さんに泣きついてみようかな?と考えています。

 
スポンサーサイト



trackback -- |  comment (0) |  編集

3連敗になりました 

2008/11/25 16:34 [火]
category: 成績

 行ってきました沖ノ島へ。相方は鬼平先輩で23日から24日と泊まりの釣行でした。前日の8時には、いつもの焼肉屋で曝釣祈願をしていると支所船の船頭も一杯やっており、磯の予約も済まして船で曝睡した。
 翌日は、泊まり客を三ノ瀬から裸に降ろし、最後に白岩へ。ところが大会で主要な磯は渡磯済みで、空いていた「クド」に渡磯した。

 釣り始めると、「釣れるのは」、グレ以外の魚種で「ツムブリ」「イセギ」「スマ」「サバ」「シマアジ」「イシガキ」等がクーラー満杯となってしまった。腕は、パンパンとなるほど引きを楽しみ、グレは明日に持ち越すことで早めの納竿となった。

 泊まりは、2人だけで当然、晩酌用の「カメノテ」はゲットしていました。料理もボリュームがあり、食べきることもできずに7時には、2人とも曝睡と相成りました。

 翌日は、白岩廻りで、「ハツフク」を予約していたが、船頭さんに情報を聞くと前日「バラス浜」で釣果があったとのことで急遽変更。・・・これが3連敗の序曲となるとは!!・・・残念・無念・

 バラス浜では、鬼平さんが35クラスを1枚ゲットし、余裕の表情でプレッシャーを掛けて来るし、あげくには、低気圧の影響で土砂降りとなるなど緊張の糸が切れつつある会長でしたが、気分転換に弁当船でサワチカバエに磯替わりを伝えると「鬼平」さんも同行してくれ、第二ラウンドを開始した。

 そのころから、横殴りの雨や風となり釣りづらい状況となってきた。しばらくすると鬼平さんに大きな当たりがあり、しばらくのやりとり後、見えたのは50超の黄バンドウ・・次は青バンドウ・・私には、イトヒキアジやエガミ等でした。何としても3連敗は免れたいと頑張っていましたが鬼平さんの一言「8連敗と比べたらまだまし」で緊張の糸がプッツンしてしまいめでたく3連敗となりました。

今週は期待できるかも? 

2008/11/19 14:00 [水]
category: 連絡事項

 昨日は、吹きまくりましたね。午後2時の時点で「沖ノ島灯台では、北西の風22m」と言っていましたから水温も下がり、週末は期待が持てますよ。

 完敗メンバーの飛び込みではありませんが、今シーズン初の連敗は免れたい会長は
20日に職場の釣り大会を計画していましたが、人数が整わず延期としました。・・が・・3連休は鬼平さんに首根っこを押えられていますので行く予定です。幡多のメンバーも小才角を押えているみたいです。
trackback -- |  comment (0) |  編集

二人で乾杯?? 

2008/11/14 17:34 [金]
category: 連絡事項

 ブログで鬼平さんが暴露してしまいましたので止めようかと思っていましたが、カメノテ王からカウンターパンチで後頭部を痛打されたため書かざるを得なくなりにけり。
 ぽっかり空いた心の傷を癒す為、一人島に向かいましたが、佐賀の白浜で波を見た途端、「今日は、終わった」・・となりにけり。

 お客は、ギリギリの3人で出港。予想どおり一ツバエは波をかぶりアウト。2人の県外者はアキレスに渡磯した。(アキレスはコンクリートでフラットになっている)

 結果は、鬼平さんのとおりですが、私だけが完敗したのではありまえんよ。もう一人います。その人は島○さんと言って・・通称支所船の船頭さんと言われているプロの方です。

 弁当船で赤崎の地に磯替わりし、弁当を配った後、すぐ近くに支所船は係留して動く気配はなく、しばらくすると、1番に替わろうと言って磯替わりができた。その後も動く気配はないので釣りを続行したが、1番もオヤビッチャの攻撃で、緊張の糸が切れ、残るは「カメノテ」のみ。1番は結構着いており結構な収穫がありました。途中で支所船が近づき「替わらないか?」と言葉を掛けられたが、その意欲は無く断ると、船もそのまま係留していた。

 早めに、納竿し船を待つが動く気配は無く、予定の時間に迎えとなった。乗船し、船頭さんに何をしよったが??・・と聞くと。イカを掛けよったが・・全然掛からん。・・とのこと。

 なるほど、プロが釣れんなら釣れる訳がないと納得し、ならば、乾杯だ!!

 カメノテ王さん・・お先にカメノテを食しましたが、美味いですね~!!ビールがすすみましたよ。
trackback -- |  comment (2) |  編集

釣る人は釣る 

2008/11/13 09:25 [木]
category: 現場写真

20伊佐

カメノテ王さんからの釣果写真です。伊佐、好調か?

「久しぶりにブログを覗くと、
ちょっとレベルの低いバトルが出てたので写真を送ります。
私たち幡多組も15日(土)の伊佐タマツケが今シーズンデビューです。 
そのため、チョット練習しようかと昨日午後に
清水漁港の突堤で竿を出したところ
36~38cmが2時間ほどで3枚、
ビックリしたので今日も行ってみたのですが、その結果が写真です。
会長レベルの20cm台は除外して31~37cm6枚です。
コメントはまた写真の後に出したいと思ってますので、よろしく!!」
trackback -- |  comment (1) |  編集

リセット 

2008/11/12 10:57 [水]
category: 連絡事項

 ブログ代理人の特権で、都合が悪くなればテーマを変えることができますが、それにしても鬼平先輩『言ってくれますねえ~!!』
 確かに、須崎のコンビにでグレをいただき、わが奥さんから「プライド」は無いの??・・と言われたことはあります。

 ところで、「プライド」「ポリシー」かは解りませんが、当クラブにはグレの「25cm」以下はりリースすると言う暗黙のルールがありますが、会員の皆さんはご承知のことと思います。

 確か4~5年前でしたが、日振島に鬼平さん達と釣りに行ったときの事です。私の相方は遊び人?で、鬼平さんは横好きさんとのペアーだったと思います。磯の名前は忘れましたが、当日は25以下のコッパばかりで、釣ってはリリースの繰り返しでした。
 鬼平さん達は、すぐ隣の磯でしたから、同じようにコッパを釣っているのが見えました。しばらくすると「パッタン、パッタン」とクーラーを開け閉めする音が聞こえてくるようになりましたので見ると、どう見ても25以下のグレを入れているようでした。

 見回り船で鬼平さんも磯替わりするらしく、乗船してきたのでクーラーを覗くと、25平均のグレが入っており、「リリース」せんといかんろう!!・・と申し出すると・・・鬼平さん曰く「近所のおばさんが干物が好きでのう~」との事。おまけに横好きさん曰く・・・「孫が好きでのう~」これは、今でも続いています。

 来週早々には、飛び込みの釣果報告がある事を期待していますし、週末に予定している会員さんも情報をお願いしますよ。
trackback -- |  comment (1) |  編集

占めて400円なり 

2008/11/10 11:08 [月]
category: 連絡事項

 シーズンインですが皆さん行っていますか??ブログを任したのでノンビりを決め込んでいるのであれば、許さんゾ!!「飛び込み」幹事・・・と言ってネタ探しをしていますが、皆さん動きが悪いようです。

 週末こそは??・・と思いつつメモ帳には「飲」マークが入っており、諦めの心境で職員永年勤続祝賀会に参加して飲みまくりました。久々にお城下で飲んだせいか、途中で記憶が飛んでおり、翌日、喫茶店でモーニングを食べながら記憶をたどっていくと何か職員と約束をしたような??・・んん・・と・
 少しずつ記憶が甦り、整理すると「宇和島で30クラスのグレが入れ食い」・・「夜釣り」・・餌は「ゴカイ」・・そんな「バカな」ことは無い!!・・・「そこまで言うなら連れて行け」・・と言ったような??

 半信半疑で携帯にかけると「行きますよ!!午後2時に待ち合わせ」・・とのこと。急いで準備をすましたが、天気予報は「雨」。少し後悔しながら過ごすはめになってしまいました。
 午後2時に出発し、5時前に宇和島着。途中で晩飯を購入し、釣具店で氷と餌の砂ムシを400円分購入。
 釣り場は、市街地から10分もかからない港の中の防波堤(Pから徒歩2分)。だまされたと思いつつ6時頃から釣り開始。仕掛けは、ハリス1ヒロで針上20cmのところにカミツケBをセット。棚は2ヒロまでで際の30cm以内を流すこと・・と説明を受けました。

 言われるまま、沖側の際を流していると電気ウキがビューと消しこみ、抵抗なく上がったのは「ゲンナイ」。しばらくポイントを休ますため、相方の釣りを見学していると、際で小型電気ウキがジワ~と入り、少し間をおいて掛け合わせると、25Cクラスのグレが釣れた。信じたくなかったが間違いなく、口ブーでした。

 再度、際を流すと電気ウキがジワーと入り、少し待って竿をシャクルと、グウーと乗ってきたので、竿の弾力で際から引き離すとまぎれもなくグレの引きで、ぬき上げたグレは、28cmクラスでした。ここの平均サイズとの事でしたから、キープすることにした。
 釣り方が解ったので、同じ方法で釣り続け、ゲンナイが釣れれば場所を移動する。これを繰り返し、9時過ぎには、餌が無くなったので納竿としました。釣果は26~28が9枚でした。

 夜でもグレが釣れることを実証しましたが、もういいかな!!・・が、感想です。日曜日に、から揚げで食べましたが、結構な味でした。近いうちに「タチウオ」の夜釣りに行くようですので、そっちも、おもろいかなと思っている会長レポートでした。
 
trackback -- |  comment (5) |  編集

時すでに遅し 

2008/11/05 13:54 [水]
category: 連絡事項

 何と、書いてしまった「遊び人さん」。時すでに遅しの心境です。ご愁傷さまです。
 実は、昨日研修会でお城に行き、時間が余ったので休んで鬼平さんに表敬訪問をした時のやり取りです。
 :「遊び人」にメールして、遊び人に代わってブログに報告するとのことだが書いていない。
 鬼平:そんなことは無い・・しゃんと書いている。
 :書いているのは遊び人で・・「書いたら殺される」しか書いていないのでびびったのだ。
 鬼平:バカ!!それを書いたのは俺だ。・・
 :エエ~!!???
 
 と言うようなことがあり今朝、喫煙所で一服していると、来ましたよ遊び人。・・挨拶もそこそこに
 遊び人:鬼平さんの報告がないき、昨日、俺が詳しく書いているが見たか??
 :エエ~??書いたかえ??鬼平さんは書いちょうぜ~
 遊び人:いんにゃあ~昨日の段階では、書いちゃあせんき
 昨日の鬼平さんのやり取りを説明すると、遊び人は、笑いながら事務所に上がっていきました。

 一服済まして、事務所に入り、PSを立ち上げ見ましたよ。遊び人の報告。これは、やばいかな・と
思いつつ、「遊び人」に視線を移すと、PSの前で青白い顔をして固まっている「遊び人」が写りました。

 
 
trackback -- |  comment (0) |  編集

ダスに愛されてきました 

2008/11/03 19:26 [月]
category: 連絡事項

 11月に入りムズムズ病が発症した会長は、叔母のお見舞いで田舎に帰っていました。
 なぜか、車内に道具一式??・・不思議ですがグレ様のお導きと感謝しつつ竿を出してきました。磯は、一人のため浮気心が芽生えて、HPで釣果が良くなりつつあった竜串に決めました。

 早めに着いて、いつもの爆釣祈願をして仮眠を取り、6時過ぎに7人の釣り人を乗せて出港しました。磯が低いため沖磯は弁当船で替わることにし、見残しの地磯にそれぞれが渡磯した。磯は足場が非常に良くて、のんびりと準備を済まし釣りはじめた。潮はゆっくりと沖に動いており期待が持てた。

 数投後に25クラスの尾長が釣れたが、お父さんを呼んでくるよう言い聞かせて、リリース。すると少しサイズアップのお兄さんが釣れて、これは、担保にキープした。後はお父さん・お母さんを待つのみの会長でした。
 その後のレポートは、タイトルのとおりダスのオンパレードとなってしまい、どこに投げても1投毎にダス・ダスで、全く釣りにならず弁当船で沖磯のサンカクに替わってもダス・ダスとなり、ハリスと針を使い切ってしまいました。
 結果は、惨めな惨敗となりましたが、唯一の救いは、鬼平先輩が地元のミョウトでダス・ダスの来襲に遭遇したと報告がされたことでした。
 
 やっぱあ~水温が下がらんと話にならん!!ですぞ。文字色

trackback -- |  comment (0) |  編集